2018年10月15日 17時01分

与田剛監督が就任会見

10月15日(月)、ドラゴンズ・与田剛監督の就任会見を取材しました。「23年ぶりの名古屋。監督になるとは夢にも思わなかった。こんな形で名古屋に戻って来られるとは。ドラゴンズには自分をドラフト会議で単独1位指名してくれた恩義がある」と語りました。  

新監督としての抱負を問われ「しっかり準備をして最後まであきらめない野球をする。優勝だけを目指す。選手は対戦相手よりまず私にアピールしてほしい」と述べました。

私が中京テレビに入社した1990年、ルーキーだった与田投手(当時)は開幕戦から剛速球で活躍し新人王と最優秀救援投手になりました。私のアナウンサーとしてのデビュー、いわゆる「初鳴き」はその年の6月10日の副音声プロ野球中継「ドラゴンズ応援放送」(東京ドーム)でした。

その試合はもちろん忘れもしません。ジャイアンツに先制を許すものの、彦野選手の逆転満塁ホームランが飛び出します。与田投手は7回途中から登板し、1点リードを守り14個目のセーブを記録しました。私は緊張で背筋がつったまま実況していました。

沖縄キャンプでインタビューした時、練習が長引き予定時間に遅れた与田さんが「遅くなってすみません」と取材クルーの人数分の缶コーヒーを持って現れたことも思い出しました。

低迷するドラゴンズに救援投手でならしたOB監督が登板します。2019年のシーズンが今から楽しみです。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

いままでの記事