2019年10月04日 22時45分

大井川鐡道生ビール列車、三等車。

ハロウィン仕様のHIROを横目に、生ビール列車は19:30に出発。それにしてもISO 12800の力は凄い。

日本国内で三等車が現役なのはここ大井川鐡道だけ。そしてその三等車に乗りたい人が全国からやってくる。は、大げさかもしれませんが、少なくとも名古屋から1人は来ています。

三等車の出入口は手動。「走行中に開けてはいけません」これ、常識。もっともそのその昔のラッシュ時は、車内に入れないどころか、この写真に写っている手すりにつかまり、ステップに足を置いて身体は車体の外!なんという経験もある昭和オヤジの私です。

もっとも私が知っているのは電化区間ですが、蒸気機関車が牽く列車で、なおかつ沿線にトンネルがある場合は、軍手が必須だったのではないでしょうか?何故っかって、言うまでもなく、手すりが煤で真っ黒だったからです。

20:44に新金谷駅着。乗継列車は20:50発で金谷駅着20:54。その乗継列車の吊り革はTOKYU!

2015年から運用を開始し、今はもうすっかり大井川鐡道に馴染んだ感ありの東急7200系。
私ではなく、今回のお仲間の乗車券。連絡切符が新金谷駅で発行可能ということもあり、わざわざこれを購入して帰ります。以前から知ってはいるものの私は買った経験なし。

2019年10月03日 22時42分

大井川鐡道生ビール列車、千頭駅。

新金谷駅を18:00に出た生ビール列車は19:13に千頭駅着。早速機回し。

機関車が牽引する列車だけの風景。夜の帳が下りた中、より風情を感じます。

この時間に千頭駅にいるのは生ビール列車の乗客だけ。

車輪をモチーフにした改札の扉。

南アルプスあぷとラインは既にこの日の運転は終了しており、静かに翌日を待っている。

HIROと旧型客車。結構似合っていると思うのだけど如何でしょうか。

2019年10月02日 23時15分

大井川鐡道生ビール列車、オハに机がついた。

大井川鐡道の話題を一週間ぶりに投稿。9月14日の大井川鐡道撮影行は昼の部で、夜の部は「生ビール列車」。毎年とまでは言わないまでも今回で5回目の参加。いつもの幹事さんが毎年頑張って予約してくれており、今年も無事乗車。

E101が牽く客車列車。蒸気機関車が牽く列車はここ大井川鐡道も含め全国にあり、またディーゼル機関車が牽く列車もあります。しかし意外とないのが電気機関車が牽くと分かっていて乗れる列車。そうそうあるものではありません。

ところで生ビール列車名物、千頭駅側に連結されているオハが今年からその席が販売されることになり、「机」が用意されているとは聞いていたものの9月6日のスタート以来、その様子が全くネットに上がってこない。

そして少しだけドキドキしながらオハフ33215に乗車。

座席の販売は1ボックス1人と聞いていたのですが、料理とコップの準備は1ボックスに2つずつあり。まあ妥当な配置でしょうが、これがもしも本当に1ボックスに1人ならば仲間との距離が遠く、ものすごく寂しい生ビール列車になるところでした。ところで机は固定式ではなく簡易な組立式。机と料理・コップの間にあるのは滑り止めでさもありなんでした。

いざ昭和の旅立ち。

旧客の窓越しに旧客を眺め、「乾杯!」をする贅沢な時間。

この方、大井川鐡道をこよなく愛する方の一人で、トーマス号やこの生ビール列車の出発時にホームで見送りをされています。この写真は出発前に撮影させてもらったもので、生ビール列車の出発時はちゃんとホームにおられました。ところで大井川鐡道のきかんしゃトーマス号はもう6年になるんですね。この方がこうした見送りをするきっかけがトーマス号の運転開始だったそうで、月日の流れは早いものです。

