2014年10月08日 19時17分

小塚崇彦選手がものづくり!?

フィギュアスケーターの小塚崇彦選手が

10月8日(水)の「キャッチ!」に出演してくれました。

実はスタジオで、今年から使っている

新しいスケート靴の秘密を教えてくれたのです!

DSCN1283

スケート靴というのは、ブーツと

「ブレード」と呼ばれる金属の部分からできています。

今までの「ブレード」はブーツの底に取り付ける台座と

氷に接する刃を溶接していたのを・・・

なんと!溶接ではなく「一枚のブレード」に改良したのです!

重さは275グラム!9キロの金属の塊から3%にまで削りだす作業は3日もかかるんですって。

「一枚岩」のように頑丈な「一枚ブレード」!

この一枚ブレードだと歪みにくくなるので、選手はとっても助かるそうです。

歪んでしまうとその都度滑り方を調整しないといけないし、

余計な神経を使い怪我の原因にもなるそうです。

さらに・・・耐久性に優れた一枚ブレードなら交換時期が延びて

金銭的負担も軽くなるのでは・・・?

そんな新しいブレードを作ってくれる企業を探していた小塚選手に応えてくれたのが

名古屋市緑区の「山一ハガネ」でした。

自動車、電子機器、近年では航空機の部品作りまでしている確かな技術で

「一枚ブレード」を作ってくれたのです。

新しいブレードを取り付けたスケート靴を 小塚崇彦選手が使い始めて5ヶ月!

いい感じだそうですよ!

現役のフィギュアスケーターである小塚崇彦選手が忙しい中、

フィギュアスケート界の将来のために自ら行動したことに感動しました!

将来日本のフィギュアスケート選手がこのブレードを使い、

さらに素晴らしいスケーティングができるようになるかもしれません。

まずは・・・小塚崇彦選手の活躍に注目です!

こういう行動力に男気を感じます。

よっ!小塚選手!

今シーズンも応援していますよ~~!



ADVERTISEMENT


ススメ

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

いままでの記事