• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

【新型コロナウイルス】東海3県への影響
投稿BOX

孫からトラックで届いたまさかの“お土産” 別府直送の温泉でほっこり きっかけは“復興支援の恩返し”

報道局
愛知三重岐阜特集 2020/1/16 14:00

 

 旅行から帰った孫からの“まさかのお土産”におじいちゃんは、ビックリ。

 

 愛知県西尾市。鈴木登さん(82)の住宅に1台のトラックが到着。この日、ここにある“お土産”が届きました。

 その“お土産”が運ばれたのは、浴室。そして浴槽に注がれたのは…

 

 

「ちょうどいい。温度が」(鈴木登さん)

 お土産とは、なんと“温泉”。はるか540キロ離れた大分県別府市から運んで来たものです。

 このサービスは別府市の団体が始めたもの。去年5月1日以降、観光で別府市を訪れた人が応募し、当選するとお土産を届けたい相手の自宅に温泉が届くというものなんだそうです。

「別府温泉は多種多様な温泉と非常に温度が高いのが特徴のひとつです」(一般社団法人ビービズリンク 後藤寛和さん)

 

 

 この温泉のお土産を応募したのは、孫の石川亜望さん。

「(祖父は)別府の温泉が大好きで。(別府に)行くのは大変なので、届けてもらえるならうれしいなと思って応募しました」(石川亜望さん)

「極楽やね」(祖父・鈴木さん)

 

 

 さらにたまごを温めれば、温泉たまごを味わうこともできます。

 

 

 この温泉のお土産サービス、100組限定で費用はなんと無料。

 サービスを始めた理由とは?大分県別府市の長野恭紘市長に話を伺いました。

「命の次に大事な温泉!これをみなさん方に」(別府市 長野恭紘市長)

 

 

 4年前の熊本地震。震災直後、別府市に全国から毛布や米などの支援物資や義援金が届きました。

「いろんな人たちから助けていただきましたので、ぜひお世話になったみなさん方に直接私たちの気持ちを配りたいと。それはなにかとやっぱり温泉でしょと」(別府市 長野市長)

 温泉のお土産は、復興支援の恩返しというわけです。

 

 

 

 温泉のお土産。特別な思いで楽しむ人も。温泉を運んだ先は、ふるさとが別府市という男性のお宅です。

「(別府は)生まれ育ったところなんで、温泉があるのが普通のところだったんで」(鳥越教道さん)

 仕事が忙しいご主人のために、家族が応募したといいます。

Q.温泉のにおいがしますか
「やっぱしますね。ほんと温泉です」(鳥越さん)

 全国各地51軒の無料配達を終えたという、この温泉のお土産。

「今度はぜひ別府の方に足を運んでもらえたら」(一般社団法人ビービズリンク 後藤さん)

 今後も100件に達するまで、温泉の無料配達は続きます。

 

この記事をシェアする

2020年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加
2020年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

中京テレビNEWS トップへ