• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

【新型コロナウイルス】東海3県への影響
投稿BOX

有名アーティストのMV撮影にも参加 中学生ドローンアーティストの素顔 「片づけはできない」

報道局
愛知特集 2020/2/17 15:00

 

 有名アーティストのミュージックビデオを撮影したのは、東海地方に住む中学生でした。

 

 まるで自分が鳥になったかのような迫力の映像をドローンのカメラで撮影したのは、愛知県江南市の中学3年生・小澤諒祐さん(15)。

 

 

 15歳にしてプロのドローンカメラマン。迫力あるオフロードバイクやトライアスロン、CMの撮影などの撮影依頼も受けているといいます。

 

 

 小澤さんは、仕事としてドローンを始めてまだ1年ばかりですが…

「月に2~3本は(撮影が)毎週土日にあります」(小澤諒祐さん)

 全国大会でも優勝するほどの腕を買われ、米津玄師さんの曲「馬と鹿」のミュージックビデオ撮影も行いました。

「ヒマな時間は(ドローンを)飛ばしています。レースはスピードだけで済みますが、映像は(画角が)難しいですね」(小澤さん)

 小学5年生の時、父親と共に訪れたおもちゃ店でドローンを知った小澤さん。普段見ることのできない上空からの景色に魅力を感じたといいます。

「夢中になることは、1回教えたらすぐ覚える、なんでも。すごいと思いますよ」(父・小澤一誠さん)

 

 

 小澤さんの部屋の天井には不思議なものが…

 

 

 実はこれ、いつでも練習できるようにとお父さんが作ってくれたコース。本気を出すととてもカメラで追えないので2割のスピードで操縦してくれました。

 いまでは、その実力から中学生ながら5社のスポンサーが付いているほどの小澤さん。しかしそんな一見完璧そうな彼ですが、お母さんいわく…

「食べたら食べっぱなし、片付けのできない男の子」(母)

 家では、どこにでもいる普通の男の子なんだそうです。

 そんな、彼の才能を見いだしたのが千葉県八千代市にあるドローンスクール「ドローン★ビレッジ」。ここでドローン撮影の技術を磨いています。

 

 

「本命が勝つって難しいじゃないですか。でも本命って言われながら勝すごさ。メンタルがけっこう強いのかもしれない」(ドローン★ビレッジ 柳沢昭次さん)

 

 

 スクールのオーナの柳沢さんは、小澤さんにドローン撮影の仕事を紹介することもあるそうですが、報酬は中学生の金銭感覚が狂わないようにと1回1万円にしているといいます。

 去年小澤さんはある目標のため、レースに参加していました。ゴーグルに写る映像を見ながら操縦します。

「最速タイムを抜かされたので、きょう抜かしに来ました」(小澤さん)

 会場には20歳以上離れた大人ばかり。そんな中、目で追えないほどの速さで巧みにドローンを操る小澤さん。大人たちも驚きのスピードです。

「もう異次元です」
「とにかく早いのと、あとスティック操作も神業です」
「常識離れしてますね。ダントツの1位で」(参加者)

 この日、最速タイムを出し見事優勝を果たしました。

 

 

 今後の目標を聞いてみると…

「日本のドローン撮影業界の大御所とかになれたらいいかなと思います」(小澤さん)

この記事をシェアする

2020年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加
2020年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

中京テレビNEWS トップへ