2020年02月01日 15時27分

台湾の鉄道/阿里山森林鉄道(5)嘉義まではバスに乗車。

バス停近くで見かけた何か(?)。縁起物でしょうか?

さて嘉義駅行きのバスの到着。

バス停の名前は十字村。阿里山森林鉄道の駅名とは少し違いますが、その距離は多分100メートルほど。そもそもそれをグーグルマップで発見したことが今回、十字路まで乗ろうと思った理由。以前、嘉義から阿里山までのルートを地図で調べたことがあり、その時に鉄道と道路があまり並行していないことを確認しており、今回、十字路(鉄道)と十字村(バス)が隣接していることを見つけた時は、十字路駅まで鉄道で行っても、夕方までに高雄まで入れるのではと次のステップへ。

ということで少々苦労しながらネットでバスの時刻を調べたら12:58発のバスがある!これで決まりとなりました。

阿里山と嘉義を結ぶバスが定員乗車なのは、先回阿里山に出かけた際に知ったのですが、その時、阿里山を満席で出発することはなく、途中の停留所からの乗客のために数席空けていることも教えてもらいました。

バスに乗って直ぐ、外は霧に包まれました。多いんですよねというか阿里山名物ともでいうのでしょうか?それはそれとして、個人的な感想ですが、阿里山森林鉄道よりもこの路線バスの方が、どちらかと言えば景色を楽しめると思っています。

なぜなら鉄道の線路沿いは鬱蒼たる森の中を走ることが多く、一方で道路は割とそれが少ないからですが、それで阿里山森林鉄道の魅力が乏しいという事にはなりません。

 

嘉義駅前にほぼ定時の14:46到着。列車よりも1時間も早く走る路線バス。と書きつつ、近い将来、阿里山森林鉄道が全線復活したら絶対にまた列車に乗る。だって世界的観光地である阿里山に行くのが目的ではなく、阿里山森林鉄道に乗って阿里山に行くのが目的なのです。

これがバスの乗車券。乗車時の前払いで、それを知らなかったことと料金の確認で手間取り、間違いなくバスがそれで1分は遅れた。

実は料金も事前に調べてあったのですが、後払いだと思いこんでいたため咄嗟にそのメモを見つけられずご迷惑をおかけしました。

嘉義からは事前予約していた15:30発の自強号で高雄(16:51着)に向かいます。

但し、コンビニでの発券ではなく、ネットでの予約票を駅で受け取っています。多少の節約。因みにこの列車、予想通りの満席でした。(乗車した5号車の車内の見た目)

この日の晩御飯。翌11月24日に控えた「大人の遠足」を前に、参加者が集まっての牛鍋パーティー。

2020年01月31日 15時26分

台湾の鉄道/阿里山森林鉄道(4)十字路という街。

十字路の駅に到着して暫くしたら私の乗って来た列車が動き始めました。

理由は分かりませんが転線の様で、写真だけ見ればまるで到着シーン。

さて駅周辺の景色。人家があって規模は小さいながら街を形成しています。

眼下の渓谷も手に取るように見えます。

そこに後続の阿里山号(嘉義駅発9:30、十字路駅着12:30)が定時に顔を表しました。

そのシーンにカメラを向けるのは私だけではありません。

先に到着した列車が転線した理由はきっとこれ。乗客が乗り降りする台があること。間違いない!

駅前の商店ではいろいろ魅力的なものを売っていますが今回はパス。

そして向かったのは阿里山公路を走るバスのバス停。駅からは歩道で繋がっています。

2020年01月30日 15時00分

台湾の鉄道/阿里山森林鉄道(3)十字路駅。

●明日31日の金曜日はインターネットラジオVoicy「野月・南田のエアトレインch.」公開録音を東京/六本木ヒルズで開催中の「特別展 天空ノ鉄道物語」会場で行います。

詳しくは下記のURLをクリックしてください。

インターネットラジオVoicy「野月・南田のエアトレインch.」公開録音決定!

