2018年08月31日 0時01分

プロレス担当、至福の時間

先日、9月21日(金)公開の映画「パパはわるものチャンピオン」に主演しているプロレスラーの棚橋弘至(たなはしひろし)選手にインタビューしました。

作品は、団体のエースだったプロレスラーがケガから復帰後、悪役として再起するも息子に自分の仕事を理解してもらえず悩みながらも再び頂点を目指すというもの。

テーマを聞くと棚橋さんは「理解してもらえないこと」と語り、実生活での例を「試合でケガして帰宅しても同い年の嫁さんから即座に犬の散歩を頼まれるんです」と笑わせてくれました。妻役の木村佳乃さんについて聞くと「好きだった女優さんと映画で共演とは…」と驚いたのだそうです。

私は入社以来、日本テレビ系列で放送されてきた「全日本プロレス中継」や「プロレスリングノア中継」でたびたび実況してきました。しかし、棚橋選手が所属する新日本プロレスは他系列で放送されているため接点はありませんでした。

インタビューの最後に映画から離れ、プロレス実況担当として聞きたかった質問を1つだけしました。

返ってきた答えは私を驚かせるに余りあるものだったのです。

佐藤「プロレスラーになるキッカケになった試合を教えてください」

棚橋「実は、全日本プロレスの試合なんです。高校生の時に見た小橋建太選手がスティーブ・ウィリアムス選手の強烈なバックドロップで敗れた試合です。たしか愛知県内で闘った試合で…」

それはちょうど四半世紀前の今日、1993年8月31日に豊橋市総合体育館で行われた試合で、実況したのは私でした。団体のエース目指して奮闘していた若手時代の小橋選手(すでに引退)が当時のトップ外国人のウィリアムス選手(故人)に挑んだその試合は終盤、見たことのない危険な角度で小橋選手が投げ落とされて敗れました。

小橋選手が頭からリングに突き刺さるように落ちた時、私は咄嗟に「バックドロップ」と「パイルドライバー」を組合わせ「バックドロップドライバー!」と3度繰り返し、その惨劇を表現しました。衝撃的な大技は今でも忘れられないシーンです。

大垣市の高校生だった棚橋少年が中京テレビで深夜に放送されていた「全日本プロレス中継30」でこの試合に感化されプロレスラーにあこがれ、その後、日本マット界のトップに昇りつめる…。そんな試合を自分が実況していたこと。棚橋さん本人から直接聞けたこと。

このインタビューは元々、上山元気アナウンサーが担当する予定だったのですが、彼の勤務の都合で私に変更されたものでした。重なった偶然に感謝しつつ、棚橋さんの主演映画に対する真摯な思いと実直な人柄に触れることができ、とても幸せな時間となりました。

 



ADVERTISEMENT

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

いままでの記事