2020年08月02日 19時56分

長浜鉄道スクエア。『鉄道写真家“清水 薫”追悼写真展「滋賀・琵琶湖を巡る鉄道風景」』

この6月19日、滋賀県長浜市にある長浜旧駅舎が日本遺産に認定され、今、長浜鉄道スクエア(長浜旧駅舎、長浜鉄道文化館と北陸線電化記念館の3施設)ではそれを記念し、ミニタオルなどを配布しています。

日本遺産は以前、四国の「森林鉄道から日本一のゆずロードへ ─ゆずが香り彩る南国土佐・中芸地域の景観と食文化─」を回ったことがあります。それは2017年(平成29年)5月28日(日)のこと。

日本遺産の件は出かけてたまたま知ったのですが、今日この場所を訪れたのは鉄道写真家「清水薫」さんの追悼写真展を見るため。
清水さんとは5年ほどのお付き合いで、清水さんの写真教室の生徒さんやお仲間の方たちとの年に2回の呑み会(夏のビヤガーデンと冬の宴会)は私にとって、大きな楽しみでした。
また清水さんが講師の撮影ツアーに参加したこともあり、それも不本意ながら思い出になってしまいました。そう言えば鉄道カラオケも行ったっけ。
56歳の突然の死。4月2日の夕方、知人からのメールで知りました。
会場には奥様がおられ、「その日の朝はいつものあの笑顔があった」とのことで、、、話をするうちに互いに言葉がつまってしまいました。
昨年は清水さんの生徒さんと撮影行に出かけたりもしており、これも清水さんの人柄が紡いでくれた縁だと思っています。
清水さんの鉄道写真、好きでした。特に地元滋賀県を舞台にした写真は歩きつくしたからこそ撮れるものばかり。中でも花火の写真(分かる人はきっとうなづいてくれると思う)が私のお気に入り。
合掌。


ADVERTISEMENT

カレンダー

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!