• index
  • program
  • Locipo
  • news_weather
  • announcer
  • event
  • chukyokun
  • present
  • TVschedule

中京テレビNEWS中京テレビNEWS

【新型コロナウイルス】東海3県への影響
投稿BOX

セイウチ“恋の三角関係”の行方は? 新たなメスとのお見合いで3頭の関係は意外な展開に…

報道局
愛知三重特集 2020/2/26 11:00

 三重県伊勢市にある伊勢シーパラダイスでは、ことしのバレンタインの日、セイウチのメスの「ヒマワリ」がお見合いのため、愛知県美浜町にある南知多ビーチランドのオスの「キック」のところに引っ越ししました。

 しかし、キックにはもともと、メスの「サクラ」というパートナーが…。恋の行方はどうなったのでしょうか。

 

 2月14日。伊勢シーパラダイスから南知多ビーチランドまでの約175キロという長い道のりをトラックで4時間かけて移動したメスのセイウチ「ヒマワリ」。

 扉の隙間から飼育部屋を覗き込むヒマワリ。お見合い相手のオスの「キック」といよいよご対面…と思いきや。

 扉の隙間から顔を覗かせたのは、ライバルのメスの「サクラ」。

 すると、扉をバンバン叩き始めるヒマワリ。初日から女同士のバトルの勃発でしょうか…?そんな二頭の恋の行方に、急展開の予感が!?

 

 この日、南知多ビーチランドと伊勢シーパラダイスの飼育員の合同チームが集まっていました。

 これまで扉の隙間を隔てて屋外にいたヒマワリを、キックたちがいる屋内のプールに移すことになりました。

 万が一、1トン近くあるセイウチがケンカになると大事故になる恐れもあるため、飼育員たちは慎重になっていました。

「まずは、ちゃんと自己紹介やね、ヒマワリ」(飼育員)

 いよいよ緊張の瞬間。勇気を持ってキックたちがいる部屋に入ったヒマワリですが…。キックもサクラもまさかのノーリアクション。ヒマワリも心配そうに何度も飼育員を振り返ります。

 

 大きな進展もないまま10分以上が経過。ちょっと落ち込んだ様子のヒマワリ。

 すると、キックの方から近づいてきました。

 なんと、キックとヒマワリが口を合わせてあいさつ。

「けんかになって、どっちかが攻撃したりされたりしたらどうしようかという悩みはあったんですけど、過剰に反応することもなく非常にフラットに関係ができていると思います」(伊勢シーパラダイス 田村龍太さん)

 しかし気になるのは、元々のパートナーでもあるサクラ。

 地元の客も…。

「今まで一緒にいたのに、違う女の子が来てキックとうまくいくのは…サクラの気持ちも気になる」(地元の客)

 みなさん、三角関係の行方を気にされていましたが、心配はいらないといいます。

「野生のセイウチを見ると一夫多妻制の繁殖形態をとっているので、野生のセイウチからすれば通常のこと」(南知多ビーチランド 杉村亮さん)

 ヒマワリのお見合い期間は3か月ほどを予定していて、無事妊娠すれば、伊勢シーパラダイスに戻り出産の準備にあたるということです。

【「キャッチ!」 2月24日放送より】

この記事をシェアする

2020年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
中京テレビNEWSLINEで中京テレビのニュースを読む 友だち追加

最新のニュース

2020年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

中京テレビNEWS トップへ