• index
  • program
  • Chuun
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

“食べる絵本”で食育!インスタグラマーとのコラボも…老舗和菓子店の狙いとは?

報道局
愛知三重岐阜特集 2019/12/3 10:30

 “食べることができるという絵本”が話題になっているといいます。そこには、老舗和菓子店のある狙いがありました。

 

 “食べる絵本”を初めて体験するという家族を訪ねました。

 絵本が好きな7歳の女の子がお母さんと一緒に読むのは、かわいいピンクの絵本。

「わらわが食べたいのは、もっと美しい食べ物じゃ」(お母さん)

 食いしん坊なお姫様の物語を興味津々に聞いています。

 そして…。

「葉っぱかな」(女の子)
「じゃあ葉っぱ作ってみようか」(お母さん)

 なんと、絵本には和菓子のレシピが。

 実はこれ、「さわってつくってたべる絵本」です。絵本と一緒に入っているキットだけで、お姫様のために“練りきり”という和菓子を作ることができます。

「(手にあんが)くっついてしょうがない」(女の子)

 白あんベースの生地をこねたり、こしあんを包んだりして、かわいい形を作ります。初めての経験に苦戦しながらも、ようやく完成。

「どうだった?」(記者)
「楽しかった」(女の子)

 そう言うと、すぐに2つ目にとりかかっていました。作った後は笑顔でパクリ!

「すごくおいしい。ふんわりしていて、あんこがおいしい」(女の子)
「こんなふうに作っているのが知れて、楽しかったです」(お母さん)

 

 お母さんも女の子も大喜びの和菓子が作れる絵本。一体なぜ絵本に、和菓子なのでしょうか?

 その答えは三重県鈴鹿市にある店「大徳屋長久 広瀬店」にありました。創業はなんと江戸時代、300年以上続く老舗和菓子店です。

 この絵本を世に出したきっかけについて、社長が語ってくれたのは“ある危機感”でした。

「和菓子自体が昨今、日本で希薄化してるなというのをずっと常に思っていて。もっと生活に溶け込ませたいという思いがあって」(大徳屋長久 十六代目 竹口久嗣社長)

 

 しかし、去年、家庭で簡単に和菓子がつくれるキットを考案したものの、ほとんど売れなかったといいます。

「キットを用意することはできるけど、売ることがへたくそだった」(竹口社長)

 

 そこで食品会社などの商品を企画する会社に相談したといいます。するとまさかのコラボが…。

「「つむぱぱ」さんという方がおるという話をもらって」(竹口社長)

 「つむぱぱ」さんとは、フォロワー数51万4000人を誇る人気インスタグラマー。ほっこりするイラストと、自身の子育て経験を生かした楽しい漫画が人気を博しています。

 そんなつむぱぱさんに話を伺いました。

「そもそも和菓子が子どもに、若い世代の人に食べられていない現状の中で、どうやって売っていくか考えた時に、和菓子として売るのではなく、絵本として売るっていう(ことを思いついた)」(つむぱぱさん)

 こうして、「さわってつくってたべる絵本」、通称「たべほん」が生まれたのです。

 老舗和菓子店と人気インスタグラマーの異色のコラボで、ネットでの申し込みが殺到。竹口社長は、さらなる展開を期待します。

「少しでも和菓子のイメージを変えたい。食育などのコミュニケーションツールとして使っていただきたい」(竹口社長)

 絵本を通じて、食育に生かせればと話します。

 

 実はこういった絵本による食育が、身近なところにも。

 それが、学校給食。岐阜県笠松町の小学校では、4年前からアンパンマンなどの絵本に出てくるメニューが給食になっています。

「苦手なものをたべられたよ、というような声をたくさん聞けました」(笠松町学校給食センター栄養教諭 伊藤克子さん)

 このメニューを始めてから、食べ残しが減ったといいます。

 

 絵本を通じたさまざまな取り組み。今後も広がりをみせていきそうです。

 

“食べる絵本”で食育!インスタグラマーとのコラボも…老舗和菓子店の狙いとは?

この記事をシェアする

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

中京テレビNEWS トップへ