2021年07月20日 21時12分

名古屋鉄道株式会社の御乗車記念(の絵はがき)。天竜下りの謎が解けた。

岡崎市在住の地方史研究家/Fさんから再度の助け船。

2021年07月17日、18日に更新した記事で書いた「天竜下り」の謎が解けました。

三信鉄道電車の時刻表、の表面の右上。

佐久間駅のスタンプ。そこには天龍下りの図案あり。しかもスタンプのベースには一般的に知られている「天竜峡駅近くからの天龍下り」ともう一つ、「佐久間駅近くからの天龍下り」が描かれています。

私は17日に『もっとも長野県飯田市の「天竜川下り」ではなく、今の「中部天竜」駅の近くでそれがあったのかも知れません。』と書いていたのですが、図らずもそれが正解だったようです。私にとっても驚きでしたがそれ以上に、「自分の中の常識を疑え」という原稿を書く上での原理原則に立ち戻るきっかけにもなりました。

肝心の時刻表。スタンプの日付である昭和9年(1934年)11月11日時点で、ご覧の通り吉田(豊橋)~佐久間間(豊川鉄道~鳳来寺鉄道~三信鉄道を直通運転)が開通しています。吉田~佐久間(現在の中部天竜)間の所要時間は1時間58分で今の飯田線のダイヤとほぼ同じです。

ところでもう一度時刻表の表紙に戻ります。実はこのスタンプの日付は三信三輪駅から佐久間駅まで延伸開業した日。

Fさんは偶然、このスタンプの押された時刻表を手に入れたそうなのですが、日付を調べて驚いたそうです。

『スタンプの日付(9.11.11)は、三信三輪(現・東栄)-佐久間(現・中部天竜)間が開通した日であることが分かった。これは、開業日を記念して三駅を回って押印した当時の鉄道ファン?の手によるものだと思うと、貴重なものである。』とされており、私も確かにそう思います。何せ昭和9年のこと。列車本数もさほど多くない時代であっただけに、簡単に出掛けて手に入れたとは思えない「偉業」だとも言えそうです。ただそうした方のおかげで私の疑問が解けたわけで、Fさんだけではなく、先人にもただただ感謝しています。

2021年07月07日 21時51分

豊橋鉄道市内線(東田本線)、1時間だけの撮り鉄。

6月中旬、所用で豊橋に出掛けた際、1時間だけ豊橋鉄道市内線の撮影をしました。

13:57。豊橋駅のペデストリアンデッキから駅前大通・新川電停方面を臨む。

14:08。札木を出た電車が新川に向かって回ってきました。150mm(35mm換算で300mm)で撮影。

前の写真の続き。

この構図も面白そうと思いがけずシャッターを押した1枚。

駅前大通りには彫刻が並んでいます。それを絡めて1枚。14:15。

1時間に8本、上下合わせて16本が走るので、次から次へと撮影。

14:26。昭和6年完成の豊橋市公会堂をバックに1枚。ここで何度かカメラを構えたことがあり、この美しいデザインの建物と何とか絡められないかと挑戦しているのですが、私にはまだ正解が見つけられません。まあ車のかぶりもありますし…。

14:55。思うような成果が上がらない中、次の予定もあって豊橋駅まで戻り、これがこの日最後の1枚。

話は変わりますが、いつもの年なら夏はビール電車に乗りに(呑みに?)豊橋に足を運ぶのですが、今のところ「やる」という情報がありません。豊橋鉄道の公式HPでは『2021.05.28 今年度の「納涼ビール電車」は、ただいま計画中です。決定次第こちらでお知らせを致します。』のまま更新が止まっています。

もっとも私はほぼ諦めてはいます。

だから…、ではありませんが、この夏、豊橋鉄道渥美線で夜行列車が走ります。

●ワクワク♪駅間特別停車&始発列車前特別撮影会in三河田原「カラフルトレイン夜行列車特別ツアー」

開催日は8月21日。

詳しくは豊橋鉄道の公式HPでご確認下さい。

20代の頃なら面白がって出掛けたかも。

そう言えばJRを除く私鉄の夜行列車は「いすみ鉄道」であったり「えちごトキめき鉄道」「東武鉄道」があったりしましたが、渥美線の片道18キロは間違いなく最短記録。

と思っていたら岳南電車の9.2キロがありました。今週末の7月10日~11日で運転予定。各社各様で知恵を絞っています。

2021年06月20日 22時56分

開業20周年のゆとりーとライン(4)開業時。

20周年を迎えたゆとりーとラインの開業時の写真。

大曽根駅。

地平区間の竜泉寺バス停。一見すると今と変わらない?

