• index
  • program
  • Chuun
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

投稿BOX
投稿BOX

「空き屋バンク」で空き家が老舗料理店に ボロ市営住宅を救助訓練に活用

報道局
愛知岐阜特集 2019/12/8 9:00

 

 古くなって価値がないような建物が、実は意外に役立っていました。そのワケとは?

 

 岐阜県川辺町にある「うなぎ処 うな勝」。

 

 

 店内に入ると、おもむきのある雰囲気。

 この店の人気は、ひつまぶしや味噌を使った料理が味わえる「うなぎプレート」。平日限定15食の自慢のサービスメニューです。(土日祝は要予約)

「表面パリっとして、ちょっと甘口でおいしいです」
「うまい!」
「ほんと味付けがいい。伝統の味かな?」(客)

 

 

 浜松産のウナギにタレはたまり醤油を使い、じっくりと焼くことで、外はパリッと身はふっくらとしたウナギに仕上げます。

 川辺町唯一の、歴史あるウナギ屋かと思いきや…

「今年の7月です。7月の14日ですね」
「じゃあ、まだオープンしたばかり?」(記者)
「そうですね」(うな勝 店主 望月勝人さん)

 

 

 実はこの店、老舗ではなく2019年7月にオープンしたばかりの新しい店。

 築100年以上の“空き家”で、古い建材などはそのままに再利用しました。

「やっぱり材質を見ると当時の材質って、すごくいいものを使っている。この色具合ですね。煙で燻(いぶ)された材質のものが、磨けば出せないような色合いが出る。私はそういうのが好き」(望月さん)

 

 

 岐阜県防災ヘリのパイロットだった望月さんは、退職後、川辺町の「空き家バンク」を通じて、この家と土地を購入しました。

 「空き家バンク」とは、所有者が売却や賃貸を希望している“空き家”の物件情報を集めたもの。川辺町では25軒を登録していますが、すぐ使える家ということもあって成約率は9割近くになっています。

 

 

「古いものも大事ですので。うまく利用したら、いいんじゃないかと思ってます」(望月さん)

 空き家を活用するのは、こんなことも…

 

 

 薄暗い建物の中で鳴り響く音。名古屋市東区にある建物で行われていたのは、消防の“救助訓練”です。

 

 

 実はここ、取り壊される予定の市営住宅。

 なぜこういった場所で、訓練を行うのでしょうか。

「消防学校の訓練センターや消防署では訓練の制約があり、実際の現場とも違う。このような建物を使うと、現場と同じように訓練できるので。どこに救助ロープを設定したらいいのか?という判断力につながると思う」(東消防署 牧禎之警防地域係長)

 

 

 1995年に発生した「阪神淡路大震災」では、犠牲者の8割以上が建物の倒壊で命を落としました。

 名古屋市消防局では、南海トラフ巨大地震への備えもあり、解体予定の住宅や建物などを活用した訓練を年に数回実施しています。

 今回の救助訓練は、火災で2階から自力で動くことのできない救助者を、ロープを張って運ぶ訓練を行いました。

「あれ、何のためにやってる?」(ベテランの消防士)
「人が落ちないため…」(若手の消防士)
「上げるよ!1・2・3!確保!テンションかけるよ!」(ベテランの消防士)

 ストレッチャーに乗せた救助者を水平のまま降ろさないといけないのですが、ストレッチャーは斜めに…

「やっぱり上からの距離が長いと、どうしてもロープが伸びる。だから、その分を考慮しないと…」(消防隊長)

 

 

 市によると、近年火災件数は減少しており、消防隊員が火災現場を経験することも減りつつあるといいます。

「こういった実災害に近い訓練現場を使って、どんどん(若手隊員たちが)ここで失敗して、成長していってほしい」(牧警防地域係長)

 

 

「空き屋バンク」で空き家が老舗料理店に ボロ市営住宅を救助訓練に活用

この記事をシェアする

2019年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加
2019年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

中京テレビNEWS トップへ