2020年02月15日 22時38分

鉄道フェスタ2020(6)愛知環状鉄道。

2020年3月20日・21日で開催を予定しておりました「鉄道フェスタ in Aichi Sky Expo 2020」は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止およびお客様の安全を考慮し、中止させていただくこととなりました。
尚、ご購入いただいたチケットの払い戻し方法については、後日下記リンク先の本イベントの公式ホームページにてご案内させていただきます。

なお、本イベントの紹介をしております拙ブログにつきましては、そのまま残すこととしました。

何卒、ご理解ご了承の程、宜しくお願い致します。

鉄道イベント「鉄道フェスタ IN AICHI SKY EXPO 2020」にご協力頂いている鉄道事業者さんの紹介、今日は愛知環状鉄道です。

この写真は愛知環状鉄道に勤務されている方の撮影によるもの。沿線を知り尽くしているだけあって、流石の写真ばかり。まずはその一部を紹介。

私は、実はこの方の写真に出会って、愛知環状鉄道にも四季があることを恥ずかしながら知りました。

まあ私の勝手な思い込みによるものですが、見るべき風景はあまり無かろうと窓外に目を向けることはありませんでした。しかし移ろう季節は通勤客が多いと言われる路線にも、確かにありました。

朝から夜まで、それぞれの季節のそれぞれの時間に、その日その日の太陽の動きがあり、それを知ればこんな瞬間に出会えるのです。

雪が降れば、雪中をひたすら乗客を乗せて走る姿に目を向ける。

身近な電車の、身近な風景。でも一瞬の切り取り方で随分印象は変わるものです。愛知環状鉄道にもう一度乗り直してみようと今、思っています。

1988年の100系電車のパネル。2005年に廃車となった電車のパネルが今も愛知環状鉄道には残されています

※なお今回のイベントでは2000系のパネルを出してもらう予定です。

今、「お宝」コーナーではこの「30周年ヘッドマーク」と「岡本場」を展示予定。「岡本場」って何?会場で愛知環状鉄道の方に聞いてみて下さい。

グッズ販売では、今販売しているものの他にも色々思案中。

さて最後に紹介するのは100系電車に取り付けられていた社章。乗務員用扉と旅客用乗降扉の間に取り付けられていたもので、ずっしりと重みを感じました。会場では持っていただけないのが残念ですが、見るからに重みを感じることは出来ます。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2020年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!