中京テレビ

2019年09月24日 10時00分

映画「任侠学園」出演者インタビュー

9月27日(金)公開の映画「任侠学園」。

「社会奉仕がモットー」という弱小ヤクザ「阿岐本(あきもと)組」が倒産寸前の私立高校に乗り込んで再建に着手するというユニークな任侠映画です。

先日、西島秀俊さん、伊藤淳史さん、葵わかなさんにインタビューする機会に恵まれました。

この作品で、西田敏行さんとのW主演となる西島秀俊さんは阿岐本組の兄貴分を演じ、ハードなアクションシーンもこなし作品の出来栄えに満足そうでした。

その子分役の伊藤淳史さんは共演の池田鉄洋さんから容赦なく引っぱたかれる場面が多く「『本気でやらないと』と言われて…。痛くって」と笑わせてくれました。

学園一の問題児という役柄の葵わかなさんは「自分の高校生活とはかけ離れたキャラクターでした」と振り返っていました。

三人とも、撮影中に突然飛び出す西田敏行さんのアドリブに戸惑ったそうですが、「撮影終了後に開かれる反省会が連日盛り上がりました」とチームワークのよさを強調していました。

 

 

2019年08月23日 12時00分

今年も開催、日本福祉大学の「ドミノ」!!

8月24日(土)・25日(日)は「24時間テレビ42」。

今年も中京テレビでは恒例企画「日本福祉大学のドミノ」を放送します。

既に収録を終えましたが、約13万枚のドミノが約16分にわたっていろんな仕掛けを倒しながら進む様子は壮観です。

2000年からスタートしたこのイベントは13年連続17回目の開催。

私が実況するのは2年ぶり9回目です。今年は開始直後にアクシデント発生!

スリリングな展開となりました。

学生たちの熱意と工夫。「倒す芸術」の面白さをご堪能下さい。「全力ドミノ~ひと夏をかけた13万枚の挑戦~」。放送は8月25日(日)午前11時27分からです。お楽しみに。

2019年07月17日 15時00分

ゲストは「百獣の王」

7月17日(水)の「ストライク!」はゲストを迎えてお送りしました。

なんと「富士サファリパーク」からライオンの赤ちゃんがPRに来てくれたのです。

生後1か月のメスのライオン、名前はまだありません。

本番中に哺乳瓶でミルクをやったら見事な吸いっぷり飲みっぷりでした。

本番終了後、スタジオは撮影会場に。

現在頭からしっぽまで体長45cmほど。大人になったらその5倍になるんだとか。

 

2019年07月08日 10時00分

中川翔子さん

先日、映画「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」で主題歌「風といっしょに」を歌っている中川翔子さんにインタビューしました。

お会いしたのは初めてでしたが、想像通りとても素敵な方でした。どんな質問にも真摯に考えて、的確な言葉を選んで、流暢に「ポケモン愛」を語る中川さん。

とても楽しい時間でした。シリーズ22作目となる「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」は7月12日(金)公開です。

 

2019年06月12日 16時00分

ようこそ!桑名市立光陵中学校の皆さん

6月12日(水)の「ストライク!」本番前のスタジオに桑名市立光陵中学校の二年生4人が「メディアリテラシー授業」で来てくれました。

プロのカメラマンに教わってカメラを操作し仲間を撮影。映す側も映される側も緊張しながらのテレビ番組制作を体験しました。

カメラマンは「初めてにしてはみんな上手いなぁ」と感心していました。そのままリハーサルでも中学生がカメラマンとしてスタッフに混じるという実戦的で貴重な職場体験になりました。

2019年06月06日 15時00分

ようこそ!豊橋市立東陽中学校のみなさん

6月6日(木)の「ストライク!」。本番前のスタジオに豊橋市立東陽中学校2年生の6人が「メディアリテラシー授業」で見学に来てくれました。

この日は、スタジオの一角にある天気予報のコーナーで「キャッチ!」や「前略、大徳さん」でおなじみの気象予報士・石橋武宜さんが中学生に「お天気キャスター」を体験させてくれました。

「天気図と合成した画面で指し棒を使うのは意外に難しいんだよ」。画面の合成にはスタジオの一角で緑色の部分が抜けるシステムを使います。緑色の壁を背景に緑色の布を持ち、名古屋の街を写す情報カメラの映像と合成すると、こんな風に中学生は名古屋上空に現れます。本番直前のスタジオは、中学生の眼にはどう映ったのかな。

画面に緑色が映らないシステムを使います。
緑色の壁の前で緑色の布を持ってもらい情報カメラの映像と合成すると、中学生が名古屋上空に現われたように見えます。

本番前のスタジオの様子は中学生の眼にはどう映ったかな。

 

2019年06月01日 19時23分

「まつり」から離れてココにいます!

