• index
  • program
  • Chuun
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

介護界のアイドル“ごぼう先生” 参加者が「こんなの初めてです」と話す、元気が出るイベントに潜入

報道局
愛知特集 2019/9/17 12:30

 

 愛知県豊田市で、介護界のアイドル「ごぼう先生」がイベントを開催。お年寄りたちが黄色い歓声を上げる、ごぼう先生とは一体?

 

 愛知県豊田市にあるデイサービス「デイサービス スマイリング」。こちらの施設では、9月16日の「敬老の日」に特別なイベントを開催しました。

 お年寄りたちは、いまかいまかとある人物を待っていました。

「ここのアイドルだがね」(利用者)

 その人物は、草履を履き、茶色い服に身を包んだ男性。胸元には“ごぼう”という文字が…。

「ごぼう先生!」(利用者)

 登場したのは「ごぼう先生」こと、簗瀬寛(やなせひろし)さん。先生が姿を見せると、お年寄りたちもうれしそうです。

 

 

 実はこのごぼう先生、お年寄りに体操を教える先生。

「グーチョキパーチョキパチン」(簗瀬寛さん)

 リズムに合わせて手を動かす運動。お年寄りたちも挑戦します。

「僕の真似をしなくていいよ。お母さん!」(簗瀬さん)

 ごぼう先生につられてしまったのか、途中で振り付けを間違えてしまったお年寄りも。会場は、なごやか雰囲気に包まれていました。

 ごぼう先生自身も、岡崎市でデイサービスを運営するかたわら、4年ほど前から全国各地で、独自に考案した体操を通して、お年寄りたちに笑顔と元気を届けています。

 

 

「(ごぼう先生)本人を前にすると、(利用者の)全然テンションが違うので、きょうは来てもらってよかった」(デイサービス スマイリング 加藤香苗枝さん)

 ところで、なぜ「ごぼう先生」というのでしょうか?

「大きく2つありまして、おじいちゃんおばあちゃんたちに覚えてもらいやすい。介護・予防を伝える活動をしているので、介護の“ご”と、予防の“ぼう”で、ごぼうという意味があります」(簗瀬寛さん)

 

 

 お年寄りにも覚えてもらいやすく、親しみをもってもらえるように、ごぼう先生というネーミングにしたといいます。

「楽しいですよ、大勢でやって。ごぼう先生は明るいですし」
「心がとても弾みました。とてもうれしかったです。こんなの初めてですので、心に残ると思います」(利用者)

中京テレビ 「キャッチ!」 9月16日放送より

介護界のアイドル“ごぼう先生” 参加者が「こんなの初めてです」と話す、元気が出るイベントに潜入

この記事をシェアする

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加

最新のニュース

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

中京テレビNEWS トップへ