2014年04月12日 16時40分

1974年(昭和49年)の名古屋市電、桜山にて。

名古屋市電の「桜山町」。ここの電停はその後「市立大学病院」と名前を変えて晩年を迎えましたが、私にとっては最後まで「桜山町」でした。写真はその廃線が間近に迫った頃のもので、残念ながら撮影日が分かっていません。M4-1_5

雨の日を狙った撮影ではなく、撮影しようと思った日がたまたま雨だったのだと思います。

M4-1_8

桜山町は当時、交通の要衝で、市電と市電だったり、市電とバスを乗り継ぐ人が多くいました。そうっ、かくいう私もその一人でした。またそれだけではなく軒を並べた商店街にも活気があふれいつも多くの人が行き交っていました。ここからほど近い市場では「鮒味噌」を売っていて、たまに母が買ってきてくれたのがいい思い出です。

M4-1_9

雨の日は安全地帯で傘をさして待つことになったのですが、トラックやバスは電停から少し離れて走っていたのか、私の中ではあまり圧迫感を感じた記憶がありません。

ところでこれらの写真は50ミリレンズで撮影しています。標準レンズとはよく言ったものでとても自然な感じで写っています。最近はすっかりズームレンズに慣れ、標準といわれる画角で撮影した写真が殆どありません。ワイド端か望遠を選ぶことが殆どですのでかえって新鮮な気分でこの写真を見ています。

2014年04月11日 19時57分

1970年(昭和45年)の名古屋市電、公園線。

 

M3-4_1

1970年(昭和45年)に廃止になった鶴舞公園~老松町~新栄町~平田町の区間。

写真の3系統は名古屋駅前~六反小学校前~鶴舞公園~新栄町~平田町~大津橋~名古屋駅前という古い名古屋の街を一周する循環系統でした。

M3-4_5

こちらは80系統は、上飯田~大曽根~新栄町~水主町~八熊通を結んでおり、私の中では比較的マイナーな路線でしたが、名鉄小牧線の終点、上飯田から名古屋市内各所を結ぶ系統の一つというイメージがありました。

M3-4_7

新栄町を上飯田方面に折り返す臨時系統。今回、フィルムをスキャンし、改めてこうして見ると何かと発見があるものです。

M3-4_8

鶴舞公園~新栄町~平田町の区間は、名古屋にしては道路幅が狭く、これで周りが商店街なら昭和版トランジットモールですね。私は名古屋市電は限られた区間しか乗っておらず、ここも実際に乗ったかどうかが怪しいところです。今思えば「トホホ」です。

M1-4_23

鶴舞公園の名古屋市電。この写真は撮影日がわかっていません。ただ鶴舞公園~平田町間が廃止になった後であることは線路から見て取れます。もっともこの写真を今日UPしたのは、2000形の美しさがその理由です。この写真は既に40年以上前の撮影ですが、ご覧の通り電車のデザインは現代にも十分通用すると思います。そしてその性能も当時としては最高水準でした。惜しむらくは私がこの電車を日常的に乗ることが無かったことです。今池~桜本町一丁目の系統にこの電車が走ることはありませんでした。(記憶違いでなければ…)

2014年04月10日 20時57分

1971年(昭和46年)の名古屋市電、広小路通り。

1971年(昭和46年)1月31日、名古屋の目抜き通りである広小路通りから市電が消えました。

M2-2_18

車に埋もれるように電車に掲げられた横断幕が、一抹のわびしさを感じさせます。

M2-2_21

電車の通行帯にお巡りさんがいることから、市民の安全のために動員されていたものと推察されます。

M2-2_23

安全地帯にあふれる人たちが、いつもの利用者かそれとも名残乗車かは今では知る由もありませんが、なぜか行きかう車にも時代を感じるのは私だけではないでしょう。

M2-2_34

今日の最後の写真は納屋橋界隈。この風景が今どうなっているか定点観測をしてみたいという気持ちはありますが、40年以上も経っているとはとても思えない自分が不思議です。

2014年04月09日 20時53分

1972年(昭和47年)10月15日の名古屋市電・花電車。

1972_10_15名古屋市電・花電車_3

このブログで既に掲載している写真(2012年9月2日UP)です。

昨日UPした花電車が撃沈していたのは現像するまでもなく予感がしたので、2日後の10月15日に再度挑戦しました。そして2年前の2012年、名古屋市交通局主催の「市営交通90周年」の写真募集で、この写真で優秀賞を頂いた記念の1枚です。(こんなことをしていたから浪人した・・・)