 

さて台湾・阿里山森林鉄道の続きです。

今回の乗車券。上が嘉義駅から独立山(獨立山)駅までの乗車券。下が独立山(獨立山)駅から十字路駅までの乗車券。何れも嘉義発と言うのがポイント。

さてこうなった理由ですが、まず2週間前の販売開始日にネットで予約したのですが、1枚目はすんなり取れたものの2枚目の乗車区間である独立山(獨立山)駅から十字路駅のチケットは取れず。

そのため区間を変えて嘉義から乗車のパターンにしたら取れました。人気列車というよりは、嘉義駅~独立山駅を乗るお客さんはいないという事の様です。一部区間の乗車放棄しても鉄道会社に不利益を生じさせるものではないので良しとしました。その代わり独立山駅で乗車した阿里山号の私の席には他のお客さんが座っておられるという事はありましたが…。座っていたのはご家族で乗車のお客さんで、私の席はその方たちにとって都合が良い席でしたのでそのまま席を交換した次第です。

天気が良いとこんな風景が見えるんですね。山頂付近に集落があるとは意外な発見。

トンネルの入り口で見かけた50パーミルの勾配標。凄い!

水社寮駅で作業車両?と交換。

奮起湖駅到着。列車到着に伴う混雑が一段落して撮影。

ここではタブレットが現役。

十字路駅に到着。乗客のほぼ全員がハイカー。私のような乗り鉄は間違いなくいない!

標高1534メートルの駅。

駅併設の展望スペースからの絶景。厳密な意味での途中下車ではありませんが、ここはやはり途中下車したからこそ出会えたと書きたい。

2020年01月29日 20時32分

台湾の鉄道/阿里山森林鉄道(2)独立山駅。

何もない!列車が出発すると本当に何もない!降りたお客さんは三々五々散っていき、そして静寂だけが私の友達。

海抜743メートルのこの駅ですが、森林鉄道としての現役時代は間違いなく上下列車の交換がその目的だったはず。なぜ私がそう思うかは、駅の近くに民家が見られなかったことによります。ひょっとすると数十分歩いたところに民家のある「秘境駅」かも知れませんが…。ところでこの駅の利用者は服装などから察するに100%ハイキング客。この独立山駅を通過していくハイカーの姿も見受けました。

独立山登山歩道線…あとは読めず。でも遊歩道の地図であるという私の推理がきっとあっている。

駅構内にある給水塔。かつてシェイ式蒸気機関車が走っていた時代、ここで給水をしていたことでしょう。

ここからは後続の全車指定席「阿里山号」(嘉義発9:00)に乗車。

さすが全車指定席は快適。

車窓は台湾の山々の絶景。

(追伸)

インターネットラジオVoicy「野月・南田のエアトレインch.」公開録音決定!

東京/六本木ヒルズで開催中の「特別展 天空ノ鉄道物語」を舞台に、パーソナリティー/野月、南田が皆さんとクロストークを交えながら一周します。

まだこの特別展をご覧になっていない方はこの機会に是非、そしてご覧になった方は皆さんと鉄道への想いを共有しませんか?詳しくは下のリンクをクリック!皆さんのお越しをお待ちしております。

インターネットラジオVoicy「野月・南田のエアトレインch.」公開録音決定!

2020年01月28日 19時44分

台湾の鉄道/阿里山森林鉄道(1)独立山駅を目指す。

2019年11月23日の嘉義駅。いい天気。阿里山森林鉄道に乗るのは3回目ですが、やっと晴れた!

この阿里山森林鉄道ですが、実は土砂崩れにより嘉義駅~沼平駅の全線通しの列車は運転されていません。

まずは嘉義駅~奮起湖駅間 が復旧し、今は奮起湖駅 ~十字路駅間も運転を再開しており、今回は今の終点である十字路駅を目指すことにしました。

朝8:30発の奮起湖駅行きに乗車。全車自由席なのでこのようなロングシート。しかしこの写真を撮影した後はほぼ満席。

まずは嘉義の市内をゆっくり走ります。

北門駅に到着。これから一体どれだけの人が乗る???