「中京テレビまつり2019」にお越しいただいたみなさん、ありがとうございます。

私は東京出張中のため残念ながら6月1日も2日も参加できません。

東京ドームの巨人中日戦でベンチリポートの仕事です。


試合前にストレッチする中日・ビシエド選手(左)とロドリゲス投手。

6月最初の試合、二人は明暗分かれたのでした…。

 

2019年05月24日 16時30分

ようこそ!下呂市立下呂中学校のみなさん

5月22日(水)、「ストライク!」のスタジオに


下呂市立下呂中学校の2年生6人が「メディアリテラシー授業」で来てくれました。


天気予報で使うスタジオの一角で画面を合成するシステムを体験。

緑色の部分が消えて6人が情報カメラの映像の中で浮いているように映ります。

テレビの仕組みに実際触れて興味を持ってくれたら嬉しく思います。

岐阜県下呂市から泊りがけで来てくれた皆さん、中京テレビの後は名古屋市科学館に向かいました。

 

 

 

2019年05月11日 19時00分

中京テレビ杯⇒日本女子ソフトボールリーグ

今日、5月11日(土)、豊田市運動公園野球場で開催された「第52回日本女子ソフトボールリーグ1部 豊田大会」。

明日、5月12日(日)午後4時55分からの「スポーツスタジアム☆魂」で特集するデンソーブライトペガサスの新人内野手・吉田彩夏選手のプレーを見てきました。東海学園大学をこの春卒業し、新生活が始まった吉田選手。大学ソフトボールの東海地区のリーグ戦・中京テレビ杯で去年まで大活躍でした。リーグ戦開幕から6試合目、ここまで全勝のデンソーでルーキーながら8番サードでスタメン出場。練習で軽快に動いていた吉田選手はこの日、3度の守備機会で難しい当たりも確実に処理してチームの6連勝に貢献しました。ただ、打撃では未だリーグ戦ノーヒット。この日も見逃し三振と四球で第3打席は代打を送られました。「打席で今、体がうまく動かせなくて…」と悩みも口にしていました。しかし、先発起用にチームの吉田選手に対する期待の大きさがわかります。この日も勝利したデンソーはリーグ戦首位をひた走ります。

対戦相手のNECプラットフォームズRedFalconsにも中京テレビ杯で最多優勝を誇る中京大学から2人が新入団。速球派の寺澤小百合投手と足の速さがウリの知見美乃利外野手です。今日は出番のなかった2人でしたが、試合後もスタンドで他チームの試合を真剣に観戦していました。
(写真左が寺澤投手 最前列の青いシャツが知見選手)

「会社では朝8時半から12時半までパソコンで事務仕事。午後は練習です」。会社員として、実業団選手としてスタートしたばかり。  今年、2部リーグから上がってきたチームに新風を吹き込みます。

 

2019年05月09日 16時00分

中京テレビ杯大学女子ソフトボール報告

5月5日(日・祝)、この地方の大学ソフトボールのリーグ戦、春の中京テレビ杯の最終戦が行われました。

場所は豊田市運動公園ソフトボール場。春の大会は2回戦総当たりで行われ、1部リーグは中京大学が東海学園大学を1-0で破り39回目の優勝を全勝で飾りました。試合を優勢に進めていたのは東海学園大学でしたが、6回にバッテリー間に上がった飛球を投手・捕手・一塁手・三塁手の4人が捕ろうとして落球し走者が生還。タイムリーエラーが決勝点となりました。それにしても、中京大学・丹羽萌投手のチェンジアップと東海学園大学・山田玲菜投手の速球が冴えわたる素晴らしい投手戦で緊張感のある好試合でした。(優勝 中京大学)
(準優勝 東海学園大学)

(3位 星城大学)

上位3大学の文部科学大臣杯第54回全日本大学女子ソフトボール選手権大会(8月30日~9月1日・安城市総合運動公園で開催)への出場が決定しました。

さらに、1部2部入れ替え戦では2部の常葉大学が岐阜協立大学を延長9回(タイブレーカー)7-6という大熱戦を制して1部昇格を決めました。2005年秋季では2位になったことがありますがその後低迷。近年2部の常連でしたが、久々の昇格に大矢隆二監督も「いつ以来の1部かわかりません!」と興奮気味。「秋に2強と対戦できるんですね」と喜んでいました。

彼女たちの今後の健闘に期待です。また、去年までこの大会で活躍した東海学園大学卒業の吉田彩夏選手は日本女子ソフトボール1部リーグのデンソーブライトペガサスで奮闘中です。

5月12日(日)午後4時55分からの「スポーツスタジアム☆魂」で吉田選手を特集します。ぜひご覧ください。

 



カレンダー

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

いままでの記事