2021年05月24日 16時00分

名古屋市営バスのレトロカラーバス。

今日は鉄道ではなく市バスの話。

5月17日(土)の鉄道模型講座の帰り道。名鉄「神宮前」駅というか市バスの「神宮東門」で「レトロカラーバス」を見かけました。私は車に乗っていて信号待ち中。慌ててスマホでこの1枚を撮影しました。

名古屋市交通局のウェブサイトによりますと

●令和元年6月18日から12月までは「幹栄2(栄起点 笹島町経由 新大正橋西終点)」「栄21(栄起点 金山経由 泉楽通四終点)」

●令和2年1月から3月までは「幹星丘2(星ケ丘起点 牧の原経由 地下鉄植田終点)」、「(星ケ丘起点 西里町五(左まわり)経由 星ケ丘終点)」

●令和2年4月から令和3年3月までは如意営業所

そして今年の4月から1年間は中川営業所ということで、ようやく私の目に留まることになったようです。

わざわざ撮影にしている知人もいますが、私にとってこれまではご縁の薄い場所ばかり。もっともこれからも出会うチャンスは宝くじに当る確率と同様だと思っています。

それでもこうして出会えたのは素直に嬉しい限り。出来れば一度乗ってみたし。

昭和50年代の復刻塗装。遙か彼方の記憶を呼び戻しています。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2021年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!