1972_10_15名古屋市電・花電車_6

こちらは同じ日に場所を変えて撮影したものですが、手元に撮影場所のメモが無く、かつ前後の写真を見ても現時点でたどれず、撮影場所は不明です。そのうちに名古屋市電に詳しい知人から連絡が入るものと期待しています。

何故場所が分からないかというと、各撮影ポイントでは2~3枚撮れれば良いほうで、場合によってはそれこそ一発必中で望んでいたことと、更に花電車を撮影後に追いかけて、更に追い越して撮影するなどの術を持たなかったことによります。

もう少し回りが明るく写っていればは分かったと思いますが…。、

混在(2) _90

 最後に桜本町一丁目で撮影した一枚。場所は間違いないのですが、撮影日のデータがなく撃沈の一枚です。多分、同じ年だと思うものの、申し訳ありません。とりあえずこれで花電車はお終いです。これだけしか私のアルバムには残っていませんでした。

 

2014年04月08日 20時25分

1972年(昭和47年)10月13日の名古屋市電・花電車。

今日は花電車です。

1972_10_13名古屋市電・花電車_1

場所は多分、桜本町一丁目~笠寺西門あたりです。

1972_10_13名古屋市電・花電車_7

大手のメーカーの花電車が続いて走っていた時代もあるんですね。

1972_10_13名古屋市電・花電車_8

車のヘッドライトの多さが市電の終焉を物語っているのかもしれません。

ところでこの日は、何枚もの写真を撮影していますが、三脚を使わない手持ち撮影だったこともあり、殆どの写真はブレブレでこの3枚以外はとてもお見せできるものではありません。また、電飾だけははっきり写っているのですがそれ以外は全て撃沈。今のデジタルカメラならもっときれいに写っていることでしょう。それもまた時代です。

(追伸)

久しぶりであったり、毎日このブログをご覧にならない方へのお知らせ。4月1日から中京テレビのHPが刷新されています。このブログも、中京テレビHPのトップページ~ブログ~といった手順で入ると1回分しか表示されません。以前にアップした分をご覧になる方は、1度このページに入っていただき、右下にある「今までの記事」~例えば「4月」をクリックしていただくと4月分がまとめてご覧いただけます。お手数をおかけしますがよろしくお願いします。

2014年04月07日 20時22分

1972年(昭和47年)2月29日の名古屋市電。

1972年(昭和47年)2月29日を最後に、名古屋駅前から市電が姿を消しました。

1972_02_29名古屋市電_10

1972_02_29名古屋市電_4

※この写真は露光ミスですね。

当時の私(高校生、浪人が決定した頃?だと思う)は、「鉄道が好き」ではあったものの、熱烈な鉄道ファン(当時の言い方。今なら「鉄っちゃん」「鉄オタ」といったところ)とまでは至っていませんでした。同級生にはバリバリの撮り鉄や模型鉄はいたもののその足元にも及ばないというか、それでも何となく写真は撮っていました。ただロケハン(事前の場所の下見)したりとかすることも無く漫然とその場その場で写真を思いついたら撮る程度でした。

1972_02_29名古屋市電_15

1972_02_29名古屋市電_18

 同じ日の「鶴舞公園」。当時は「乗り鉄」本格稼動以前の、私にとって穏やかで緩やかな「鉄」時代で、鶴舞公園を通る路線も殆ど乗った記憶がありません。

話しは飛びますが、自宅のあった桜本町一丁目から上前津・矢場町・栄方面には「31系統」があったにもかかわらず、いつもならバスを利用しており、まして「鶴舞公園」はそこが目的地でなければ殆ど来ることどころか通り過ぎることもありませんでした。そうっ!近くて遠い場所だったのです。