2019年09月25日 16時15分

大井川鐡道撮影行(5)動画。

久ぶりの動画投稿。今回、蒸気機関車の牽く列車を撮影してみました。

カメラはいつものコンデジ。三脚に置きっ放しで撮影していますのでズームとかはしていません。また私のデジ一のシャッター音はご愛嬌ということで…。

1)塩郷駅を見下ろす場所

2)大井川第二橋梁

3)中徳橋

4)田野口駅

2019年09月24日 22時08分

大井川鐡道撮影行(4)田野口駅。

この日、最後の蒸気機関車撮影。千頭発13:53のかわね路号をどこで撮影するか一思案。トーマス号からそれほど時間をおかずにやって来るため、移動時間が限られるのと、何せこの天候。大井川と蒸気機関車というこの日のテーマは諦めることにしました。

取り敢えず田野口駅に来てみました。

駅舎に風情もあり、ここで絵を捜してみることに。

蝶に誘われ、コスモスに埋もれることで決定!

私にとっては珍しく花にピントを合わせてみました。何事も練習。

この写真は状況の説明カット。こんな感じの所で撮影していました。

さて今回の同行者であるKさん。何度も大井川鐡道に足を運ぶ中で、今は駅の整備などのボランティアもされています。この駅で言えば、木などの植物を植えたり、雑草を刈ったりされており、この時も整備に来られた地元の方に挨拶をし、しばし談笑されていました。

地元の方の理解を得て撮影をさせてもらっている。鉄道事業者の方のおかげで撮影させてもらっている。

そうしたことへの感謝からの行動とのことで、実は大井川鐡道にはKさんのような応援をされている方が何人もいらっしゃいます。その話はまた後日。

2019年09月23日 22時59分

大井川鐡道撮影行(3)中徳橋。

きかんしゃトーマス号の戻り(上り列車)を、田野口駅~下泉駅間にある中徳橋(道路橋)で待ち受けます。

14:29頃、きかんしゃトーマス号が顔を出しました。ところでどうやって列車の接近を知るか?ですが、実は渓谷に響く汽笛が教えてくれます。この場所では田野口駅の通過時に鳴らされる汽笛を聞いてカメラを構えました。

今回のテーマからするともう少し川をいれることを考えていましたが、結局この構図で纏めてみました。

きかんしゃトーマス号がハロウィン仕様だった件。

「大井川に沿って走る」風景という意味では意図通りではあるのですが、残念ながら川の流れが見当たりません。

2019年09月22日 22時59分

大井川鐡道撮影行(2)大井川第二橋梁。

今回の撮影行のテーマは、大井川と蒸気機関車。ということで2か所目の撮影は崎平駅~青部駅間にある大井川第二橋梁。

まずは崎平駅を12:50に出発した金谷駅行き。

かわね路1号(新金谷駅発千頭駅行き)は13時をほんの少し回ったところで登場。良い感じで煙も棚引いている。

ここでの狙いの1枚だったのですが、思っていたより機関車が後ろの緑に溶け込んでしまった。

おまけの1枚。最後尾で頑張るE34の色がこの渓谷では映えて見えます。午前中の撮影は終了。

昼食は田野口駅からほど近い食堂で「とろろ茶そば」を食す。

2019年09月21日 17時18分

大井川鐡道撮影行(1)トーマス号とバスのバーティ―。

9月14日(土)は大井川鐡道に撮影行。ひかり号に乗って浜松で普通電車に乗り換え金谷に向かいます。

まずは塩郷駅を見下ろす場所。塩郷ダムの上流側と下流側の水の色の違いを楽しみます。

11:25、きかんしゃトーマス号現る。

何とバスのバーティ―と並走!

この2ショットは、バーティ―が手前(写真では奥)の駐車スペースで時間調整をし、ここ久野脇橋(塩郷の吊橋、愛称は恋金橋)できかんしゃトーマスと並走するようにしているそうですが、何せ一般の道路ですので、今回のような並びは必ず見られるものではないそうです。

ところで今回の撮影行ですが、ここ大井川鐡道へ何度も撮影に訪れている、謂わば知り尽くした方に同行頂いており、その方だからこその場所で撮影しています。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!