2018年10月06日 17時00分

荒木雅博選手引退会見

中日ドラゴンズの荒木雅博選手が今日、10月6日(土)、ナゴヤドームで現役引退の会見を行いました。私は代表質問を担当し23年目の今季限りでユニホームを脱ぐ心境を聞きました。報道が先行する中、ようやく自ら引退を発表でき「スッキリした気持ち」であること。名二塁手として活躍し、2000安打も記録した荒木選手ですが「今でも自分は未熟な選手だと思っている」とも。だから支えてきたものは「練習です」とキッパリ。球史に残る二遊間コンビ「アライバ」のパートナーだった井端弘和選手(当時・現ジャイアンツコーチ)には「ずっとライバルだと思って競い合ってきた」と述懐しました。

1995年のドラフト会議で1位指名された翌日、母校・熊本工業高校まで行き、校庭で名古屋名物「ういろう」を丸かじりしてもらった「ズームイン‼朝!」の「プロ野球いれコミ情報」の強引な取材から23年。さわやかな笑顔溢れる受け答えに終始した引退会見。いつも丁寧に取材に応じてくれた荒木選手の引退は寂しいものです。でも、6年に1度巡ってくる記者クラブの幹事業務がたまたま今年は中京テレビの担当年だったことで、この場で代表質問できた偶然に喜びも感じたひとときでした。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

いままでの記事