中京テレビ

2021年02月04日 17時00分

初共演

よく共演する人がいれば滅多に共演しない人もいる・・・。

アナウンサー同士でよくあることです。

1月21日(木)の「ストライク!」で岐阜県知事選挙直前情報をスタジオから伝えてくれたのが、

岐阜支局の高橋重憲記者でした。

高橋記者はアナウンサーとして入社し、その後記者に転身。

さすが元アナウンサー、本番でよどみなく今回の選挙のポイントを解説してくれました。

10年ほど同じ部署で一緒でしたが意外なことに共演はこの日が初めてでした。

本番前、ふと気になったので「もしかして一緒にテレビに出るの初めてだっけ?」と彼に聞くと、

「間違いないですね」。

ということで本番終了後、「じゃあ写真でも」と撮った一枚でした。

2021年01月23日 10時00分

「薄毛芸人発毛プロジェクト」大詰め

「前略、大とくさん」で展開してきたプロジェクトが大詰めを迎えようとしています。

薄毛に悩む芸人を救うための「薄毛芸人発毛プロジェクト」。

いち早くこのプロジェクトに参加した「ロビンフッド」のおぐさん(前列左)は、寂しかった頭頂部に喜ばしい変化が!

おぐさん、会うたびに表情が明るくなっているんです。

そして前回からおぐさんに刺激されて「キャンキャン」玉城さん(後列左)が参戦。

「お笑い芸人としての武器であった薄毛を捨ててでも」との覚悟で始めたプロジェクトでした。

相方のゆっきーさん(後列右)も立会人として貴重な証言をしてくれています。

1月24日(日)午前9時55分からの「前略、大とくさん」をご覧ください。

2020年12月27日 10時00分

初めて本を出版しました

今月、本を出版しました。

「無名の開幕投手 高橋ユニオンズエース・滝良彦の軌跡」(桜山社刊 2,400円税別)。書店や通販で発売中です。

滝さんは、私の母校である南山大学が名古屋外国語専門学校だった時代に硬式野球部で活躍し、地元企業の軟式野球チームを経てプロ入りしたサイドスローの右投手です。

滝さんの8年間のプロ野球生活で、パ・リーグの高橋ユニオンズ(1955年はトンボ・ユニオンズ)でエースとして活躍し、

1954年の新球団船出の開幕戦でプロ初先発。寄せ集めの弱小球団でその年16勝をマークし、チームが存在した3年間で最多の31勝を挙げました。

同僚にスタルヒンや佐々木信也、対戦相手は中西太(西鉄)、野村克也(南海)、榎本喜八(毎日)ら強打者たち。

私は2013年の12月に雑誌の記事でその存在を知り、当時ご存命だった滝さんに初めてお会いしてプロ野球に挑んだ足跡を聞き、以後、親交を重ねました。

2017年、滝さんが亡くなった後は、元同僚やかつての対戦相手を探し取材を続けました。

ご遺族や母校も訪ね、文献や古い新聞を探しに各地の図書館巡りをして執筆を続けようやく形になりました。

「人の縁」、「野球の縁」、「地域の歴史」、「時代背景」。

こんなテーマで書いた初めての著書です。

皆さんに読んでいただければ幸いです。

 

2020年12月25日 15時30分

ストライク!、2021年もよろしくお願いします

12月25日(金)、今年最後の「ストライク!」終了後の一枚です。

ラスト10秒をこの画面で年末のご挨拶をしようと準備していましたが、強盗事件の速報が入りお見せできませんでした。

このブログで来年の告知とともに「皆さん、よいお年を」。

2020年11月08日 21時08分

真夜中に「ソフトボール」をご覧ください!

