• index
  • program
  • Chuun
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

海苔が“過去に例のない事態” 海水温が下がらず収穫量激減…食卓への影響は 愛知県

報道局
愛知特集 2019/12/5 14:00

 

 取材班は海苔(のり)の産地・愛知県常滑市に向かいました。

 黒々と光っているのは、この日とれたばかりの新海苔。加工工場では出荷作業に追われていました。

 

 

 気になる味は…?

「いい香りがして、食べ応えがあります。おいしいです」(記者)

 新海苔のできは上々ですが、ある心配事があるそうで…

「すごい深刻ですね。今年は海苔の収穫高が例年より少なくなっています」(鬼崎漁業協同組合 平野正樹さん)

 

 

 深刻だという、今年の海苔の収穫量減少。この漁協が所有する9棟の加工工場が、今年は1棟しか稼働していないという過去に例のない事態。

 収穫量が少ないワケは、この夏の猛暑で海水の温度が下がらなかった事が原因だといいます。

 

 

 12月4日。伊勢湾や三河湾でとれた海苔の初競りが愛知県半田市にある「愛知県漁連海苔流通センター」で行われました。

 この日は去年の6割ほどの約400万枚しか取引されず、去年の相場を5円ほど上回る価格(1枚28円)で取引され、ここ数10年でもっとも高い価格水準でした。

 

 

 しかし海苔問屋の人たちは、今後収穫量が増加し価格が下がる事を期待しています。

「これからはじまったばっかりなので、最後どれだけ生産があるか楽しみにしています」(愛知県漁業協同組合連合会 早川明宏さん)

 

海苔が“過去に例のない事態” 海水温が下がらず収穫量激減…食卓への影響は 愛知県

この記事をシェアする

2019年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加
2019年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

中京テレビNEWS トップへ