いえいえおでこの方向幕周りが大きく違います。このバスでは左端に名古屋市交通局のマークあり。

こちらは名鉄バスのマーク。

開業時は、市バス、名鉄バス、JR東海バスの3者の路線を名古屋ガイドウェイバス株式会社の「ガイドウェイバス志段味線」に統合し、共同運行形式となっていました、そのためバスの所属会社それぞれの表示がされていたのです。今は運行が名古屋市交通局に統一されており、こうした会社別の表示が無くなったのであろうと推察しています。

2021年06月19日 22時02分

開業20周年のゆとりーとライン(3)小幡緑地駅。

小幡緑地駅を出て、高架から地平に降りるとすぐに遮断機があり、そこで一旦停止し地上走行が出来るように準備します。

逆に専用区間に入る場合は遮断機の外で停車し、

ここでタイヤの前(右側)に注目。

ガイドが出てきました。停車位置は道路からは少し距離があり、肉眼で確認することは難しいと思います。この写真も望遠レンズで撮影した上でトリミングしています。

小幡緑地からの帰路、車内からの撮影。気分はジェットコースター。

乗っている感じはバスと言うよりタイヤ式の新交通システムですね。

矢田川。景色が広く見えて気持ちが良い。

余談ですがこのゆとりーとラインは名古屋市の敬老パスが使えます。一方、名古屋市交通局の一日乗車券(市バス全線一日乗車券及びドニチエコきっぷ)は、地平区間では小幡緑地から名古屋市を越えて高蔵寺まで使えるのですが、高架区間の大曽根~小幡緑地間が使えません。

敬老パスについてはあおなみ線と同じ扱いですが、高齢者でも知らない人がいそうですね。

ここでクイズ!

平日朝のラッシュ時間帯に、ゆとりーとラインは最短何分間隔で運転されているでしょうか?

答えは2分間隔。正直言って、これほど多いとは思ってもみませんでしたが、乗降時間も掛かるでしょうから、乗客の方には○時○分発と言う意識は無さそうですね。

2021年06月17日 21時26分

開業20周年のゆとりーとライン(2)鉄道の撮影とは少し違うかな?

それでは「ゆとりーとライン」に乗ってみましょう。

大曽根駅。見た目はバスでも鉄道なので「駅」です。

新交通システムに似た感じの駅構内。

車体前方のタイヤの横にあるガイド。これがバスとはひと味違うところ。

ゆとりーとラインの大曽根駅からは中央本線が眼下に見えます。もっともこの写真は身体が反応しただけ。

大曽根駅を出るとご覧の高架橋を走ります。(車内から撮影)

名鉄瀬戸線の電車が通らないかな?と思ってもそうは上手くいくはずも無い。

高架橋から見る風景は気持ちが良いですね。気のせいでしょうが、鉄道の高架区間から見る風景よりも視界が開けている感じ。

川村駅で下車。ホームから撮影。どこか不思議な風景。

高架の下には道路。この道路を何度か通ったことがありますが、交通量は結構あります。

定時で走る。私が乗った日も定時運行。鉄道では当たり前でもバスではそうはいきません。さすが専用区間の強みです。

おっと、ここは鉄道でした。

2021年06月16日 16時08分

開業20周年のゆとりーとライン(1)記念グッズ。

鉄道なのにバス。それが名古屋ガイドウェイバス株式会社が運行するガイドウェイバス志段味線。一般的には「ゆとりーとライン」(名古屋市交通局+名古屋ガイドウェイバス)と呼ばれています。

一見、バスにしか見えませんが、、、もっともシステムとしても「ガイドウェイバス」と「バス」と呼ばれるのですが、実は鉄道です。

(「ゆとりーとライン」公式サイトより転載)

平成4(1992)年1月運輸政策審議会答申
(中量軌道系の交通システムとして整備することが適当と位置づけ)

平成6(1994)年10月軌道法に基づく特許の取得

平成8(1996)年1月軌道法に基づく工事施工認可・工事着手

とあるように、実は分かり易く言えば路面電車の仲間(法律上)だったりします。

細かい仕組みはゆとりーとラインの公式サイトに「ガイドウェイバスのしくみ」というページがありますのでそちらをご覧下さい。

ところでゆとりーとラインの開業は2001年(平成13年)3月23日。つまり今年は20年目の記念すべき年なのです。

たまたまゆとりーとラインの公式サイトを見ていたら、6月1日から「開業20周年ポスタープレゼント」との事でしたので、大曽根駅まで出掛けてきました。

1枚だと思ったら何と3種類3枚セット。私としては名古屋市、名古屋鉄道株式会社、ジェイアール東海バス株式会社の交通事業者3者が株主で連なるという珍しい企業「名古屋ガイドウェイバス」と名古屋市交通局の路線バスの直通運行の歴史的記録を保存という気持ちで伺ったので、3枚セットを有り難く頂戴しました。今のご時世、あまり広報がされておらず、欲しい方には受け取ってもらおうという方針と見受けました。

