2019年08月29日 20時58分

ロマンチック街道の旅(3)ビュルツブルクでトラムを撮る。

日本の旅行会社の店頭に置かれているドイツのパンフレットを開けると、ロマンチック街道の名前が真っ先に出てくると言っても過言ではありません。

そのロマンチック街道の北の起点、ビュルツブルク。ドイツを旅する日本人がかなりの確率で訪れる町だと思われます。市内観光はさておきまずは路面電車(トラム)の撮影。

誤解無きように申し添えますが、あくまでも「主たる目的」は市内観光で、こうして撮影している間も、ガイドさんの声はイヤホンガイドにずーっと流れていますし、私はそれを一言一句、漏らさず聞いています。ただカメラの向く方向が他の方と違うだけです。

観光中のとある場所。出口に向かいつつカメラを向けていたら“たまたま”トラムが通過していきます。何故だろう?

ビュルツブルクの町に来たのは初めて。もっともドイツに何度か来ていたとしても、トラムの走る町があまりに多くとても回りきれません。今回のようにロマンチック街道の旅をしたいと思わない限り、私には縁が無かったかもしれません。

https://www.wuerzburger-strassenbahn.info/liniennetz.php

参考までにここビュルツブルクのトラムを解説したウェブサイトによれば現在は5路線、総延長21キロのようです。

歴史的な経緯はともかく旧市街と呼ばれるエリアは中世の街並みがそのまま残っており、どこをどう切り取ってもドキドキ、ワクワクが止まりません。

テラス席がある風景。ヨーロッパでは一般的によく見かけますが、日本ではあまり馴染みがないので思わずシャッターを押してしまいます。

2019年08月28日 20時48分

ロマンチック街道の旅(2)B747のこと。

飛んでいる飛行機の位置情報がモニターで見られるようになって何年経つのでしょうか?

ボーイング747が飛んでいる姿は美しい!とさえ思える。超大型ジェット機、エアバスA380も乗ったことがありますが、あまり印象に残っていないのは何故だろう?

ところで地図にある「ロストック」はドイツ北部の町で、ナローの蒸気機関車が路上を走ることで知られるモリ―鉄道の玄関口となっています。

私が2013年にモリ―鉄道に乗りに出かけた時は、ハンブルク中央駅~ロストック駅(乗換え)~バート・ドーベラン駅~モリー鉄道というルートで移動しており、思わず地図画面を食い入るように見て、その位置を確かめてしまいました。

フランクフルト空港に無事到着。…したのは良いのですが、入国に思いがけず時間がかかりぐったり。

空港を出発したバスのフロントガラスの向こうにスーパームーン(ではないのでしょうが、私の心のつぶやきです)。旅の始まり。

(追伸)

「野月・南田のエアトレインch.」の公開録音は今週末、30日(金)です。

【概要】

日時:8/30(金)18時~21時頃

会場:株式会社ホリプロ 社屋内にて

住所:〒153-0064 東京都目黒区下目黒1丁目2番5号

※入場無料・時間内の出入り自由

【受付】

受付は当日17時半より会場にて行います。下記【お持ちいただくもの】をご持参のうえ、直接会場(ホリプロ 受付入口)にお越しください。

※事前申込み不要

【お持ちいただくもの】

入場時に「Voicyをフォローしている携帯画面」の提示が必要です。お使いの携帯電話・スマートフォン・タブレット・PCなどをお持ちください。

【放送について】

この収録内容は9/2(月)以降、各回10分程度の内容にして放送いたします。

●皆さんのお越しをお待ちしております。

2019年08月27日 18時31分

ロマンチック街道の旅(1)名古屋~東京~フランクフルト。

ここ数年、ヨーロッパに向かう際は諸般の事情で中国・韓国経由が定番の私。しかも往復で航空会社どころかアライアンスが異なることもあったり、途中の経由空港が往復で異なるのも2度経験済み。ネット時代の産物ですが、今回は堂々たる大人の旅で、羽田空港発フランクフルト空港行きルフトハンザ航空でドイツに向かいます。

その前にまずは中部国際空港から羽田空港に移動。

ちょいと朝が早い(7:55発)のが難点ですが、お盆期間の新幹線はジパング俱楽部が使えないので消極的な選択。

機内の紙コップに広告が入っているのですね。今は…。知らなんだ。

羽田空港では国内線と国際線との間に連絡バスがあるのは知っていましたが、乗り継ぎの搭乗券を持っているとこうした専用のバスがあるのは知りませんでした。実は羽田空港から国際線を利用するのは初めて。戸惑うことが結構ありました。

