2020年05月02日 22時46分

銚子電気鉄道。

本夕、荷物が到着。発送者は銚子電気鉄道。

内容はぬれ煎餅他。

銚子電鉄は鉄道部門の収入の8割以上が定期外旅客。つまり観光客。

ゴールデンウィークは、本来その定期外旅客の稼ぎ時なのですが、今年はその収入はありません。ささやかですが私に出来る銚子電鉄支援。

2020年03月29日 20時31分

トレインビューホテル、東京/品川編。

東京/品川駅近くのホテル。鉄道の見える部屋があることで、私も時折泊まっています。ただ敢えてホテルスタッフに部屋のリクエストはせず、いつも運を天に任せています。何故かってそれは睡眠時間が短くなり可能性があるから。とか言ったりして。

ホテルにチェックインして取り敢えず撮影したのは23:51。この日はこれでお休みなさい。

前の写真とほぼ同じカット。高輪ゲートウェイ駅は2週間後の3月14に開業しました。

京浜急行電鉄八ツ山橋。ホテルからこの橋を狙ってみて分かったのは、鉄橋、架線などが絡み合って、肝心の電車が見にくい。なかなか思うようにはいかないものですね。

今の状況がいつ落ち着くかは分かりませんが、安全安心に旅ができる日を心待ちにし、当面は大人しくしていよう。

2020年03月28日 20時20分

東京/新橋駅前のC11292。

東京/新橋駅前にいるC11292。1972年(昭和47年)、鉄道開業100周年を機にこの地にやってきました。

1995年(平成7年)5月、中京テレビの東京支社がそれまであった東銀座から新橋に引っ越しました。

それ以前にも新橋に降り立ったことはあったのですが、やはりその頻度はあがりました。

季節によって、装いを変えるその姿をこれまで何度も見てきました。ただじっくりと、興味深く見たことはこれまでなかったと思います。

裏側(?)に回り、腕木式信号機を仰ぎ見る。たまにはいいか。

ちゃんと整備されているんですね。

2度目の定年退職をし、それ以降もフリーの制作者として通った東京。次にこの場に立つのはいつだろう?2月28日は私にとって一つの区切りの日となりました。

2020年03月26日 22時25分

京急ミュージアム(2)京急ラインジオラマ。

ジオラマ。

疾走する電車。

ジオラマを走る電車の先頭に付けられたカメラを見ながら、本物の800形電車の運転台で、操作体験も出来ます。大きなお兄さんは流石にこの席に座ることを遠慮しましたが、今はそれを後悔しています。

車庫がある。思わず覗き込んでしまった。

飛行場。京急のジオラマですので、何がしかのギミック(仕掛け)があるはずなのですが…。

もう一回行くチャンスがあれば、目を皿のようにしていろいろ見つけたいと今、思っている。

2020年03月18日 20時53分

東京/御茶ノ水駅前に出現した都電の線路。

今年に入った1月末。と書き始めてその頃は、新型コロナウイルスがこれほどの大事になるとは微塵も思っていませんでした。

もう随分前の出来事だと思える1月31日、私はJR東日本/御茶ノ水駅前にいました。

神田川に架かるお茶の水橋の補修工事を行うため、舗装をはがしたら線路と敷石が見つかったとのこと。ネットで話題になり、その後新聞などのメディアが後追いしたこともあり、この日も平日の金曜日の昼下がりにも関わらず、見物客も結構多し。

東京に都電(除く荒川線)が走っていた時代を知らないので、ちょっとくどい表現で恐縮ですが、学生時代に馴染みのある場所に都電が走っていたとは知りませんでした。

アスファルトをはがしたらレールが、、、というのが分かりますが、線路と敷石をそのまま残して舗装するとはなかなか大雑把な感を免れませんが、そういう時代だったという事でしょう。

振り返って名古屋はどうなのだろうと思ったものの、舗装をはがすような工事は、それが元となる渋滞を考えればない方が良いでしょう。

2019年12月23日 22時55分

相鉄新横浜線(3)西武の新車がドカ停中。

駅舎。JRと相模鉄道の境界駅は相模鉄道の管理。

JR貨物の横浜羽沢駅を越える陸橋。

甲種輸送の西武の新車が停車中。撮影者がそれなりにいる。

新幹線から見える横浜羽沢駅。思ったよりも狭い印象。

ホームに戻り、いよいよ新線区間に突入。12:17発の特急に乗車。

その前に新宿行き各駅停車を撮影。ここ羽沢横浜国大駅からの種別は各駅停車。もっともこの電車がここまで特急で来たか各駅停車で来たかは調べていない。

5分少々遅れて海老名行きの到着。

右側からの線からの到着で、正面のトンネルは建設中の新横浜駅経由で東急東横線への直通用(相鉄・東急直通線)

12:27、相模鉄道の西谷駅到着。相鉄新横浜線完乗達成!!!

