2020年08月16日 23時49分

1973年(昭和48年)の越後交通。

昭和50年3月31日。新潟県のナローの鉄道がその姿を消しました。

越後交通栃尾線。もともと悠久山(新潟県長岡市)~長岡(国鉄との接続駅)~上見附(新潟県見附市)~栃尾(新潟県栃尾市⇒長岡市に編入)を結んでいたのですが、私が訪れた昭和48年12月28日の段階では、長岡~上見附を除く廃止されていました。そして写真は当時の終点、上見附駅です。

地方私鉄にあって、その姿は都会の電車に負けていないと私は当時思いましたが、今こうして改めて見ても、派手さはないもののすっきりとした好ましいデザインが素敵です。

越後交通の写真で一番のお気に入りがこれ。豪雪地帯のローカル私鉄の雰囲気を感じとって頂けると思います。それにしてもこの年は年末に結構な量の積雪がありました。ところでこの日、栃尾線が定時で運転されていたかどうかのメモが私の手元にないので確たることは書けないのですが、それでも上見附まで平然と往復しているので、通常運行であったことは間違いありません。

ED51。ナローと言うこともありますが、こじんまりとしてとても可愛らしい印象でした。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2020年8月
« 7月   9月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!