2010年10月10日 18時41分

鞍馬山ケーブルは可愛い

鞍馬山ケーブルは初詣客もまだまだ多い
平成16年1月11日(日)に乗りました。
●「山門」発12:10頃

とにかく人が多く、
この写真が比較的『顔』の写っていない方だったので
こうしてUPしました。
●本当はケーブルカー全体が分かる写真にしたかったのですが
 とてもとても…。
 何で初詣の時期に乗りに来てしまったのだろうと
 後悔先に立たず。

運営者は「宗教法人鞍馬寺」で、「山門」「多宝塔」間の
0.2キロ(要は200メートル)というキロ程は
日本で一番短い鉄道です。(乗車時間約2分)
軌間が800ミリ(日本ではここだけ?)ということでも
有名なこのケーブルですが、
お寺の維持費を寄付することで運賃が無料ということでも
知られていますね。

私は登りでこのケーブルを使い、
帰りは歩いておりましたが、あまりにあっけない距離で
「えっ、たったこれだけ?」と思ったくらいです。
でも、登りはケーブルを使ってよかったとも思いました。

小さな小さなこのケーブル、比較対象にはならないでしょうが
スイスのナローゲージの登山鉄道のような愛らしさを
感じました。
(まあ、このケーブルもナローと言えばナローですね)

ところでこの日、鞍馬寺で何をお願いしたかは
すっかり忘れています。

2010年10月10日 8時00分

天橋立、ケーブルカーのついでのモノレール

再び、天橋立の続き。

天橋立にはモノレールもあります。
と言っても公共の交通機関ではなく
『天橋立ビューランド』という観光施設の乗り物です。
●ここは天橋立の「絶景+遊園地」が楽しめる
 ファミリー向けの施設となっており、
 ふもとから頂上までの“足”として
 このモノレールがあります。
 またモノレールに平行してリフトもあり
 これは天橋立ケーブルカーと同様ですね。

観光施設の乗り物とはいえ、ちゃんとしたダイヤもあり
運転間隔は20分毎。
その時刻も駅(と言うのかな?)に掲示してありました。
1編成の定員は16名。
規模は小さいですがなかなかの優れもので
「鉄」心をそそりました。
この日(平成18年9月24日)乗ったモノレールは
満席だったと記憶しています。

『天橋立ビューランド』は、丁度、天橋立ケーブルカーとは
天橋立を挟んで反対側にあり、
私はここでも「股のぞき」をしました。
ここの宣伝をしても何の得も無いのですが
「モノレール」があるから行った施設ではあるものの
天橋立の俯瞰の絶景を楽しむならここも“あり”だと思います。

(告白)
実は私、このモノレールで往復しておらず
上りはリフトでした。(これが結構気持ち良い)
まあ、片道乗ればOKですよね。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2010年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!