11月8日(日)、今年の女子ソフトボール日本一を決める一戦が名古屋で行われました。

「第53回日本女子ソフトボールリーグ」決勝トーナメント。

「ビックカメラ高崎BEE QUEEN 対 Honda Reverta」。

ビックカメラ・上野由岐子とHonda・ジェイリン・フォードの息詰まる投手戦、

緊迫感あふれる最終回の攻防を実況しました。

解説は元日本代表監督の宇津木妙子さん。

上野投手が実業団チームに入ったとき監督だったが宇津木さんが当時の話も交えて解説してくださいました。

試合前、ある選手と再会しました。

今年、中京大学からHondaに入った杉本梨緒内野手です。

「中京テレビ杯東海地区大学女子ソフトボールリーグ戦」で取材した彼女がルーキーイヤーの今年、

リーグ戦全試合で先発出場し、打率三割二厘と大活躍。

頼もしい限りです。

この試合で「世界の上野」と初対決。

放送は11月8日(日)深夜2時23分からです。

お楽しみに。

 

 

2020年10月30日 18時00分

「ボイメンジャパネスク」の仕事、初めてやりました。

今夜、10月30日(金)の深夜1時29分から放送の「ボイメンジャパネスク」でナレーターをやっています。

初体験です。

 

スタジオの脇が仕事場です。これから時々この番組から私の声が聞こえますよ。

2020年09月23日 17時00分

「番組MC大集合!」なんですよね?

気になる特番が放送されます。

題して「中京テレビ番組MC大集合!応援!地元の前向き人」。
9月27日(日)ひる12時33分から放送されるのですが、私、ちょっと気になることがあるんです。

先日、この番組の概要がわかったのですが、以下の通りなんです。

■出演者
【PS純金】高田純次/オリエンタルラジオ・藤森慎吾
【ゴリ夢中】ガレッジセール・ゴリ
【キャッチ!】恩田千佐子(中京テレビアナウンサー)
【前略、大とくさん】ビビる大木/スピードワゴン・小沢一敬/大前りょうすけ
【ぐっと】佐藤弘道
【アス友】ヒロミ/ANZEN漫才・みやぞん
【ボイメンジャパネスク】BOYS AND MEN・水野勝&本田剛文
【中京テレビアナウンサー】前田麻衣子/松原朋美/佐野祐子/平山雅/阿部芳美

■番組内容
コロナ禍でも前向きに生きる地元の”前向き人”に中京テレビの番組MCたちが密着!

 

皆さん、面白そうでしょ!

ただね、【ストライク!】が完全無視されています。この理由は説明されていないんです。

だから、【ストライク!】MCの神ひろしアナウンサーと私は納得がいかないんです。【ストライク!】は、確かに地味かもしれません。

でも、もう二年半やっているんですよ。

「番組MC大集合!」なんでしょ?

50歳以上のアナウンサーはダメなんですかね。

あれっ?恩田千佐子アナウンサーは出るぞ!

「大集合!」なんですよね?なんで?

その日?神アナも私も空いてるから「大集合!」できますよ。

需要がないって悲しいよね。

えっ?【ストライク!】いっしょにやっている平山雅アナウンサーと阿部芳美アナウンサーは出るんだ…。

ますます納得がいかないぞ。

先日、番組終了後に悔しさをブチまけたんだけど…。動画見てよ。

「せめて『番組MC 集合』にしろよ。おい、平山!どうなっているんだ?」

怒り心頭の私に平山アナからこんな情報が…。

「特番スタッフから聞いたんですけど、VTRで佐藤さんと神さん、出ているらしいですよ。恥ずかしい場面が…」

へぇ。「恥ずかしい」って気になるけれど、まあ、見るか、家で。

■番組公式HP

https://www.ctv.co.jp/mc/

■15秒PR動画
https://34.gigafile.nu/0923-d31a2cbbb7d47e52aa8e2a8cd79d52041

■番組公式TikTok
https://vt.tiktok.com/ZSaMCUQH/

■生放送中にtwitter連動企画
「#中京テレビ番組MC大集合」で各番組への感想を生放送中にお待ちしてます!

