2019年12月07日 19時45分

ナムトク線(5)アルヒル桟道橋。

アルヒル桟道橋とは?

クウェー・ノイ川に沿って岩壁すれすれに作られた全長約300mのS字カーブの木造橋。安全に渡るために、列車はこの橋にさしかかると時速5kmまでスピードを落とします。窓からは、敷設時に日本軍が爆破したでこぼこの岩壁、反対側からは、ゆるやかに流れるクウェー・ノイ川が見下ろせます。

以上、タイ国政府観光庁公式サイトから転載。

クウェー川鉄橋を渡ると暫くこんな感じの風景が続きます。

車内でバナナの葉?に包まれた何かを買った。

手のひらサイズの可愛らしい軽食。味はビーフンみたいですが、見た目はしらたき。

2つの違いは具。意外と美味しく、あっという間の完食。ただ2つ合わせてもご飯茶碗に1杯分にも足りない。きっと。

クラサエ橋/ Tham Krasae Bridge駅から観光客乗車。再び車内に乗客の姿現る。

12:36、木で出来た橋を走る。時速は多分、ほんの数キロ。

こちらは帰路での撮影。こちらの方が木で出来ていることが分かり易いかも。橋と言っても川を渡る訳ではありません。崖っぷちにへばりつくように木組みの構造物が作られ、そこに線路が敷かれているのです。

謂わば渡らずの橋。飯田線の第6水窪川橋梁は対岸には渡りませんが、川の流れを越えはします。しかしここはそれすらありません。

それにしてもバンコク/トンブリ駅を出て170キロ余。40分遅れで既に4時間半乗車。乗り鉄って何だろうと珍しく思ってしまった。

終着駅まであと残すところ40分。というかまだ40分もある。実は終点のナムトク駅の折り返し出発時間は12:55。そのタイムリミットにそもそもこの列車の到着が間に合うことが無いのは理解できるものの、定刻ならば20分ほどあった現地を楽しむ時間は一体どうなるのだろう?

遠く海外の地に来て、5時間以上も普通列車に揺られ、着いた駅に何分いられるかが見当もつかない。かといって1本列車を遅らせればその列車はバンコクまでの途中駅止まり。本日中には帰れない。鉄の抜け道となるバスは(乗り継げば)ありそうだけど、バンコクに直通で走る路線は探してみたけど見つからなかった。

まあ腹をくくってここはこの状況を楽しもうと思ったものの天気も下り坂。何だか思考に一貫性というか脈絡がどんどんなくなっていく。ケセラセラ、なんくるないさーしか選択肢はないのに、いつもならそうなるのに何故か今回は珍しくそうならなかったのは今考えても不思議。

2019年12月06日 17時05分

ナムトク線(4)クウェー川鉄橋。

タイ国鉄/ナムトク線にもう暫くお付き合いください。

平日は1日3往復のナムトク線。バンコクから往復するのはその内2往復。のんびりした風景の中をひた走ります。

もっともそんな日本風に言えば超閑散路線ではあるものの、クウェー川鉄橋/The Bridge Over River Kwai、アルヒル桟道橋/Tham Kra Sae Bridgeという世界的な観光地/目玉商品を持ち、それもあって超豪華列車として知られているかのイースタン&オリエンタル・エクスプレスも乗り入れる路線で、線路の整備は行き届いている印象です。

この日乗っているのは第二次世界大戦中、日本軍が敷設した泰緬鉄道。これから渡るクウェー川に架けられた橋は、映画「戦場に架ける橋」の舞台となっています。戦後、修復されましたが、アーチ部分はオリジナルで当時の面影を残しており、またその橋は対岸まで渡ることができ、途中には列車通過時に待避できる場所もあって、それが目当ての観光客が世界中から集まっているのです。

橋を渡る前にある駅には建設当時に頑張ったC56が静態保存中。

橋を渡る列車に乗り込む観光客。

橋を渡り、列車の到着を待ち続けていたであろう観光客。

まあよくやるなあというのが感想。ところで橋を渡り終えたところにあるサパン・クエ・ヤイ/Saphan Kwae Yai/สะพานแควใหญ่駅で観光客多数下車。