 でも最後だから・・・そんな理由でここに来ました。

2014年04月05日 22時29分

名古屋市電の系統板。

何はともあれ、今日はまずこの話題でしょう。

今朝、『三陸鉄道』のHPで確かめたこの文字。

「南リアス線は盛~釜石間で平常通り運転しています。」

2014年4月4日 金曜日

3年という長い時間はかかりましたが、やっとここまで来ました。

明日になれば

「北リアス線は宮古~久慈間で平常通り運転しています。」に出会えます。

続いては名古屋市電の系統板。

IMG_0238

IMG_0237

4年前の2010年(平成22年)3月16日にUPした写真ですが、リンクを貼らずここに掲出しました。また本文も変わり映えしませんがご容赦ください。「33系統」は東新町~高辻~市立大学病院~新瑞橋~港東通を結んだ系統で、「35系統」は名古屋駅前~鶴舞公園~高辻~市立大学病院~新瑞橋を結んでいました。私は高校生の時、市立大学病院~桜本町一丁目間を毎日利用していました。そのため「33系統」は利用できる系統でしたが、この系統はその区間を走っていた「31系統」「61系統」に比べ本数は少なく、利用の機会は実際にはあまりありませんでした。ただそれでも分かったのはこの系統を始発から終点まで乗り続ける人はきっといなかったであろうということ。たとえが分かりにくくて申し訳ありませんが、名鉄電車が名鉄名古屋駅でほぼお客が入れ替わるようなもので、東新町~新瑞橋の路線と市立大学病院~港東通の路線の2系統が1つになったような感じでした。だから本数が少なかったのかも知れません。ところでこの写真「33」と「35」の関係ですが、1枚の系統板の裏表です。

それもともかく全ては思い出の彼方の出来事です。

2014年04月04日 20時39分

名古屋市電廃止から40年。

M4-1_24リサイズ

M4-1_35リサイズ

今から40年前の昭和49年(1974年)3月31日、名古屋の町から市電が消えました。

私にとっては子供の頃からズーっと乗り続け、特に高校の3年間は毎日お世話になりました。写真はその最終日に撮影したもので、「昭和町」からのお別れ電車に乗り、敢えて終点の「市大病院」まで行かずに当時の自宅があった「桜本町一丁目」で下車し、その電車を見送りました。

ただ私は市電の写真をあまり残していません。私にとって市電が名古屋市内を縦横に走っていた頃はまずは「カメラを持つ」というハードルがあった上に、フィルム代、現像代、プリント代と収入の無い中学生・高校生には時代を写す術が限られていました。それでも全く撮影していなかったわけではなく、数少ない写真の中からピックアップした「名古屋市電」の話しをさせていただきます。しばらくお付き合い下さい。

2013年02月04日 21時27分

2013年版/豊橋鉄道の運転体験&「おでんしゃ」(8)

皆さんは『ブラックサンダー』というチョコレート菓子をご存知でしょうか?コンビニではよく見かけるので、若い方にとっては馴染みがあるでしょうが、私の年代では知らない人が多いかも…。ということで今回は、「おでんしゃ」の帰りに買った豊橋土産の話しです。

この『ブラックサンダー』は、メーカーの有楽製菓のHPによれば1994年の同社豊橋工場の社員が開発したそうです。ということでこの箱は豊橋駅のキヨスク限定で発売されている「豊橋銘菓 ブラックサンダーミニ」(740円)。そうなんです、このお菓子は豊橋の新しい顔としてヒット商品となっているそうです。

『ブラックサンダーミニ』のパッケージにはまず路面電車が目につきますが、それだけではなく豊橋の名所が数々描かれています。個袋も同様で、さすが豊橋名物の名に負けていません。

ところで「豊橋銘菓 ブラックサンダーミニ」は豊橋工場で作られていますが、それ以外の「ブラックサンダー」シリーズはどこで作られているのでしょうか?

まず一番上の「まんじゅう」は札幌工場製。

中段左側にあるのが通常の大きさで本社工場。

右側が豊橋工場製「豊橋銘菓 ブラックサンダーミニ」で、下段はホワイトチョコ味の「ちびサンダー」は札幌工場製です。ブラックサンダーは豊橋だけで作られているのではないようです。

2013年02月03日 20時53分

2013年版/豊橋鉄道の運転体験&「おでんしゃ」(7)

「おでんしゃ」のラッピングの変遷。

こちらは2011年2月5日の16:46に撮影した「おでんしゃ」3203号。ここ「運動公園前」停留所付近は交通量が多く、またこの写真を撮っているところに信号もあることから、道路を挟んだこの角度の写真は結構粘らないとGETできません。この写真でも右端に車が写っています。

同じ場所での2013年1月26日16:42撮影の一枚です。同じような時間で車体のベースの色が違って見える理由は日の加減とカメラの違いと2年の歳月によるものでしょうか?

でも車体のベースカラーの変遷が今回のテーマではなく、ラッピングのデザインの変遷がポイントです。よく見ていただければ違いは分かってもらえると思います。ここでは2011年と2013年では結構変わっています。

それでも変わらないのが「おでんしゃ」の提灯。同じものを使っているかどうかまでは分かりませんが、少なくともデザインは同じに見えました。

「駅前」には17:21に到着。参加者の皆さんとそこでしばし歓談し、2次会の会場に向かいがてら後ろを振り向いたら「おんでしゃ」の赤提灯が印象的でした。

 



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2019年11月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!