竹崎の駅で更に乗る!車内では立っている人も多し。

線路上の人は、このエリアでハイキングを楽しむ人。

今回の旅は、刻んで行こうと考え、まずは独立山駅で下車。

2020年01月27日 23時37分

台湾の鉄道/三義から嘉義に移動。そして…。

11月22日、縦貫線三義駅から次の目的地嘉義駅に向かうのですが、三義駅は普通列車しか停まらないので、途中駅から自強号(日本で言えば在来線特急)に乗り換えようと思い、駅の出札窓口で相談することしばし。しかしどの列車もことこどく満席。結局自強号をあきらめ14:42発の普通列車に乗り、嘉義駅17:31という久しぶりの2時間50分、鈍行列車の旅と相成りました。

ラッピング列車が走るのは日本だけではありません。

まるで動物園。

私が乗ったのはこの原色車。

午後5時になる直前、夕日が沈んでゆく。センチメンタル・ジャーニー。

乗れなかった自強号が我が列車を追い越してゆく。

嘉義の町でまず飛び込んだのはセブンイレブン。そこにある端末で翌日乗車する阿里山森林鉄道の乗車券を引き換え。若干の手数料はかかりますが、駅の窓口は1つしかないため、万が一の行列に出くわさないための手段。まあ駅に早く行けばそれでOKなのですが、そこはそれ1分でも長く寝ていたい無精者。ところで台湾ではコンビニで列車の乗車券(指定券)が取れるのですが、そのことは知ってはいてもなかなかチャレンジをする勇気がこれまではありませんでした。しかしやってみたらあまりのあっけなさに愕然。一応、手順をスマホで確認しながらやっていたのですが、途中からは端末画面を見るだけとなりました。一度お試しあれ。

駅にほど近い商店街の定食屋さんで晩御飯。ざっくり700円ほど。

これはビール。ではなく、ご多分に漏れず台湾あるあるのビールを置いていない店。で、これはジャスミンティー。何で泡立ているかは不明。

2020年01月24日 0時08分

台湾の鉄道/旧山線レールバイク(8)世界遺産の価値がある!?

台湾鉄路管理局(在来線)の三義駅。

日中は1時間に1本、普通列車だけが停まるローカル駅。ですが、駅前にはタクシーが常駐しています。日本では考えられない光景です。

街中に出ればこうして建物が並び、商店街も形成されています。最初に私が抱いていて1時間に1本しか停車しない駅のある街のイメージは、がらりと覆されました。

ただ列車が出発すると待合室はご覧のようにガランとしてしまいます。ところでこの駅の利用客数がどれほどかは分かりませんが、台湾の駅は有人駅が多く、そして有人駅では、日本風に言えばみどりの窓口があり、優等列車の座席指定券が買えます。

世界遺産になる価値があるとアピールする台湾世界遺産潜力点のステッカー。この日乗ってきた旧山線は、それだけの価値があると地元ではアピールしています。

ホーム間を移動するための地下道。この閉じられたシャッターの向こうに旧山線のホームがあります。

旧山線が廃止された今も残るホーム。

山線三義駅の次の駅は、旧山線ではこの日行ったばかりの勝興站。こうして駅名標もかつてのまま。ひょっとしてこの旧山線が世界遺産に登録されたなら、観光路線として復活し蒸気機関車が走る!という夢を私は見そうです。

2020年01月22日 21時50分

台湾の鉄道/旧山線レールバイク(7)絶景。

南斷橋秘境(經魚藤坪鐵橋)という名の停車場?Aコースの片一方の終点で、20日にUPした「龍騰断橋(りゅうとうだんきょう)」の説明は、ここで一旦降りて歩いて行ったところで行われています。ともかくここはそもそも駅でもなければ信号所でもなく、観光レールバイクの観光ポイントとして作られたようです。

清々しい空気の中をゆったり走るバイク。一昨日UPした5枚目の写真の鉄橋から見える風景です。

橋を渡る。結構長い橋なのでそこだけ周りが開けた感じです。

「龍騰断橋」がはっきり見えます。勿論、往路でも見えているのですが、今ひとつ走行ルートを理解しておらず、写真が撮れませんでした。それにしてもこういう廃線の朽ち果てる寸前の橋をちゃんとした観光地に仕立てているのが良いですね。

