2008年12月19日 1時00分

こんなところへ行きました

こんなところへ行きました

どこだかわかりますか?
急勾配の石段が山の上まで。
織田信長、天下統一の夢の跡。
今年、初めて訪れた
安土城址(滋賀)でした。
自分の右腕を伸ばしての撮影、
かなり上達したでしょ?

2008年12月18日 16時57分

勝手に年末企画開始

勝手に年末企画開始

結構、普段写真撮っているんです、私。
でもブログ更新が面倒なので
せっかくいい写真があっても日の目を見ないものがほとんどです。
もったいないのでいくつかの写真を順次公開することにしました。
まずは今年、全国区の人気者になった「ドアラ」との一枚です。
最近、ある集まりでビンゴゲームに一緒に参加しました。
指が太くてカードの穴を開けるのに苦労していました。

2008年12月08日 16時16分

三時から!!

三時から!!

毎週日曜日の生放送、「スポーツスタジアム」。
12月14日と21日の放送はいつもより2時間早く
午後3時からです。
お間違えなく!そしてお見逃しなく!

2008年12月05日 18時27分

冬だ!鍋だ!スポスタだ!200勝投手だ!

冬だ!鍋だ!スポスタだ!200勝投手だ!

依然好調!「スポーツスタジアム」。
冬は大好評の「鍋企画」をお届けします。
オフに選手と鍋を囲んでいろいろ聞いて笑って食べて・・・。
この冬、最初にお呼びしたのはドラゴンズの山本昌投手。
今年、プロ野球史上24人目の通算200勝を達成した「マサさん」の登場です。
しゃぶしゃぶを食べながら山本昌さんと5歳年上の先輩・川又米利さんのトークははずみました。
悔しかった去年の不振、長持ちの秘訣、快挙達成のあの日の秘話、
究極の夢、更には禁断のアノ話題まで・・・。
中身が濃すぎて、今、編集作業が難航しています。
近日公開、お楽しみに!

2008年11月17日 17時34分

絶好調!スポーツスタジアム

毎週日曜夕方5時から生放送している「スポーツスタジアム」。
手前味噌ではありますが・・・、
きのうの放送の視聴率は11.7%と高いものでした。
これで「スポスタ」は10月19日の放送から5週連続の二桁視聴率。
12年目を迎える長寿番組ですが、これは番組開始以来初の快挙なのです。
ここ5週で番組が取り上げた人物、取材に協力してくださった皆さんを列挙すると・・・、
三浦大輔・浅田真央・玉田圭司・法元英明・花井聖・野本圭・高島祥平・高橋尚子・堂上直倫・森岡良介・中村直志・平野謙・中西哲生(敬称略)等々。
さまざまなスポーツ選手・関係者の皆さんに取材にご協力いただき
、多くのスポーツファンの皆様に番組をご覧いただきました。
スタッフ・出演者一同嬉しい限りです。
今後とも皆さん、「スポーツスタジアム」をよろしくお願いいたします。

2008年11月06日 20時18分

ドラフト1位に会ってきました

今年のプロ野球ドラフト会議翌日、中日ドラゴンズ1位指名の日本通運・野本圭選手にインタビューしてきました。場所はさいたま市の日本通運グランド。左投げ左打ちの外野手です。第一印象は礼儀正しくさわやかな好青年。打撃練習では鋭い打球を右中間に左中間に飛ばしていました。ルックスもよく、スター性を感じました。取材を終えて帰り際、私たち中京テレビのクルーが見えなくなるまで見送ってくれた好漢・野本選手。ナゴヤドームで活躍する姿が早くも楽しみです。

