2019年08月27日 18時31分

ロマンチック街道の旅(1)名古屋~東京~フランクフルト。

ここ数年、ヨーロッパに向かう際は諸般の事情で中国・韓国経由が定番の私。しかも往復で航空会社どころかアライアンスが異なることもあったり、途中の経由空港が往復で異なるのも2度経験済み。ネット時代の産物ですが、今回は堂々たる大人の旅で、羽田空港発フランクフルト空港行きルフトハンザ航空でドイツに向かいます。

その前にまずは中部国際空港から羽田空港に移動。

ちょいと朝が早い(7:55発)のが難点ですが、お盆期間の新幹線はジパング俱楽部が使えないので消極的な選択。

機内の紙コップに広告が入っているのですね。今は…。知らなんだ。

羽田空港では国内線と国際線との間に連絡バスがあるのは知っていましたが、乗り継ぎの搭乗券を持っているとこうした専用のバスがあるのは知りませんでした。実は羽田空港から国際線を利用するのは初めて。戸惑うことが結構ありました。

ルフトハンザ航空LH717便はボーイング747。そうっ!ジャンボジェット。私がまだ20代の頃、この飛行機は憧れの存在で、最初に乗ったのは新婚旅行の時でした。

余談ですが、初めての海外出張で搭乗したのはボーイング707。名古屋空港(現在の県営名古屋空港)からシンガポールに飛んだのですが、その後の出張は成田空港発着が多く、搭乗した飛行機はほぼボーイング747、ジャンボジェットでした。

今は特定の航空会社でしか使われていないボーイング747。ルフトハンザ航空でも退役が噂されており、今回の旅がその乗り納めになりそうです。

そして折角なので乗りたかった2階席。

この階段に足を掛けた時のドキドキ感は分かる人には分かってもらえるはず。

2019年08月26日 23時10分

ロマンチック街道/ノイシュヴァンシュタイン城(Schloss Neuschwanstein)。

ドイツ=ノイシュヴァンシュタイン城というイメージを持っている方(日本人)は多いはず。

そのノイシュヴァンシュタイン城は発音を誤ると白鳥ではなく、9匹の豚になるそうです。シュヴァンというよりはシュヴァインという方がより白鳥であることを初めて知りました。

ということで今日からこのお盆休みに出かけていましたドイツ/ロマンチック街道の旅をUPします。

もっともガイドブックでロマンチック街道を紐解いても、ほぼ(全然?)鉄道は出てきません。そもそも今回の旅の手段は車(観光バス)。

でも私の辞書では「ロマンチック街道では鉄道の楽しみがゼロ」とはなりません。そこはそれ蛇の道は蛇。

例えばあなたのパートナーが「ロマンチック街道」を旅したいとして、、、といった大人の事情はさておき、でも大丈夫。いつもよりは鉄道の楽しみは減りますが、パートナーを十分納得させ、そしてちょっぴり(こっそり)ですが自分を幸せにすることも出来るのです。

とか鉄道愛好家としての主張をもっともらしく書きましたが、結論から言えば観光旅行もたまにはするものだと思った次第。実は私にとって公私合わせて6回目のドイツ。で、今回初めてドイツの歴史やドイツのキリスト教について学びましたし、また(鉄道がなくとも)ノイシュヴァンシュタイン城のような素晴らしい風景に出会えました。まして街歩きなどとんとしたことが無いので毎日が新鮮な事、この上なし。

付け加えるに海外一人旅では今回のようなまともな食事を3度3度することは当然ない。複数で出かけたとしても、まあ多少夕食がグレードアップする程度。何が良いかって(どんな料理かが見当もつかない)読めないメニューで苦戦せずに美味しい出会いがある幸せ。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!