2021年01月23日 22時08分

大井川鐵道井川線のアプト区間。

そう言えば、昨年(2020年)10月2日が大井川鐵道井川線のアプト式区間の30周年でした。

確か式典があったはずだが…、と調べたら、大井川鐵道のウェブサイトに『なお、10月2日(金)に記念式典を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、来年に延期し開業30周年+1周年記念式典を行う予定です。』とありました。

写真はアプト式区間。

アプトいちしろ駅〜長島ダム駅間の90パーミル区間。

ここまでの写真は2011年11月にこのブログでアップした写真の再掲ですが、井川線については「乗った」時の写真はありますが、列車の撮影はしたことがありません。

今年の10月に「30周年+1周年」のお祝いがてら撮影に行けるようになっていることを願うばかりです。

ところで先着2000名の「記念マイバッグ」はどうなったでしょうか?私としては気になっています。昨年の11月29日に大井川鐵道に撮影に行ったときは時間的に千頭駅まで行く余裕がありませんでした。

2020年12月04日 21時08分

晩秋 大井川鐵道(4)おまけ。

11月29日(日)の大井川鐵道。おまけ編。
1か所目)大井川鐡道が見える喫茶店。
福用~大和田間。国道473号線から少し入った場所。
こじんまりした店内は味わいがあり、ご主人の手作りグッズが私たちを出迎えてくれます。
2か所目)大井川の河川敷で見つけた石積み。
どうやって積んだ?
3か所目)「とろろ茶そば」を頂いた食堂の駐車場。
四季桜と
ホーロー看板が目印。ハイアースの看板が水原弘だと思いだしたのは家に帰ってから。
4か所目)川根温泉笹間渡駅近くのお茶畑。
白い点々はひょっとしたら、、、
お茶の花。これ結構珍しいはず。調べて見たら、お茶の花は良い茶葉を作るために摘んでしまうのが一般的なようです。ではここで咲いていたのは何故?
5か所目)「KADODE OOIGAWA」の名物(あくまでも私見)の数々。
①タバコならぬ「ちゃばこ」の自販機
②SLソフトクリーム。大井川鐡道の撮影に車で行ったら、これはもう定番になる予感。
 *左から「煙」「漆黒」「ミックス」。
  「煙」はミルクソフト味
  「漆黒」はチョコレート味
  奇をてらっているのは見た目の色だけで味は美味しかったです。
③お茶の産地なのでお茶を使ったチョコレート。

2020年12月03日 12時58分

晩秋 大井川鐵道(3)〆は門出駅。

11月29日(日)の大井川鐵道。〆は門出駅。
2020(令和2)年11月12日(木)開業の新駅。
緑茶・農業・観光の体験型フードパーク「KADODE OOIGAWA(かどでおおいがわ)」が併設されており、そこには大井川鐵道で活躍したC11 312が展示されています。それが目的で今回立ち寄りました。
このC11 312はもともと会津線で活躍していた機関車で、その後縁あって松阪市の駅弁屋さん「駅弁のあら竹」に引き取られ、「ドライブインあら竹」にて、1975年(昭和50年)から1988年(昭和63年)の間展示されていました。
その後大井川鐵道に転じ、よもや復活して本線を走るとは思いもよりませんでしたが、更に言えば今回、静態展示されるとはつくづく運に恵まれた機関車だと思います。

2020年12月02日 11時20分

晩秋 大井川鐵道(2)とろろ茶そばとSL列車。

11月29日(日)の大井川鐵道。
お昼ご飯は「とろろ茶そば」。お茶と自然薯の産地なのでこのコンビは私にとってのお約束。
実はこの日、予定では大井川第二橋梁、場合によっては第四橋梁を目指すことも考えていました。しかし紅葉のピークが例年以上に早く、奥に行っても時季外れと思われ、午後一のEL急行も田野口~下泉で狙うこととしました。とか書くとまるで私が判断したみたいですが、同行の方達との相談の結果です。
そしてSL急行は川根温泉笹間渡駅の出発を正面から狙うことに。本命の前に上り普通12列車。
私自身にとって大井川鐵道での撮影は3度目(除くビール列車)ですが、この構図は一度も撮影していませんでした。

2020年12月01日 11時20分

晩秋 大井川鐵道(2)下泉~田野口。

晩秋の大井川鐡道。
同行者は2名。
一人(Aさん)は四季折々の大井川鐡道を訪ね、地元の方と一緒に沿線のとある駅の清掃、整備のボランティア活動も行っている方。
その写真は、定番の場所でガッチリ撮ったものから足で稼いだ「どうしたらこうした写真が撮れるの?」というものまであります。ということで今回もAさんが案内人兼運転手。久しぶりにカーナビの無い車でしたが全く必要なし。
【撮影地…下泉~田野口】
●EL急行1003列車 11:35頃
大井川をどこまで画面に取り込むか考えつつ、このサイズ。ところでこの列車をここで撮影出来るとは思っていませんでした。道路が空いていて途中でこの列車を追い越したのでこの場所で撮影することにした次第。なお到着して1分後くらいに列車は通過。
●下り普通7列車 11:59頃
対岸に移動。ここにかろうじてまだ色の残る木があった!
●SL急行101列車 12:51頃
ところで今から5年前、乗り鉄だった私は撮り鉄にも挑戦するようになりました。その時にデジタルの一眼レフを購入し、今はミラーレス一眼を使い、本人的には勉強中。
さて「学ぶ」は「真似ぶ」。
今回の同行者のもう一人(Bさん)は空間の使い方が素晴らしいと私が思っている方で、2枚の紅葉の額縁写真は、以前Bさんが別の場所で撮られた紅葉の額縁の「真似」です。
太陽が見え隠れし、時折強い風が吹く中での撮影。ほんの数秒の差で、無風と太陽を逃したものの構図の勉強にはなったと思っています。

