• index
  • program
  • Chuun
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

日本の原風景を散策 外国人観光客が急増 旧中山道の馬籠宿から妻籠宿までハイキング

報道局
岐阜特集 2019/5/30 11:00

 

 日本全体で年々増えている、“外国人観光客”。江戸時代に旧中山道として栄えた宿場町では、外国人観光客の方が多く訪れる逆転現象も。実は観光だけではない“特別な目的”があるようです。その目的とは。

 

 急な坂に古い建物が軒を連ねる、岐阜県中津川市にある「馬籠宿」。江戸時代には、旧中山道の宿場町として栄えました。

 

 

 当時の風情が感じられる宿場町は今、外国人観光客が増加。

「おはようございます」(イギリスからの観光客)
「とても貴重で美しい場所。風景がとてもきれいだわ」(イギリスからの観光客)

 約6割が外国人観光客だといいます。

 

 

「割合的には(外国人の方が)多いと思います」
「すごくいいことだと思います。いろんな国の方に知っていただいて、楽しいしね、毎日」(地元の人)

 では、外国人観光客はなぜ馬籠宿を訪れるのでしょうか?

Q. 馬籠宿に訪れた理由は?
「私たちは、“ハイキング”をするために来たんだ」(オーストリアからの観光客)
「“ウォーキング”をするわ」(イギリスからの観光客)

 目的は、ハイキング。馬籠宿から長野県南木曽町にある妻籠宿までの約9キロ、3時間ほどの道のりを散策することが目的だといいます。

 

 

 実はこの“ハイキング”を、イギリスのBBCなどの海外メディアは“サムライやショーグンの時代が体験できる場所”などとして紹介。そのため、多くの外国人から注目されました。

 

 

 2つの宿場町の中間にある茶屋「一石栃立場茶屋」。店内は外国人でいっぱいです。

「ヨーロッパやアジアも最近多くなってきたね」(一石栃立場茶屋 勝野富紀人さん)

 

 

 「妻籠を愛する会」の調べによると、馬籠の峠を越えた外国人観光客は10年前の5倍以上となっていて、2018年には3万人を超えました。

 

 

 観光客の急増に伴い馬籠観光協会では、目的地となる妻籠に大きな荷物を運搬するサービスを行っていて、多くの人が利用しています。

 SNSなどでこの場所を知ったという外国人観光客の男女は、ハネムーンで来たそうです。

「オランダは平地だけど、日本は素晴らしい山があるわ」(オランダからの観光客)

「歩くのにちょうどいいコースになっているので、外国人が好んで歩く。(外国人にとって)熊野古道を歩くのに匹敵するぐらい山の中を歩ける、街道を歩けるというのは魅力のようです」(馬籠観光協会 佐々木保さん)

 約3時間かけて妻籠宿に到着した人の中には、汗だくの男性も。

「こういった家々を見られてよかったです」(スウェーデンからの観光客)
「私たちは古い日本が見たいのです」(オランダからの観光客)

 

 

 歴史を感じられる宿場町や、自然などを楽しむ外国人観光客。

「アクセスは全く悪い。悪いですけど、彼ら(外国人)に聞いてみると、この美しい景観を見たり、素晴らしい体験ができるので、アクセスが少し悪くても『どうってことはないよ』と」(妻籠を愛する会 藤原義則理事長)

 

 アクセスが悪くても行きたくなる場所として注目を集める、馬籠宿や妻籠宿。日本の原風景などが外国人観光客を魅了しているようです。

 

日本の原風景を散策 外国人観光客が急増 旧中山道の馬籠宿から妻籠宿までハイキング

この記事をシェアする

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加
2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

中京テレビNEWS トップへ