日本ではここと同様で考えると高千穂あまてらす鉄道株式会社が近いかも知れませんが、残念ながら私は行ったことがなく、単に鉄橋つながりだけなのですが、一度足を運んでみようと思いました。

こうして2019年11月22日、旧山線レールバイク完乗。ところでたまたまかいつもかは分かりませんが、Bコース乗車時に片言の日本語を話す若いスタッフがいて、勝興站での集合時間を教えてくれるなど要所要所で私に声をかけてくれ、おかげで『孤独』な乗り鉄にはなりませんでした。

昼ご飯は三義で泊まった民宿のご主人お勧めの町の食堂。

麺屋さんなのに炒飯を注文。

他にこの棚から小鉢を選ぶ。

日本風に言えば茄子の煮びたし。台湾は、町の食堂でも美味しいのが魅力です。

※メニューが漢字なので何となくどんな料理か見当がつくのも高評価。

2020年01月20日 21時43分

台湾の鉄道/旧山線レールバイク(6)龍騰断橋(りゅうとうだんきょう)

最近とびとびの台湾シリーズ。

今日も旧山線の続きです。

6号トンネルを出て、視界が広がったところがレールバイク(のツアー)の終点。

その先にある鉄橋はとても廃線跡とは思えません。

「舊山線鐵道自行車」の日本語サイトには『旧山線は1998年に運行を停止し、中央及び地方各界がその運転再開を心待ちにしていますが、蒸気機関車の購入設置、メンテナンスなど運営コストの問題があり、運転再開のメドは立っていません。』とあり、ひょっとすると将来、蒸気機関車による(観光路線としての)山線復活があるのかも知れません。

もしも復活したら、、、きっと来る。いやっ、絶対に来る。何せ台湾にはCK124 – 国鉄C12形蒸気機関車、CT273 – 国鉄C57形蒸気機関車、DT668 – 国鉄D51形蒸気機関車の3両が動態保存されています。山線ならやっぱりD51かな?妄想が広がります。

所でこの場所には下に降りていく階段がありました。因みに橋の下に道路があるのは先ほど確認しており、さすればこの鉄橋のある場所は一般の方でも入れるのでしょうか?と、その時は思ったのですが、そうするとトンネルが自由に通行できることにもなるので、やはり何かしらの制限区域と今は推察しています。

トンネルが連続する風景。

鉄橋を行くレールバイク。こんな感じの編隊運用となっています。

旧山線の更にその前に使われていた線路(橋脚)。1935年(昭和10年)に発生した地震で壊れ、その後は新しい橋がかけられました。(前の写真)

ここではレールバイクに乗車している案内役の方による「龍騰断橋(りゅうとうだんきょう)」の説明を聞きます。

言葉は分かりませんが、写真と漢字で何となくではありませんが、地震があったことは理解できました。

 

これは説明を聞いた場所にあった橋脚。まるでアンコールワット。

2020年01月16日 23時36分

台湾の鉄道/旧山線レールバイク(5)目指せ完乗!

2019年11月22日、「舊山線鐵道自行車」=「 旧山線レールバイク」の前半戦終了。

Bコース「龍騰站~勝興站」間を乗り終えた後は、15分の乗継でCコース「龍騰站~南斷橋秘境(經魚藤坪鐵橋)~6號隧道」に乗車。この乗継で予約はしていましたが、もしもBコースが少しでも遅れたら集合時間(発車15分前に乗車場所にて安全講習を受けるルールあり)に間に合わなかったらどうしようとか思い、乗る前に乗車券売り場の方に聞いたらOKとのことで、時間のロスがゼロでこのレールバイクを完乗しました。

右側にスイッチバックの引き上げ線(?)らしき線路。

左手に龍騰断橋が見えます。この風景が山線巡りのハイライト。

Cコースはトンネルルートでもあります。

独特の風景の山も見える。

6号トンネルの手前でレールバイクを降り、光のグラデーションの中を歩く。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2021年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!