2020年11月30日 22時21分

晩秋 大井川鐵道(1)SLも良いけどEL急行も良いね。

昨日は晩秋の大井川鐡道を訪ねました。
名古屋~浜松間は「ひかり」号でワープ。何と現れたのはN700S。当然私は初乗車。
雰囲気も座席の座り心地も随分変わった印象。
金谷駅で友人二人と待ち合わせ。
浜松発8:37、金谷着9:19の電車で到着。
※上り電車の電光掲示板は既に次の列車に変わっています。
この駅から程近い場所でレンタカーを調達。
最初の撮影地は福用~大和田間。喫茶店のコーヒーを飲みつつ、目の前に現れる列車の到着を待つ。
ここで撮影したのは2本。
まずは上り普通6列車(南海車)で10:16頃通過。
下りのEL急行。11:00頃。旧型の電気機関車が3両の客車を牽く姿は美しいと思う。考えようによっては蒸気機関車が牽く列車より貴重な存在。

2019年10月04日 22時45分

大井川鐡道生ビール列車、三等車。

ハロウィン仕様のHIROを横目に、生ビール列車は19:30に出発。それにしてもISO 12800の力は凄い。

日本国内で三等車が現役なのはここ大井川鐡道だけ。そしてその三等車に乗りたい人が全国からやってくる。は、大げさかもしれませんが、少なくとも名古屋から1人は来ています。

三等車の出入口は手動。「走行中に開けてはいけません」これ、常識。もっともそのその昔のラッシュ時は、車内に入れないどころか、この写真に写っている手すりにつかまり、ステップに足を置いて身体は車体の外!なんという経験もある昭和オヤジの私です。

もっとも私が知っているのは電化区間ですが、蒸気機関車が牽く列車で、なおかつ沿線にトンネルがある場合は、軍手が必須だったのではないでしょうか?何故っかって、言うまでもなく、手すりが煤で真っ黒だったからです。

20:44に新金谷駅着。乗継列車は20:50発で金谷駅着20:54。その乗継列車の吊り革はTOKYU!

2015年から運用を開始し、今はもうすっかり大井川鐡道に馴染んだ感ありの東急7200系。
私ではなく、今回のお仲間の乗車券。連絡切符が新金谷駅で発行可能ということもあり、わざわざこれを購入して帰ります。以前から知ってはいるものの私は買った経験なし。

2019年10月03日 22時42分

大井川鐡道生ビール列車、千頭駅。

新金谷駅を18:00に出た生ビール列車は19:13に千頭駅着。早速機回し。

機関車が牽引する列車だけの風景。夜の帳が下りた中、より風情を感じます。

この時間に千頭駅にいるのは生ビール列車の乗客だけ。

車輪をモチーフにした改札の扉。

南アルプスあぷとラインは既にこの日の運転は終了しており、静かに翌日を待っている。

HIROと旧型客車。結構似合っていると思うのだけど如何でしょうか。

2019年10月02日 23時15分

大井川鐡道生ビール列車、オハに机がついた。

大井川鐡道の話題を一週間ぶりに投稿。9月14日の大井川鐡道撮影行は昼の部で、夜の部は「生ビール列車」。毎年とまでは言わないまでも今回で5回目の参加。いつもの幹事さんが毎年頑張って予約してくれており、今年も無事乗車。

E101が牽く客車列車。蒸気機関車が牽く列車はここ大井川鐡道も含め全国にあり、またディーゼル機関車が牽く列車もあります。しかし意外とないのが電気機関車が牽くと分かっていて乗れる列車。そうそうあるものではありません。

ところで生ビール列車名物、千頭駅側に連結されているオハが今年からその席が販売されることになり、「机」が用意されているとは聞いていたものの9月6日のスタート以来、その様子が全くネットに上がってこない。

そして少しだけドキドキしながらオハフ33215に乗車。

座席の販売は1ボックス1人と聞いていたのですが、料理とコップの準備は1ボックスに2つずつあり。まあ妥当な配置でしょうが、これがもしも本当に1ボックスに1人ならば仲間との距離が遠く、ものすごく寂しい生ビール列車になるところでした。ところで机は固定式ではなく簡易な組立式。机と料理・コップの間にあるのは滑り止めでさもありなんでした。

いざ昭和の旅立ち。

旧客の窓越しに旧客を眺め、「乾杯!」をする贅沢な時間。

この方、大井川鐡道をこよなく愛する方の一人で、トーマス号やこの生ビール列車の出発時にホームで見送りをされています。この写真は出発前に撮影させてもらったもので、生ビール列車の出発時はちゃんとホームにおられました。ところで大井川鐡道のきかんしゃトーマス号はもう6年になるんですね。この方がこうした見送りをするきっかけがトーマス号の運転開始だったそうで、月日の流れは早いものです。

2019年09月25日 16時15分

大井川鐡道撮影行(5)動画。

久ぶりの動画投稿。今回、蒸気機関車の牽く列車を撮影してみました。

カメラはいつものコンデジ。三脚に置きっ放しで撮影していますのでズームとかはしていません。また私のデジ一のシャッター音はご愛嬌ということで…。

1)塩郷駅を見下ろす場所

2)大井川第二橋梁

3)中徳橋

4)田野口駅



ADVERTISEMENT

カレンダー

2021年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!