よろしくお願いします。

 

2020年08月01日 10時00分

「コロナ禍」切り裂く拳と会長の夢

久々にボクシングを観戦しました。7月26日(日)、刈谷あいおいホールで行われた興行は、国内で観客を入れて行われた久々の試合とあって、厳重な新型コロナウイルス対策が随所に見られました。

入場者は収容人員の三分の一に絞り「密」を避けた席の配置。リングサイドの本部席に座る関係者はビニールポンチョ着用。リングアナウンサーはリングに上がらずに選手をコール。国歌斉唱は飛沫感染防止のため「起立せず心の中で歌ってください」。

そんな中で行われた日本ライトフライ級タイトルマッチ王座決定戦。名古屋の緑ボクシングジム所属の矢吹正道(やぶきまさみち)選手が自慢の強打で佐藤剛(さとうつよし)選手(角海老宝石ボクシングジム)から1ラウンドに2度のダウンを奪いKO勝ち。見事、日本チャンピオンになりました。

緑ジムにとっては後に世界王者になった飯田覚士(いいださとし)さん以来、26年ぶりの日本王者の誕生です。飯田さんが日本タイトルを獲った試合は私が実況しました。中京テレビが初めて自社制作したボクシング中継だったのです。

3年後、飯田さんは世界王者に上り詰め、その後、戸髙秀樹(とだかひでき)さんも緑ジムから世界を制しました。二人の世界王者を育てた松尾敏郎(まつおとしろう)会長(左)は「矢吹は飯田・戸髙以上の逸材」と久々に世界を狙う選手が出てきたことに手ごたえを感じています。

松尾会長は去年、大病を患いましたが克服して現場復帰。72歳の今も選手に寄り添い夢を追う姿は変わりません。矢吹選手の強打が大舞台で炸裂する瞬間はいつ来るのか?

8月2日(日)午後4時55分からの「スポーツスタジアム☆魂」ではこの日の試合の模様を交え、矢吹選手の魅力を紹介します。

 

2020年07月31日 0時01分

ササシマでVRを体験

中京テレビ本社がある「ささしまライブ」に「XR AMUSEMENT SASASHIMA」がオープンしました。

VR(バーチャルリアリティー)を使ったエンターテインメントです。

ライド型のものは取材で体験したことがありましたが、自由に歩くスタイルは初めて。

神ひろしアナウンサー、松岡陽子アナウンサーと三人で「怪士奇譚」(あやかしきたん)というホラーアクションにチャレンジしました。

ゴーグルを装着すると妖しげな世界に誘われ、同時に目の前にさまざまな災難が現われ三人の行く手を阻みます。

それらを撃破して進むのですが・・・。

苦闘している姿は落としたコンタクトレンズを探しているようにも見えますが、

スリリングな戦いの最中なのです。

皆さんも是非やってみてください。

1~3人まで同時に楽しめます。

BOYS AND  MENともバーチャルで会えます。

 

2020年07月24日 18時30分

恩田アナウンサーの乳がん体験が本になりました

中京テレビが2018年に立ち上げた「ススメ」プロジェクト。乳がんで悲しむ人を一人でも減らそうと検診やセルフチェックの大切さなどを放送やイベントで啓発してきました。今回その書籍版として「一歩先へススメ」が丸善出版から発売されました。

「キャッチ!」のメインキャスターで乳がん治療を経験した恩田千佐子アナウンサーは「ススメ」プロジェクトアンバサダーとして自らの体験をこの本の中で語っています。恩田アナは番組で闘病の経緯を発信してきました。本書ではそれだけでなく、恩田アナの生い立ちから家庭と仕事を両立させて第一線で活躍し続ける現在までの経験や人生観を語り、彼女を支えた家族や職場の仲間たちの思いも記されています。

聞き手を務めたのはコーポレートコミュニケーション部の安部まみこ副部長。かつて「おめざめワイド」のキャスターとして長く活躍した元アナウンサーです。9年間、過酷な早朝番組を病欠ゼロでやりきったタフで努力家の彼女が、検査や治療方法、治療後の仕事との両立など、乳がんを取り巻く現状についてあらゆる角度から取材し、わかりやすさにこだわってまとめあげた力作です。

先日、「ストライク!」で恩田アナが「ズバッと!ランキング」のコーナーに出演し本を紹介しました。恩田アナと私は1990年入社の同期です。彼女が入院する少し前に、系列局の同期アナを交えて食事をした際、「今度、乳がんの手術を受けるの」とこともなげに話していたことをふと思い出しました。いつもの明るい口調でしたが不安だったのだと思います。

あれから3年、皆さんに読んでほしい本ができました。



カレンダー

2021年2月
« 1月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

カテゴリー

いままでの記事