• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

「黙ったら、なかったことにされる」原発事故受け損害賠償求めた、5人の子育てる母の闘い

報道局
愛知三重岐阜特集 2019/8/2 22:34

 「あの事故がなければ」。5人の子どもを育てるシングルマザーの訴えは届いたのでしょうか。福島第一原発の事故を受けて、国と東京電力に対し損害賠償を求めた裁判。その注目の判決が言い渡されました。

「黙ったら、あの事故はなかったことにされる」

 岡本早苗さん。5人の子供を育てるシングルマザーです。

 福島第一原発から約60キロ離れた福島県伊達市に住んでいました。強制避難区域ではありませんでしたが、子供たちへの影響を心配し、原発の事故直後に名古屋へ自主避難しました。

 避難が必要な地域ではないと判断され、行政から避難者としての支援を十分に受けられず、生活が安定しない日々が続いたといいます。

 また、周囲からは心ない声が。

「“いつまで被害者ぶっているの?”って言われたりとか、ひどい言葉もかけられて」(岡本早苗さん)

 やがて身体にも異変があらわれます。

「精神が病んでしまって、寝ているけど、寝てないし。子どもが話しかけるけど何も聞こえないし、しゃべりかけているのは分かっていても何も聞こえなかったり、ご飯も食べられないし」

 津波を予見できていたにも関わらず、国が対策をしていなかったとして、2013年に避難指示区域内外に住んでいた東海地方の128人と、国と東京電力に損害賠償を求める集団訴訟を起こした岡本さん。

「私たちが黙ったら、あの原発の事故はなかったことにされるっていう思いがものすごく強い」(岡本早苗さん)

 

「何だったんだろう、この8年」

 迎えた8月2日。

「不当判決。国の賠償責任は認められずと書かれています」(鈴木拓己記者)

 判決で、名古屋地裁の桃崎剛裁判長は「国が、震災時の原発事故への事前対策などを怠ったことは認められない」などとして、東京電力の賠償責任を一部認めたものの国への損害賠償請求を退けました。

「何だったんだろうこの8年って思いますし、ちゃんと現実を見てほしい。避難者の苦悩とかちゃんと見てほしい」(岡本早苗さん)

 この判決に対し、東京電力は「判決の内容を精査し対応を検討します」とコメント。

 また原子力規制庁は「国の主張が認められたものと受け止めている」とコメントしています。

この記事をシェアする

中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加

最新のニュース

2019年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

中京テレビNEWS トップへ