記念乗車券、記念入場券と言った記念券は恐らく馴染まないゆとりーとラインなのですが、記念グッズは各種発売されており、私はストラップを購入して鉄カードを頂きました。

2021年06月12日 23時02分

東山動植物園に保存のモノレール。

東山動植物園に保存されているモノレール。詳細は割愛しますが、名古屋市民で、なおかつ何度もこの東山動植物園に来ている人にも知名度が本当に低いのが残念な存在です。

原因の一つに、かつて駅があった場所にそのまま保存されており、車体が周りから見えにくいことが考えられます。

また1964年(昭和39年)2月8日に開業し、1974年(昭和49年)12月18日に廃止と活躍した時期が短く、恐らくアラカン世代以上の年齢の方で無いと思い出に繋がらないこともあると考えられます。

もっとも保存している名古屋市もほぼ放置状態なので、余計に市民の関心は低そうです。私、個人的には定期的に車内見学でもしてくれれば保存のしがいもあると思っていますが、さてどうなることやら。

2021年05月30日 22時44分

あおなみ線の見える公園。港区稲永東公園。

名古屋市港区の稲永東公園。あおなみ線の野跡(のせき)駅から徒歩10分ほど。

で、この写真の左の林の向こうに実は電車が写っています。

前の写真をトリミング。陽炎(かげろう)のような電車の姿が見えます。緑が濃いのは、強い日差しを防いでくれて散歩するには気持ちが良いのですが、こうした写真を撮るにはコントラストが強くなり、不向きということを知りました。

ここでは散歩だけを楽しむのが良さそうです。

2021年05月17日 11時44分

続 知多自動車の時間表。

昨日の時間表を表面としたら今日は裏面。

1913年(大正2年)3月29日 に愛知電気鉄道(現在の名古屋鉄道)常滑線が常滑まで開通。同年8月31日に常滑線で未開業だった神宮前~秋葉前間も完成し、神宮前~常滑間が全通しています。裏面はその愛知電鉄からの乗継ぎ時間表。

常滑での電車とバスの乗継ぎ時間はわずか2分!短い編成の電車から、目の前に停まっているバスへの乗換え故の設定でしょうが一言、驚きです。ところで「神宮前」が「熱田」となっています。

 

昨日の表面で、トリミングした部分の少し上。ここには「名古屋」に続いて「熱田」もあり、経路の選択の余地を作ったのかも知れません。

さて常滑を出たバスの終点は?それは内海。

熱田(神宮前)を7:20に出た電車は常滑着8:19。バスは8:21に出発し9:21に内海着。約2時間の行程です。

一方現在のJR線経由。

熱田を7:29に出発し、武豊着は8:24。バスは8:27に出発し、内海着9:12。移動時間は1時間40分ほど。

地図を見てもらえば分かるのですが、武豊から河和経由で内海に向かうルートはほぼ直進する形になっており、昭和初期の道路事情なども勘案すると、これが恐らく名古屋から内海~師崎への最短ルートだったのでしょう。

よって常滑発のバスは内海以南へ直通しなかったと推察しています。

2021年05月16日 22時18分

知多自動車の時間表。

今日は鉄道ではなくバスの話し。

昭和5年(1930年)10月1日改訂の時間表。

知多自動車は1918年(大正7年)に設立され、1943年(昭和18年)に知多半島を走っていた他のバス事業者と合併し、知多乗合(知多バス)となっています。

路線図からすると常滑、半田、武豊,河和、内海ほか馴染みのある地名が並んでいます。

大府~武豊は今のJR武豊線。その上には名古屋~大府間の時刻があり、名古屋と知多半島各所を結ぶ鉄道&バスの連絡運輸が成立していたことが見て取れます。それにしても列車到着からバスの発車まで3分。うかうかしていると乗り遅れそうです。

逆方向。武豊での接続時間は10分ほどで流石に余裕を見ていると納得です。バスは1時間に1本程度あり、これが多いか少ないかということになりますが、一定の利便性は確保されていたのではないでしょうか?

ところでこの頃はまだ今の名鉄河和線は開通しておらず、知多鉄道の手によって1935年(昭和10年)8月1日に河和まで開通した後はバス路線は恐らく再編されたと推察されます。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2021年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!