2019年11月30日 21時45分

ナムトク線(3)列車が混んでいたので。

ノンプラドゥク・ジャンクション/Nong Pla Duk Junction/ชุมทางหนองปลาดุก駅。

この駅の側線にDD51がいると聞いていましたが、、、いました。DD51 1137のナンバーが確認できました。ただもう一両いるはずなのですが…。

ノンプラドゥク・ジャンクションは南本線とナムトク線、スパンブリー線の分岐駅。10:11.ここで南本線のプラチュアップキーリーカンPrachuap Khiri Khan/ประจวบคีรีขันธ์駅発のトンブリ行きが我が列車の到着を待っていました。緑色の旗を機関士が持っていたので直ぐの出発のようです。

因みに写真の列車の出発は定刻ならば9:23。一方我がナムトク行きの列車は9:22。遅れはともかく、本来この駅で交換の列車同士。どんな運転整理をしているのかが知りたい。

ところでこトンブリ発ナムトク行きの車内では、この駅を出てからあまり写真を撮っていません。

途中のカンチャナブリ/Kanchanaburi/กาญจนบุรี駅を出てやっと写真を撮れるようになりました。

私が乗っていた客車内はこんな感じ。左側のブロックは6人掛け、右側のブロックは4人掛けのボックスシートで、分かる人には分かる比較ですが、キハ10形の座席よりもかなり狭いと思う。このシートの6人掛けの左端(窓側)に座っていたのですが、トンブリを出た時はさほどでは無かったものの途中からほぼ満席で、私の座っていたボックスは定員の6人が座っており、1人当たりの占有面積があまりに少ない状況でカメラを出して構え続けるというのは憚られ、やむを得ずひたすら車窓の景色を見ていました。またノンプラドゥク・ジャンクション駅を出てからは雨も降りだし、透明とは言い難い窓越しでの撮影は今一ですし、それ以上に雨の最中に窓を開けて撮影すると言うのは、あまりに他の乗客の方の迷惑になると思い遠慮した次第です。

2019年11月29日 22時27分

ナムトク線(2)ナコンパトム駅。

ナムトク行きの列車はナコンパトム/Nakhon Pathom/นครปฐม駅に15分遅れで到着。(定刻では8:57、実際には9:12)

定刻ならばこの駅の出発は9:02。しかしこの駅で、ナムトク行きは歩みを止めました。バンコクからここまでは複線なのですが、ここナコンパトム駅からは単線のため対向列車との交換待ちです。

おっと説明不足でしたがナムトク行きの列車はトンブリ駅を出て3駅目のタリンチャン駅からタイ国鉄のメインルートの一つである南本線に入り、今停車中のナコンパトム駅を通りノンプラドゥク・ジャンクション/Nong Pla Duk Junction/ชุมทางหนองปลาดุกから支線であるナムトク線に入ります。

 

まずは9:24にタイ南部のスンガイコーロック/Sungai Kolok/สุไหงโก-ลก駅始発の夜行(急行)列車を見送り。(定刻では7:44発)

この列車は始発駅を11:30発で定刻でのクルンテープ駅到着は9:15。タイの最長距離を走る列車の一つで、始発からこの列車に乗った方は、この日はほぼ24時間乗っていることになります。

ところでこの列車はスンガイコーロック発は間違いないのですが、この列車のあとに同駅始発の夜行(特急)列車が設定されており、その列車は定刻ならば8:42にここナコンパトム駅を出るのですが、一応列車編成から見て推理をしています。

9:31。行き先表示を確認できず。

9:39。定刻ならば9:22発の気動車特急スラタニー/Surat Thani/บ้านส้อง行きに先を譲ります。

そして9:49、37分停車した列車はおもむろに出発しました。

2019年11月28日 11時48分

ナムトク線(1)トンブリ駅。

2019年11月2日(土)のタイ国鉄旅はナムトク線。

バンコク市内のターミナルであるトンブリ/Thon Buri/ธนบุรี駅からの乗車。バンコク市内から行くには1日2往復だけの列車に乗らなければならず、なかなか手強い路線です。

トンブリ駅。ここを7:50に出る列車に乗るべく7:30に到着。クルンテープ駅からタクシーで来ました。公共の交通機関で来るには、路線バスか船を使う必要があり、一方でこの日が土曜日だったので、渋滞もあまり心配ないだろうと思ったからです.

トンブリ駅の駅名標。トンブリ駅は、かつてあった場所から移転したとは聞いていましたが、「バンコク・ノーイ」駅はかつてのここの場所にあった駅名なのでしょうか?

