2019年09月10日 23時43分

ロマンチック街道の旅(11)ネルトリンゲン駅の客車。

城壁に囲まれたエリアに、1本の塔が見える町。それがロマンチック街道にある人口およそ2万人のネルトリンゲン。

聖ゲオルク教会の塔から見える風景。

塔の先端は一周できるようになっており、東を見ると“扇形庫”らしきものが見える。ネルトリンゲン駅に隣接するBavarian Railway Museum(バイエルン鉄道博物館)。

実はこの鉄道博物館の名前は以前から知っていたものの、それがあるネルトリンゲンの町がロマンチック街道上にあるとは今回、初めて知りました。もっとも私の知人にドイツの鉄道に詳しい方がいるのですが、その方も私同様の反応をしていました。

もっとも私はここの博物館には行ったことが無く、一度は見学して回りたいと願っています。

ネルトリンゲン駅の構内(?)に留置の客車たち。この短さが気になって仕方がない。

2019年09月09日 18時35分

ロマンチック街道の旅(10)鉄道の本を買いました。

ローテンブルクの夜、ウインドウ越しに見かけた巨大なクマのぬいぐるみ。まるで映画「テッド」が飛び出してきたみたい。妙にシュールで哀愁が漂っていた。好きだな、こんな出会い。映画を見た方には、この写真は多分笑ってもらえると思いUPしました。

というか、何だか寂しげな表情がどこか自分を見ているような気分にもなったりして、胸がキュンキュンしてしまいました。一人旅ではないのに何故か孤独。

ここはローテンブルク1の撮影スポットだそうです。

昼間は記念写真を撮影する人の波が途切れることが殆どなく、ほんの瞬間を狙って撮影した1枚。絵を描くのが趣味の方に話を聞いたのですが、左の道が上りで、右側の道が下っており、そのバランスが絶妙だそうです。

ところで道路を分けるところに立っている建物ですが、一般の方が住んでいる普通の民家だそうです。(驚)

ローテンブルクを出て時折線路を見つつ、ロマンチック街道を南下。

それにしてもバスの中でカメラを構えたまま座り、一体何を撮っているのだろう。

ディンケルスビュールの町。

日曜日なので市が開かれており、

本を購入。今回の旅で買った唯一の鉄道関係の自分用お土産。

2019年09月08日 23時28分

ロマンチック街道の旅(9)ドイツのファストフードと言えばケバブ。

ドイツのファストフードと言えば私にとってはケバブ。

野菜がたっぷり。

お肉もたっぷり。

昼からビールも飲む。

1991年に初めて食べたケバブ。昔は1個はペロリと食べられたのに、今回はあと少しのところでギブアップ。

鉄道ブログですので、ローテンブルクの観光地についてはあまり触れませんが、これだけは知って欲しいと思った街中に展示されていたローテンブルクの街並みを立体的に再現したミニチュア模型。

分かり難いでしょうが、真ん中の建物の屋根には「点々」があります。実はこれ、視覚障害者の方のための点字。これ以上の説明は不要と思われますが、正直、私はショックを受けました。日本でもこうした取り組みがあって欲しいと願わずにはいられませんでした。しかもこの視覚障害者のための案内プロジェクトの支援者は東京羽田空港なのです。

ドイツを代表する観光地だけに、そうしたことに寄付をすることはあっても当然ですが、それよりこうした取り組みがあることを日本で知られていないのが残念です。

2019年09月07日 22時56分

ロマンチック街道の旅(8)ローテンブルクに到着。

今回の私の旅は、日本からのツアーではあまり馴染みのないロマンチック街道の町も歩いています。それを少しだけ紹介。

人口およそ7000人のヴァイカースハイム。ヴァイカースハイム城はその町の象徴。

人口およそ5000人のクレクリンゲン。ヘルゴット教会はその町の象徴。

ティルマン・リーメンシュナイダー作のマリア祭壇。ティルマン・リーメンシュナイダーは彫刻のマイスターで、ビュルツブルクの市長にもなった方。今回の旅では、彼の作品を多く見てきました。