ルフトハンザ航空LH717便はボーイング747。そうっ!ジャンボジェット。私がまだ20代の頃、この飛行機は憧れの存在で、最初に乗ったのは新婚旅行の時でした。

余談ですが、初めての海外出張で搭乗したのはボーイング707。名古屋空港(現在の県営名古屋空港)からシンガポールに飛んだのですが、その後の出張は成田空港発着が多く、搭乗した飛行機はほぼボーイング747、ジャンボジェットでした。

今は特定の航空会社でしか使われていないボーイング747。ルフトハンザ航空でも退役が噂されており、今回の旅がその乗り納めになりそうです。

そして折角なので乗りたかった2階席。

この階段に足を掛けた時のドキドキ感は分かる人には分かってもらえるはず。

2019年08月26日 23時10分

ロマンチック街道/ノイシュヴァンシュタイン城(Schloss Neuschwanstein)。

ドイツ=ノイシュヴァンシュタイン城というイメージを持っている方(日本人)は多いはず。

そのノイシュヴァンシュタイン城は発音を誤ると白鳥ではなく、9匹の豚になるそうです。シュヴァンというよりはシュヴァインという方がより白鳥であることを初めて知りました。

ということで今日からこのお盆休みに出かけていましたドイツ/ロマンチック街道の旅をUPします。

もっともガイドブックでロマンチック街道を紐解いても、ほぼ(全然?)鉄道は出てきません。そもそも今回の旅の手段は車(観光バス)。

でも私の辞書では「ロマンチック街道では鉄道の楽しみがゼロ」とはなりません。そこはそれ蛇の道は蛇。

例えばあなたのパートナーが「ロマンチック街道」を旅したいとして、、、といった大人の事情はさておき、でも大丈夫。いつもよりは鉄道の楽しみは減りますが、パートナーを十分納得させ、そしてちょっぴり(こっそり)ですが自分を幸せにすることも出来るのです。

とか鉄道愛好家としての主張をもっともらしく書きましたが、結論から言えば観光旅行もたまにはするものだと思った次第。実は私にとって公私合わせて6回目のドイツ。で、今回初めてドイツの歴史やドイツのキリスト教について学びましたし、また(鉄道がなくとも)ノイシュヴァンシュタイン城のような素晴らしい風景に出会えました。まして街歩きなどとんとしたことが無いので毎日が新鮮な事、この上なし。

付け加えるに海外一人旅では今回のようなまともな食事を3度3度することは当然ない。複数で出かけたとしても、まあ多少夕食がグレードアップする程度。何が良いかって(どんな料理かが見当もつかない)読めないメニューで苦戦せずに美味しい出会いがある幸せ。

2019年08月09日 20時55分

夏休みにハワイに行く方へ(5)廃線跡を歩こう。

ハワイでは廃線跡を歩くことがが出来ます。

ココヘッドトレイル(ココ・クレーター・レイルウェイ・トレイル)と呼ばれるハワイでは人気のトレッキングコースがそれで、山頂の施設に資材を上げるのに使われたケーブルカーの廃線跡がそのままトレッキングルートになっています。

ホノルルの街からはバスで約1時間程度。(どの路線に乗るかで変わります)

本当に廃線跡の急斜面をただただ歩きます。

こんな景色が見えるそうです。「…そうです。」、実は私は登っていません。

たまたま入ったカフェの方と話をした際、「これからココヘッドトレイル」に行く予定と話したら、「止めた方が良い」と言われ、断念しました。

標高差や距離の問題ではなく、足元が悪い所が途中にあり、若い人は良いが65歳の私はチャレンジしないのが賢明とのことで、上記の写真は今回の旅の同行者が私の代わりに行ってくれて撮影したものです。

その代わりと言っては何ですが、私はハワイの象徴、ダイヤモンドヘッドに登ってきました。

2019年08月08日 23時28分

夏休みにハワイに行く方へ(4)ハワイアン・レイルウェイの駅ネコちゃんに癒される。

ハワイアン・レイルウェイの事務所にいたネコちゃん。可愛い。

WELCOME。私たちは歓迎されています。

午後3時発の列車のお客さんたち。結構な人数の方が楽しまれます。日本人の姿は少ない印象。ワイキキのビーチだけではなく、ここオアフ島では路線バス車内でも普通に乗っているにも関わらずです。