2008年10月29日 10時21分

14年ぶり、日本武道館で実況

10月25日(土)、日本テレビの「プロレスリングNOAH中継」で放送席につきました。場所は東京・日本武道館。
ダブルメインイベント「GHCタッグ選手権試合 バイソン・スミス&斉藤彰俊組 対 秋山準&力皇猛組」を担当しました。隣は解説の三沢光晴選手です。試合開始直後、選手が吹っ飛んできて放送席のモニター等放送機器が足元に落下するという事態に陥りましたが、乱戦をなんとかしゃべりきることができました。
武道館はいいですね。日の丸が掲げられた高い天井を見ると、ビッグマッチを任せてもらったという緊張感が高まります。
小学校1年生からのプロレスファンである私にとって、武道館でのプロレス実況は至福のひと時です。
中京テレビ入社以来、何度か日本テレビの実況スタッフに加えていただき、熱戦を伝えてきましたが、最近はすっかりプロレスから離れてしまっていました。
私のプロレス実況は2004年7月10日の「NOAH東京ドーム大会 GHCジュニアヘビー級選手権 選手権者 獣神サンダーライガー 対 挑戦者 金丸義信」以来4年ぶり。
更に、日本武道館では1994年9月3日の「三冠ヘビー級選手権試合 選手権者 スティーブ・ウィリアムス 対 挑戦者 小橋健太(現・建太)」以来実に14年ぶりでした。
「またこんな機会があればいいな」。純粋に楽しめた夜でした。

2008年09月26日 19時22分

今、打ちまくっているこの人に聞きました

今日、午後0時30分に撮った一枚です。
私が中日ドラゴンズの森野将彦選手にロングインタビュー。
現在、打撃絶好調の森野選手ですが、
クライマックスシリーズ進出をかけた広島カープとの3位争いが激しさ増す中、チームを引っ張る森野選手は何を語るのか。
キャンプ中の左手首骨折や5月の左足ふくらはぎ肉離れ、
更には北京オリンピックでの悔しい結末・・・。
一つ一つの質問に誠実に答えてくれました。
そして、あの件に関しては注目発言も!
9月28日の日曜日、午後4時55分からの「スポーツスタジアム」を
ご覧ください。

2008年08月21日 19時06分

久々に「放送席」に座ります。

お知らせです。私、佐藤啓、本当に久しぶりにプロ野球を実況します。8月28日(木)夜7時から放送される「阪神中日戦」を中京テレビでは甲子園球場に放送席を設けて、ドラゴンズファンの皆さんに向けて副音声実況を行います。解説は川又米利さん。実況は私。鶴木陽子アナウンサーも加わって、「スポーツスタジアム」のレギュラー出演者で敵地に乗り込みます。中京テレビではかつて後楽園球場や東京ドームで行われる巨人中日戦の副音声実況を1995年まで行っていました。私がアナウンサーになって初めてテレビでしゃべった仕事が1990年6月10日の東京ドーム。巨人中日戦副音声「ドラゴンズ応援放送」でした。入社以来6年間担当した思い出深い仕事です。写真は今年3月、改装が一段落した甲子園球場で行われた「無観客試合」を取材した時の一枚です。まさか、この甲子園球場で今年、放送席に着くとは夢にも思いませんでした。今年のペナントレース、ドラゴンズは苦しい戦いが続いていますが、13年ぶりの「応援放送」、楽しいものにします。この放送は読売テレビと中京テレビのみで、副音声は中京テレビエリア限定です。雨が降りませんように。

2008年07月28日 18時17分

また一人、後輩がデビュー!

7月3日、中京テレビの新しい顔、新人アナウンサーの田岡咲香がデビューしました。
初登板は午後8時55分からのニュース。
顔を出してリードを15秒。
そのあとVTRを40秒。
短いニュースを東海3県のみなさんに時間内に、正しい読みでキチンと伝える。
まずはこの日のために入社してから3ヶ月訓練してきました。
その日の私の仕事は、「付き添い」。
原稿が出来上がってから本番まで、自分が出演する時以上に緊張しました。
尾原の時も、松岡の時も、金山の時も、我妻の時も、水谷の時も、鹿内の時も・・・。
放送で新人アナウンサーがデビューすることを、我々は「初鳴き」と呼んでいます。
一生忘れることのない「初鳴き」、
田岡は無事、アナウンサーになりました。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

いままでの記事