鉄道駅もあるにはある人口1万1000人のローテンブルクの町。今回は鉄道を使って移動していないので、その姿を確認していません。

ショーウインドウに鉄道を見つけ、留飲を下げる。

こちらはお店の看板。可愛い。

ローテンブルクの町を夜遊び。

暗くて分かり難いですが、この日、ローテンブルクは年に一度のワイン祭りで遅くまで賑わっていました。

●weindorf rothenburg 2019

2019年09月06日 22時54分

ロマンチック街道の旅(7)マリエンベルク要塞からトラムの撮影。

ドイツ/ビュルツブルクの町を流れるマイン川。

そのマイン川に架かるアルテマイン橋(この写真で左下の橋)は多くの観光客が訪れる人気の観光スポット。

そこには何故か鍵がある。誰が始めたのでしょう?

野間灯台ではあるまいし。これは東海地方のそれも一部の人にしか通じない話。(検索:野間灯台 鍵)

今日の“鉄道”の話。1枚目の写真を撮影したのはマイン川を見下ろす場所に建つマリエンベルク要塞。歴史的建造物ですが、第二次世界大戦時の空襲で大きな被害を受け、1950年に再建されたそうです。

ここはビュルツブルクでトラムの俯瞰撮影をする際のお勧めスポット。言うならば観光と鉄が両立できるレアな立ちです。とか偉そうに書いたところで説得力無し。何せ初の訪問で思いがけず「撮影」出来たからそう書いただけです。それにしてもこの写真のど真ん中にチラッと見えるだけのトラム。実はこの場所に線路があるのは確認できたので、あとはここを通過する電車を待つだけ。そしてこの写真の右方に走る電車を見つけ、カメラを構えたままひたすら到着を待っていました。

シャッターを押すタイミングに集中。これにてビュルツブルクでのトラム撮影終了。

念のためですが、今回はあくまでもタイトル通りのロマンチック街道の旅です。トラムの写真はそのついでです。

今日のおまけ。道路にあった案内標識。驚きの日本語!

2019年09月01日 21時29分

ロマンチック街道の旅(6)ロールキャベツとトラム。

ロマンチック街道/ビュルツブルクの観光地は割愛するとして、地図ではStiftung Juliusspital Würzburgとなっている場所の中庭。

古典的な噴水を中心とした庭の至る所に現代アートがある。

一つ一つに意味があるとのこと。

この人たちは何をしているのだろうか?

シュールな羊たち。

見るべきものプラス新しい発見があるのは楽しいですね。

昼食は名物、ロールキャベツ。

レストランの窓外にはトラム。(黄色い何かがそれです)ワインを飲みながら至福の時。

日本ではあまり見かけないシーシャ(水タバコ)屋さん。今回のドイツの旅では結構見かけました。

2019年08月31日 20時10分

ロマンチック街道の旅(5)CITY TRAIN。

車大国なのに市街地で車を見ないドイツの町。そこに路線バスが到着。

ドイツの公共交通あるある話。トラムとバスが同じ場所を走り、電停=バス停です。物凄く利便性が高いと思います。日本でも「あったらいいな」とこの光景を見るたびにいつも思う。

上の2枚と同じ場所で撮影。恐らく私と同世代の方(国籍不明)がトラムを撮影中。そして右に写っている(座っている)女性は間違いなくその伴侶。何故って私はこの女性と目が合い、その時に「夫はあなたと同じ穴の狢(むじな)よ」と呆れ顔で言われた気がしたから。そしてこの写真を撮影したら結構まじで笑ってくれました。

実はその後もこのご夫婦とは別の場所で会っています。その時の様子は上の写真と全く変わりませんでした。女性の顔は、、、やはり呆れ顔。いずこも同じと、何故か反省している私。(んっ?)