午後3時発の列車が遠ざかっていきます。線路のこのヘロヘロは私には堪らない。

ハワイアン・レイルウェイの乗り場から徒歩20分。

ハワイの鉄道史跡巡り。

本当はそうではなく、ショッピングモールの入り口にあったモニュメント。

鉄道の事務所から一番近い食事の出来る場所で、線路内を歩いて行けば近いと言われお言葉に甘えました。だから遠ざかるシュガー・トレインの写真が撮れました。

午後4時近い時間にアメリカンサイズの昼ご飯。

1点、アドバイス。もしも午後1時の列車に乗ろうと思った方は、サンドウィッチなど昼食をホノルル市内で用意していく事をお勧めします。

2019年08月07日 23時14分

夏休みにハワイに行く方へ(3)ハワイアン・レイルウェイの踏切。

走っていると突然、踏切のある場所で乗務員さんが2人降りました。

何とその方たちが道路を封鎖。つまり人力踏切。

全ての踏切ではなく、警報装置の無い踏切だけのようですが、日本では見られない光景でしょう。それよりもボランティアスタッフが運営する保存鉄道に踏切の設置はまず認められないでしょう。

14:40に出発点に戻ってきました。これは最後尾。鉄道好きな方が見れば「?」な光景。

実はプッシュプル運転で、機関車が往路は最後尾から押し、帰路は先頭で列車を引っ張ります。そしてこの展望車に係員が2人(だと思う)乗り、合図を機関車の乗務員に伝えていました。

機関庫の中。撮影はOKだということでしたのでのんびり撮影。

先入観もありますが、アメリカのシュガートレインと言ったら私はこれ!!!

2019年08月06日 22時56分

夏休みにハワイに行く方へ(2)ハワイの風に吹かれて。

出発点の住所、91-1001 Renton Rd, Ewa, Hawaii 96706から914ミリゲージを 時速15マイル(時速24キロ)ほどで走り約50分。

終点が近づいてきました。

地図ではトラックス・ビーチ・パークという場所の近く。

92-201 Farrington Hwy, Kapolei, HI 96707

大体の場所は上記の住所。

ただ海岸沿いを走るのは最後の方で、最初は殺風景な風景が続きます。

終点到着から20分ほど時間を巻き戻し、出発して30分ほど走った場所はゴルフ場の中。高級リゾート施設の真っただ中を突き進みます。

この日はとても風が強く、ご覧の状況。ハワイでは珍しいそうで、台風並みとのことでした。

終点で列車を降りられないため、編成写真を撮影できません。

白波の立つ絶景。

この風景というより乗車の皆さんの服装に注目。長袖は当たり前で、中には薄手のダウンジャケットという方もいました。冷房の効いたレストラン、ショップだけではなく、こんなところでバッグに入れておいた防寒着が役に立つとは思いませんでした。異常気象だったのでしょうか?

2019年08月05日 21時48分

夏休みにハワイに行く方へ(1)オアフ島で鉄活しよう。

夏休みに限らず一年中、ハワイは日本人の人気観光地。

ただ鉄道が好きな方にとって、食指が動かない観光地であろうことは紛うことなき事実。多分、多くの方の賛同が得られるはず。

でも一般的な鉄道ではなく、保存鉄道であれば探せばあるのです。

かつてサトウキビを運んでいたハワイアン・レイルウェイ(Hawaiian Railway)。

私はホノルル・ワイキキ海岸の東端のホテルに宿泊していたのですが、そこから路線バスを2回乗換え、2時間弱で到着。

余談ですが、それだけ乗っても公共交通機関のThe Busはワンデイパスで5ドル50セント。1回乗車が2ドル75セントですのでもう、元を取っている。

私を出迎えてくれた蒸気機関車、EWA1は1890年製。サトウキビ列車の機関車の走りとのこと。

さてここに出掛けたのは今年の2月10日(日)で、保存鉄道とは言え、軽食が食べられる施設はあるだろうと思っていたらそれはなく、一番近い食事は出来る施設までは歩いて数十分とのことで腹ごしらえは後回しにして、列車の出発時間までまずは併設の可愛い博物館へ。

中は鉄道模型が縦横無尽。多分、Oゲージ。

時には脱線もしますが、直ぐに復旧します。

いよいよこれから往復1時間半の旅の始まりです。

※ハワイアン・レイルウェイは毎週土曜日の午後3時、毎週日曜日の午後1時と3時に出発します。

お出かけになる方は必ずHawaiian Railwayのウェブサイト

http://www.hawaiianrailway.com/index.php

をご確認ください。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2021年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!