• index
  • program
  • Chuun
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

岐阜県でクマに相次ぎ襲われる 出没増の原因はドングリ凶作 クマの襲撃から身を守るには

報道局
岐阜特集 2019/10/6 16:00

 

 今年、クマに襲われた人が11人もいる岐阜県(2019年9月末時点)。人里に出没するクマが増えている理由はドングリの凶作。住民が注意すべきこととは?

 

 今年相次いで目撃されているクマ。岐阜県での出没件数について、岐阜県東農県事務所の筑本貴郎さんに話を伺いました。

「(クマの目撃件数は)昨年度(2018年)は286件の目撃件数がありましたが、今年は9月末までで481件となっている」(岐阜県 東農県事務所 筑本貴郎さん)

 

 

 2018年を遥かに上回るクマの目撃件数。さらに岐阜県内でクマに人が襲われる被害は、6月27日に中津川市の畑の近くで襲われたのをはじめ、今年の被害者はすでに11人にのぼっています。その多くが人里近くで普段の行動中に襲われています。

 9月26日、岐阜県下呂市。現場は車通りがある国道41号沿いで、観光客も多い下呂温泉街からわずか3キロほどの場所。

 民家の庭にクマが現れ、家に住む男性が襲われました。

「(庭の)小屋の中に入ろうと思ったら、狭いところにいた。どっちもビックリした感じ」(クマに襲われた男性)

 今年相次いでいる人里へのクマの出没。その理由は、山の中に潜んでいるといいます。

「クマのえさとなるドングリがなるコナラの木です。ドングリの実はちょっと見当たらないですね」(岐阜県 東農県事務所 筑本さん)

 冬眠前、クマのえさとなるドングリ。実は今年、そのドングリが5年ぶりに“凶作”だといいます。

「4年~5年の周期でドングリの実ができない、凶作の年があるといわれています。例年、ドングリの少ない時期には、クマがたくさん出るといわれていますので」(岐阜県 東農県事務所 筑本さん)

 実は5年前、岐阜県内では例年の約3倍、1446件ものクマが目撃されました。

 2014年に高山市内で撮影されたクマの様子。道路脇に、親子とみられる3頭のクマがいました。撮影者に目もくれず落ちている食べ物を探しています。

 

 

 その他にも、生ごみをくわえて駆け足で逃げるクマの姿も…

 瑞浪市日吉町では2019年8月と9月、クマの目撃情報が3回もありました。付近に住む住民の対策は。

「(クマが)出たって聞いたら、戸締まりして。もう夜は出ない」
「生ごみをできるだけ出さないようにするしかないですよね」(地区の住民)

 岐阜県は、クマが人里に降りてこないようにする対策として、生ごみを放置しないことや農作物を残さず収穫することなどを住民に呼びかけています。

 

 

「クマがよく出るという時間帯がありまして、早朝・夕方この時には、散歩やジョギング・農作業は避けてくれると思います」(岐阜県 東農県事務所 筑本さん)

 山で起きている、えさ不足。冬眠の時期が近づく中、クマの出没に一層の注意が必要です。

 

シニアが注目「ピックルボール」 70代の初心者も夢中で楽しむ人気のスポーツとは

この記事をシェアする

2019年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加
2019年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

中京テレビNEWS トップへ