• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

【新型コロナウイルス】東海3県への影響
投稿BOX

「私の変な正義感。大変反省」 豊田市議が謝罪会見 フェイスブックはやめるが議員辞職はしない意向

報道局
愛知特集 2019/10/30 16:00

 今年8月に茨城県の常磐自動車道で起きた「あおり運転殴打事件」。全く無関係の女性を犯人扱いして、SNS上でデマを拡散させたとして名誉棄損で訴えられた愛知県豊田市の市議会議員。

 29日に自身のフェイスブックで謝罪の動画を公開していましたが、地元有権者からの批判は収まらず、30日になって改めて謝罪会見を開くことに。はたして説明責任をはたすことができたのでしょうか?

 30日午後1時ごろ、豊田市役所に集まった多くの報道陣。そこに現れたのは。

「私の本当に軽率な行動だということで 大変反省をしておるところでございます」(原田隆司 市議)

 大変、反省をしていると謝罪会見をしたのは、愛知県豊田市の原田隆司市議会議員です。「本当に軽率な行動」とは、どういうことなのでしょうか。

「あおり運転の誤認についてですね。被害者の方に大変なご迷惑をおかけしまして」(原田隆司 市議)

 実は、10月、東京に住む女性から訴えられていました。今回はその騒動をめぐり会見を開きました。

 訴状などによりますと、原田市議は今年8月、茨城県の常磐自動車道で起きた「あおり運転殴打事件」で、事件とは無関係の女性の顔写真を容疑者として、自身のフェイスブックに掲載。そこに「早く逮捕されるよう拡散お願いします」などと書き込んだということです。

 その後…。女性は、名誉を傷つけられたとして、110万円の損害賠償を求める裁判を起こしました。この状況を受け、29日、原田市議が謝罪の場として選んだのが、なんと自身のフェイスブック。

「被害者の女性の方に対しまして、心からおわび申し上げます。早く逮捕されるといいなという身勝手な正義感からシェアをさせていただき、早く捕まりますようにという一文をつけて、投稿してしまいました」(原田隆司 市議)

 わずか6分ほどの一方的なコメントで謝罪と説明を行いました。

 

 これに対し、地元の有権者は。

「もっと謝罪の仕方をね…もっと公のところに出てね、すみませんでしたくらいは」
「動画ってなんか、軽い感じがするから」
「(動画だと)拡散力はあるんで、いろんな人に見てもらえる。若い人が見るのは良いけど、テレビにも記者会見の2つともやったほうがいい」

 

 こうした事態の中、急きょ、用意された会見。なぜフェイスブックで謝罪をしたのでしょうか。

「新聞の記事が出まして、その日がちょうど日曜日で、私が弁護士の方と連絡が取れない状況でありまして、報道のみなさま方としっかりと向き合って、一言一句お答えすることがなかなかかなわなかった」(原田隆司 市議)

 記事が出たのが10月27日の日曜日。弁護士と連絡が取れず、しかたなく自身のフェイスブックで謝罪をしたというのです。

 さらに被害女性が「連絡が取れなくなったから提訴した」と、言っている事に対しては。

「言い訳になってしまいますけど、視察などがちょっと続いたり、この地を離れることが多くありましたので、ちょっと連絡をとるのが遅れてしまった。それが大きな私のミスだと思っています」(原田隆司 市議)

 仕事が忙しくて、1か月以上、被害者側と連絡を取っていなかったといいます。さらに今後の身の振り方について問われると…。

「後援会の中には引き続き頑張れと。今後、この市民のみなさま方、地域のみなさんにもですね、こういったことを軽率にやると大変な事になると、私が今後、これを伝えていく役割があるなぁというふうに思っています」(原田隆司 市議)

 事件と関係ない人を巻き込んだ軽率な行動が、大変な事になるという事を自ら市議として、伝えていくのが、今後の役目だというのです。

 問題になった自身のフェイスブックはやめるとしていますが、議員辞職はしない意向のようです。

この記事をシェアする

2019年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加
2019年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

中京テレビNEWS トップへ