中京テレビ

2011年03月31日 19時04分

どんなことができる?

3月31日(木)
東日本大震災から20日がたちました。

『自分たちに何ができるだろう・・・。』
『少しでも役に立ちたい!』
毎日そんなもどかしい思いを抱えながら
暮らしている方が多いと思います。

しかし自分たちの生活もあるので
全てを投げ打って被災地に行きボランティア活動をするのも
なかなか難しいのが現状でしょう。

きょうのevery.では
地震直後に石巻市に入り支援活動を続けている
NGOヒューマンシールド神戸の吉村さんに
電話でお話を聞きました。
 
そこで聞いたのは、被災後に自宅になんとか住んでいる方に
食料の調達や情報が入らず
どうしたらいいのか途方にくれている状態。
それを知って、吉村さんたちが一軒一軒たずねて
『何がほしいか』
『ここにいけばこういう物資や情報が得られる』
と受け答えをしているそうです。

そこで、今被災地で欲しいもの・・・ラジオ!
石巻市民への情報提供へのFMの活用について、ラジオ局担当者や災害対策本部とも話をしていただき、いよいよ本格的に開始。
日頃は20MHzですが、災害時での許可が出て100MHzになっており、仙台近くでも聴けるという。
周波数は、76.4です。

下記が寄付ラジオの送り先ですが、電池も数点お願いしたい!
現在、宅配なら支店留め、ゆうパックなら本局留めになります。(3月22日現在)

宮城県石巻市南境字新水戸1
石巻専修大学 5号館1階
石巻ボランティアセンター内 
「石巻支援NPO連絡会 FMラジオ係」

また随時、石巻市の様子を知り
何をしたら役にたてるのか?
吉村さんのブログを見ていただければ分かると思います!

『吉村誠司の地球日記』
http://williamseiji.wordpress.com/

連日大変な状況だと察しますが、お体を大切に・・・。

2011年03月18日 13時58分

まさか・・・

3月11(金)
報道部で当日のevery.で放送予定のVTR素材を
モニターチェックしていました。
クラクラ・・・とめまいを感じて「あれ?」と上を見上げると
天井に並んでぶら下がっているテレビが
ユラユラ揺れていました。

「地震!地震!地震ですよ!」
と声をあげると、ざわざわとみな動き出し
カメラを回したり気象庁からの情報をみたり
東京からの情報を確認したり・・・

するとあれよあれよという間に
岩手県・宮城県・福島県などで大きな揺れがあったことが
わかり、大津波警報が発表されました。

「え?大津波警報なんて見たことない・・・。」
鼓動が大きくなりながらテレビ画面をみていたら
どんどん揺れている映像や
波が押し寄せる映像が・・・。

東日本大地震から一週間。
未だに本当に起きてしまったことが
ウソならいいのに・・・と誰しも思っていると思います。

さらに福島の原子力発電所の危険な状況。
先手先手で被害を封じ込めて欲しいと
思うのは私だけではないと思います。

とにかく命を守るために
日本は原子力発電所の被害を早急に止めなければ!!

何をしていても落ち着かない今
東日本大地震被災地のためにできること
少しでも少しずつでもしていきたいと思います。
私は学校を通じてや24時間テレビの募金しか
まだできていませんが、支援物資や何か役にたてることを
していきたいと思います。

番組宛にもメールやFAXを頂いています。
その中には「自分の役にたちたい」「できることはなにか」
という思いがたくさん詰まっています!
みなさんの心を一つにしていけば復興の大きな力に
なると思います。



ススメ

カレンダー

2011年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

いままでの記事