2020年03月24日 21時19分

オランダ/アンネ・フランクの家とアムステルダムのトラム。

12月24日、ハーグからアムステルダムに戻った後は舟遊び(運河巡り)。

次の予定まで時間があったので観光船に乗ったのですが、思ったよりも楽しく時間が過ぎ、納得の一時間。

街歩き。

この1枚の写真の中にどれだけの自転車とトラムが写っているのだろう。オランダらしい風景と私は思っています。

今回のオランダ訪問の一番の目的が「アンネ・フランクの家」。

入場が予約制の「アンネ・フランク」の家は、一年を通して予約が取りにくいスポットです。私たちは「アンネ・フランクの家」への入場だけではない「museum visit + introductory program」を訪問の一週間前に予約しました。運が良かったと思います。

正面の建物の屋根裏にアンネ・フランクは暮らしていたそうです。入門プログラムは英語で行われましたので、言っていることはあまり分かっていませんでしたが、それでもあらすじは予習していたので、ポイントポイントはそれなりに理解できました。

ということでこの写真の解説に繋がっています。いろいろ考えさせられるひと時でした。

2020年03月23日 20時54分

オランダ/フェルメール作「真珠の耳飾りの少女」とハーグのトラム。

12月24日はオランダ/ハーグの町へ。

オランダ/ハーグ市にあるマウリッツハイス美術館所蔵のフェルメール作「真珠の耳飾りの少女」。絵を前にして立ち尽くす。ただただ惹き込まれます。

私の知人に世界中のフェルメールを求めて旅をした人がいます。彼の気持ちが何だか分かるような気がしました。

美術館の近くでトラムの撮影。

小雨に煙る街を行くトラム。こんなロケーションの中を走っているという確認のために撮影した一枚。

海沿いの町なので、こんな風景も見られます。それにしてもこのカモメ。逃げません。後ろに電車が来るまでじっと待っていてくれました。

ハーグ名物、ニシンの塩漬け「ハーリング」。

こんな風に地元の方たちは食べるのだそうです。

2020年03月20日 20時54分

オランダ/フェルメール作「牛乳を注ぐ女」とアムステルダムのトラム。

オランダ。今はとても行けそうにないヨーロッパの国。昨年の年末、12月23日~25日の3日間滞在していました。

アムステルダム国立美術館所蔵のフェルメール作「牛乳を注ぐ女」。

12月23日のアムステルダム国立美術館では「牛乳を注ぐ女」のデッサンの勉強会(?)が開催中。しかしこの「女」(少女)はじっとしていません。

彼女が手招きしたのは日本からの観光客。「牛乳を注ぐ女」は何とサインをしてくれたそうな。こういう展開はヨーロッパならではでしょうか?周りにいた方からは笑顔がこぼれていました。

オランダの首都、アムステルダムの街はトラムの街。そこかしこでその姿を見るこてが出来ます。

国鉄アムステルダム中央駅はひっきりなしに電車がやってきて、そして市内各所に散っていきます。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!