 

2019年12月22日 22時21分

相鉄新横浜線(2)硬券の入場券を買いました。

武蔵小杉を出て横須賀線というか品鶴線(貨物線)を鶴見駅まで走り、そこから東海道貨物線をひた走ります。そう書くだけならそれまでですが、車窓は意外と新鮮です。そして11:34、羽沢横浜国大駅到着。

ここからが(納得出来ていないけど)新線区間なので一旦下車し駅舎の撮影に向かいます。それにしてもホームが狭い。

この駅から列車種別が特急に変わります。JRとは特急の意味合いが違うので、毎回この駅で、乗務員交代と行き先案内の種別変更を行っているようです。

先入観を持たないように、事前の調べはいつもしません。(単に不精という説あり。間違いなく当たっている)

で、早朝の下り列車4本が上り線(2番線)から出ることを知る。何故だろうと思ったら何と7:39発の電車が武蔵小杉方面からの最初の電車なのである。つまりその時間までは、東京の都心から直行で羽沢横浜国大で来ることは出来ず、横浜~西谷経由となるのです。

相鉄・JR相互直通運転まであと0日。

相鉄都心直通記念ムービー「100 YEARS TRAIN」を公開中だそうです。

まずは開業記念スタンプ。

そして硬券の入場券を購入。

2019年12月21日 21時47分

相鉄新横浜線(1)武蔵小杉駅で乗換え。

11月30日に開通した相模鉄道の新横浜線。12月14日(土)に乗ってきました。

スタートは品川駅。11:01発の逗子行きに乗車。この写真は、時間とかに意味がある訳ではありません。新旧の案内表示の比較のためです。左側の液晶は圧倒的に見易いですね。時代(技術)の進歩を実感。

列車はほんの少しだけ遅れて到着。でも先行列車との調整ということでこの後は6分遅れで出発。

武蔵小杉駅で横須賀線の電車から下車し、これからいよいよ開業したばかりの羽沢横浜国大駅を各駅停車海老名行きで目指します。

ところで相鉄の新横浜線ですが、整備主体である独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(略称 鉄道・運輸機構)では「相鉄・JR直通線」となっており、まあそれはそれで良いのですが、JR東日本の武蔵小杉~羽沢横浜国大間は東海道貨物線であって新線ということでは無いようです。では乗りつぶしとしては一体どうカウントすれは良いのでしょう。眠れない夜を迎えそうです。

ホーム上の足元に真新しい表示発見!

この日のために時刻表検索サイトであらかじめ品川~羽沢横浜国大間の電車を調べておきました。何せ新横浜線は1時間に数本。どこかの駅で延々待ち続けるのは避けたいところ。-

ということで6分ほど遅れて海老名行き到着。JR車両の行き先表示が「海老名」となっているのは当分、慣れない気がする。

2019年12月02日 20時59分

東京高楼巡り(2)世界貿易センタービル。

世界貿易センタービル。東京浜松町のシンボルというより、私たち世代にとっては日本のシンボルの一つと言ってもあながち大袈裟ではないと思います。何せ短期間とは言え、日本で一番の高層ビルでした。そんな世界貿易センタービルも2年後には解体が始まる予定。ということで今日は一足早いレクイエム。

40階展望台から見た(今回撮影出来た)もっとも浜松町らしい(と、私が思っている)風景。シニア料金で500円の価値あり。

これで東海道線と山手線の電車がいればというのは欲が深すぎる。

ビルと紅葉とゆりかもめ。株式会社ゆりかもめの東京臨海新交通臨海線というのが正式名称であると今回、初めて知りました。「ゆりかもめ」って、最初は愛称だったはず。名古屋なら名古屋臨海高速鉄道株式会社が「あおなみ線株式会社」に名前を変えるようなものでしょう。

摩天楼から見たゆりかもめですが、海を背景に出来るところは意外なほど限られます。

モノレールのある風景。東京モノレールに名鉄が出資していた時代があったなんて知っているのは、亡霊のような高齢者の印。

2019年10月27日 22時50分

品川駅近くのトレインビューホテル。

10月25日(金)に宿泊した品川駅近くのホテル。

11階からの眺望。手前は京浜急行の品川駅。

山手線電車の到着。コンデジでの撮影なので粒子が荒いのが仕方がない。

東京総合車両センター田町センター。ライトアップされた東京タワーが美しい。

前の写真をトリミング。イメージセンサーの大きいカメラで、望遠で狙えばきっと幻想的に見えると思う。

夜景とほぼ同じ角度の1枚。この写真も思いっきりトリミングしています。東京の顔のオールスターを見ている気分。

来年暫定開業予定の「高輪ゲートウェイ駅」を通過する京浜東北線電車。

一夜明けた10月26日は京浜急行品川駅からスタート。

この駅の足元表示を理解するのは、私にとってはなかなか難しい。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!