• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

「競輪」に「消防士」… 市役所の体当たり広報動画 ペルー出身の女性職員奮闘 愛知・豊橋市

報道局
愛知特集 2019/8/4 9:00

 

 時には“消防士”、時には“競輪選手”と、とにかく体当たり取材が話題の愛知県豊橋市の広報動画。実は、意外な人が作っていました。

 

 ある時は、慣れないサーフィンに挑戦して、豊橋市のサーフィンスポットを紹介。


 

 またある時は、子供たちと一緒に昔ながらの正月遊びに興じ、そしてある時は、競輪場でプロの競輪選手に挑戦する動画。去年からケーブルテレビや動画共有サイトで配信されている『やってみたシリーズ』です。

 

 作っているのは、豊橋市役所の広報広聴課でした。



「市として、若い世代への情報発信を考えたときに、本人が企画をして始まった番組になります。市役所の堅いイメージとはかけ離れた番組に仕上がっている」(豊橋市広報広聴課 堀江幸子 課長)

 

 型破り、面白いと話題の市の広報動画。視聴回数はどんどん増え、4700回を超える回も。

 担当するのは豊橋市広報広聴課の職員で、ペルー出身のウガモト・ヨナシロ・デミさんです。

 デミさんに作品作りで一番大切にしていることを聞いてみると。



「かわいく、かっこよく」(デミさん)

 

 そんなデミさんの取材の現場に潜入しました。やってきたのは、豊橋市の消防総合訓練場。デミさんが体験取材するのは、消防士の仕事。


 

「非常に危険なのでしっかりと気合を入れて」(副隊長)
「一生懸命やります」(デミさん)

 放水はもちろん、隊員と同じ高さ3メートルの壁登りにも挑戦。

 さらに、高さ7メートルのロープ渡りにも挑戦しますが、途中で落ちてしまいました。



 それでも、デミさんの体当たり取材は続きます。

「若い方に届けたいので、(共有サイトで)動画を見ることが多いと思うので、実際に私が体験して、面白そうだなと思ってもらえるように何でもやってます」(デミさん)

 同世代の若い人に市役所の仕事に興味を持ってもらいたい。積極的に仕事をこなすデミさんですが、実は過去に不登校に悩んでいたこともありました。

 

 彼女のエネルギーの源は、家族の手作りペルー料理。


 

 この日は定番家庭料理の牛肉とジャガイモの炒め物“ロモ・サルタード”と鶏の丸焼き“ポヨ アラブラサ”。

 家族で過ごすときの会話は、もっぱら母国語のスペイン語。

 デミさんがペルーの首都リマから日本にやって来たのは20年前。当時は日本語が全く話せず、小学校に通えない日々が続いたといいます。


 

「日本の教育が良いと聞いて日本に連れてきたが、娘が学校に行かない日もあったので、すごく心配していて、何かできないかということで、塾や家庭教師を雇ったりした」(デミさんの母 スサナさん)

 母親の大きな支えがあったからこそ、今のデミさんがあるのです。

「(母が言うには) 誇りに思ってくれてるって」(デミさん)

 

 体当たりの動画制作をずっと続けていきたいと意気込むデミさん。市役所もますますのパワーアップを期待しているということです。

この記事をシェアする

中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加

最新のニュース

2019年8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

中京テレビNEWS トップへ