• index
  • program
  • Chuun
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

出資法違反の疑いで家宅捜索、岡山県の「西山ファーム」元経営者は怒り 愛知県警

報道局・社会班
愛知 2019/5/29 17:08

 誰が首謀者なのか、元経営者が怒りの証言です。元本を保証すると不正に出資金を集めた疑いで、28日、愛知県警が家宅捜索した岡山県の観光農園経営会社「西山ファーム」。その元経営者が取材に応じました。そこで明らかになったのは…。

 28日、取材班はある男性と会いました。カメラの前で「迷惑している。非常に私も頭にきている」と同じ言葉を繰り返し、怒りをあらわにしたのは、岡山県で観光農園などを運営する「西山ファーム」の元経営者です。

 28日午前。「西山ファーム」は、元本を保証すると不正に出資金を集めた出資法違反の疑いで家宅捜索を受けました。

 家宅捜索後、転売事業に関連して、保証金を預かっていたことは認めた「西山ファーム」。

 しかし、これ以外にも「社員を名乗る人物から、副業ビジネスを持ち掛けられ、参加したが金が振り込まれない」という相談が相次いでいるのです。

「“西山ファーム”の社員を名乗る人から紹介を受け、クレジット決済でポイントがたまるってことを副業でって言われて、200万円くらい決済していたのが50万円弱しか振り込まれなくて、だいたい450万円(失った)」(副業ビジネスに参加した男性)

 弁護士によると、こうした被害の相談は名古屋を中心に全国で1000件以上になるといいます。

 「西山ファーム」で何が起きていたのか。私たちは約1年半前まで西山ファームの経営をしていた男性に話を聞きました。

「マスコミが私のところに電話してきて、あれってなって。経緯は全然知らない」(西山ファームの元経営者)

 男性はこうした投資トラブルが起きていたことを最近になって初めて知ったといいます。

「話があるということで、突然来た。“副社長”は「いろんな意味で誤解している」とか、いろいろ(一連の投資トラブルの)言い訳を言った」(西山ファームの元経営者)

 元経営者のもとに説明をしに来たのは、経営権を譲った相手で、西山ファームの”副社長”とされた男性でした。

「 “副社長”が言うには、西山ファームの名前は使っていないと。ただ勝手に社員が使ったと(言った)」(西山ファームの元経営者)

 元経営者の男性は、副社長のこの時の言い訳に腹が立ったといいます。

「農園と“副社長”の事業は全く関係ない。ああいう男に私が信用して (経営権を)渡したのが失敗だと反省はしています」(西山ファームの元経営者)

 副社長はこれまでのところ、私たちの取材には応じていません。警察が投資トラブルの全容解明を進めています。

この記事をシェアする

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加
2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

中京テレビNEWS トップへ