大阪城公園ではロードトレイン、愛知こどもの国ならばランドトレイン。ここビュルツブルクではCITY TRAINというそうで、市内の観光地を一周しているそうです。鉄道ではないものの私にとって、『気分』は同じ。

ところで日本とドイツでの名前の違いはともかく、一番大きな違いはこのタイプのトレインが公道を走っているかどうかだったりします。

ただ橋を渡っているだけなのに、何故か力が入っています。

2019年08月30日 10時44分

ロマンチック街道の旅(4)ビュルツブルク/大聖堂界隈。

ビュルツブルクのランドマークと言える大聖堂界隈での撮影。観光の無い時間帯(自由時間)を使っています

大聖堂の入り口にある「Love」のモニュメント。

手を握り合う年齢不詳のカップル。テーマが“愛”なので「少しだけそのままそこにいて!」と願っていたら、きっちり撮り終わるまでいてくれました。

どうでもいいことですが今回の旅の同行者は、呆れ果てつつもこの近くを散歩中。

1枚目の写真と3枚目の写真のほぼ中間地点。ビュルツブルクというか今回の旅で知ったのですが、ドイツって本当に至る所に噴水があり、ついこうして写真を撮ってしまいます。

2019年08月29日 20時58分

ロマンチック街道の旅(3)ビュルツブルクでトラムを撮る。

日本の旅行会社の店頭に置かれているドイツのパンフレットを開けると、ロマンチック街道の名前が真っ先に出てくると言っても過言ではありません。

そのロマンチック街道の北の起点、ビュルツブルク。ドイツを旅する日本人がかなりの確率で訪れる町だと思われます。市内観光はさておきまずは路面電車(トラム)の撮影。

誤解無きように申し添えますが、あくまでも「主たる目的」は市内観光で、こうして撮影している間も、ガイドさんの声はイヤホンガイドにずーっと流れていますし、私はそれを一言一句、漏らさず聞いています。ただカメラの向く方向が他の方と違うだけです。

観光中のとある場所。出口に向かいつつカメラを向けていたら“たまたま”トラムが通過していきます。何故だろう?

ビュルツブルクの町に来たのは初めて。もっともドイツに何度か来ていたとしても、トラムの走る町があまりに多くとても回りきれません。今回のようにロマンチック街道の旅をしたいと思わない限り、私には縁が無かったかもしれません。

https://www.wuerzburger-strassenbahn.info/liniennetz.php

参考までにここビュルツブルクのトラムを解説したウェブサイトによれば現在は5路線、総延長21キロのようです。

歴史的な経緯はともかく旧市街と呼ばれるエリアは中世の街並みがそのまま残っており、どこをどう切り取ってもドキドキ、ワクワクが止まりません。

テラス席がある風景。ヨーロッパでは一般的によく見かけますが、日本ではあまり馴染みがないので思わずシャッターを押してしまいます。

2019年08月28日 20時48分

ロマンチック街道の旅(2)B747のこと。

飛んでいる飛行機の位置情報がモニターで見られるようになって何年経つのでしょうか?

ボーイング747が飛んでいる姿は美しい!とさえ思える。超大型ジェット機、エアバスA380も乗ったことがありますが、あまり印象に残っていないのは何故だろう?

ところで地図にある「ロストック」はドイツ北部の町で、ナローの蒸気機関車が路上を走ることで知られるモリ―鉄道の玄関口となっています。

私が2013年にモリ―鉄道に乗りに出かけた時は、ハンブルク中央駅~ロストック駅(乗換え)~バート・ドーベラン駅~モリー鉄道というルートで移動しており、思わず地図画面を食い入るように見て、その位置を確かめてしまいました。

フランクフルト空港に無事到着。…したのは良いのですが、入国に思いがけず時間がかかりぐったり。

空港を出発したバスのフロントガラスの向こうにスーパームーン(ではないのでしょうが、私の心のつぶやきです)。旅の始まり。

(追伸)

「野月・南田のエアトレインch.」の公開録音は今週末、30日(金)です。

【概要】

日時:8/30(金)18時~21時頃

会場:株式会社ホリプロ 社屋内にて

住所:〒153-0064 東京都目黒区下目黒1丁目2番5号

※入場無料・時間内の出入り自由

【受付】

受付は当日17時半より会場にて行います。下記【お持ちいただくもの】をご持参のうえ、直接会場(ホリプロ 受付入口)にお越しください。

※事前申込み不要

【お持ちいただくもの】

入場時に「Voicyをフォローしている携帯画面」の提示が必要です。お使いの携帯電話・スマートフォン・タブレット・PCなどをお持ちください。

【放送について】

この収録内容は9/2(月)以降、各回10分程度の内容にして放送いたします。

●皆さんのお越しをお待ちしております。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!