一見、客車列車の出発風景に見えますが、実のところは側線に停まっていた客車が動き始めたところです。恐らくこれが目的の列車。

思ったよりも長い編成。短編成の気動車に乗るよりはテンションが上がるというと気動車の神様に叱られそう。

ホームの屋根のある所には観光客を思しき人が多く、ゆったり座れない可能性もあってホームの端っこにやってきました。列車は私の勝手な予想に反し堂々の10両編成で、この位置でも余裕で乗れる場所。

そして定刻に出発。

2019年11月27日 22時06分

メークロン線(11)ロットゥーに乗ってバンコクに戻るの巻。

2019年11月1日(金)、メークロン線の旅は終了。当初はメークロン発15:30のバンレ-ム行き最終列車で来た道と同じルートで帰るつもりだったのですが、見るべきものは全て見た感じで満足したので、別の手段で帰ることにしました。

何でかって言えば、たまたま地図アプリを見ていたらメークロン駅から南に行ったところに「バス停」のマークがあり、それをクリックしたら『Mae Klong Van Station』と出てきました。確かガイドブックにミニバス/ロットゥーがバンコクとメークロンを結んでいるという記事があったのを思い出し、駄目元でそこに行ってみました。

駅前からの通りを左に回り、確かこの辺りと思いつつ歩いて行く。

ありました。ロットゥーの乗り場。

バンコクの国鉄クルンテープ駅の方面に行きたいと言ったら、この車に乗れと言われて素直に乗車。出発時間を確認したら12:45とのことで15分の待ち時間。往路は23バーツで来た町から60バーツ払って戻ります。(全て翻訳アプリでの会話です)

にしてもロットゥーにダイヤがあるとは知りませんでした。

お客さんは12人まで乗れますが、何と満席での運行でした。

さて出発してから1時間20分、14:05に降ろしてもらったのはBTS(スカイトレイン)のウターカート/Wutthakat/วุฒากาศ駅。

そもそもメークロンとバンコクを結ぶロットゥーは、バンコクの数か所を起終点にしているようで、もっとも私が乗った車が本来はバンコクのどこが終点かは知らずに乗っていました。ただ分かっていたのはクルンテープ駅(フアランポーン駅)には行かないだろうという事位。ということで運転手さんとの相談で、BTS(鉄道の駅と言う意味)の駅ならばOKということで、先に書いた通りウターカート駅で降ろしてもらいました。ただロットゥーに乗った段階では、タクシーかバスでBTSかMRTの駅、もしくはホテルに向かう事になるであろうと思っていました。運転手さんには大感謝です。

2019年11月26日 21時41分

メークロン線(10)昼食は駅構内のお店で。

お約束の風景を撮影。ほんの20分前には鈴なりの人だかりだったのが、折り返しの列車では意外なほど少なくある意味拍子抜け。

観光ガイドブックやテレビなどで何度も見ている野菜の上を走る列車。やはり本物の迫力は流石です。タイに来たら一度は見ておくと語り草になります。

昼食はご飯の上に鶏肉を乗せた丼風。この店の唯一のメニュー。本当は調味料が置いてあってそれを付けて好みの味に仕立てるスタイルのようでしたが、取り返しがつかない事態も予想され、そのまま頂きました。たしか60バーツ。味はどうですか?と聞かれれば、「私の口には合います」と答えておきます。今回の旅で、地元の屋台や食堂でも何度か食べましたが、値段も値段ですから「うっ!美味い」と声が出るものは特になかったものの、単に「うっ!」と思わず声が出てしまうようなものには出会いませんでした。ミャンマーもそうですし、ベトナム、カンボジア、タイとこの辺りの国々の食事は私は体質的に楽しめるようです。

線路の見えるこんな場所での食事。観光客がいなければ穏やかな時間がゆっくりと流れています。

さてお腹も膨れてバンコクに戻ろう。

2019年11月25日 21時08分

メークロン線(9)メークロン市場に突入!

メークロン駅に少々遅れての到着直後。1日4往復しか走らない駅が人で溢れています。でも決して乗って来た人ばかりではなく、殆どはここメークロンで待ち受けていた人たちで、列車との記念写真の撮影のためこの場にいました。

参考までにメークロン駅のその先は川がその行く手を阻んでいます。(到着時に車内から撮影)

またここにいた人は一人だけ。当然と言えば当然で、ここでの見せ場は市場内を走る列車であり、もしもここに人がいたら、それはそれで事件です。

取り敢えず折り返し11:30発のバンレ-ム行きが市場内を通るところを撮影しようと思い、いざっ!出陣、と思ったものの人が多すぎて何ともならない。それでも奮闘勇躍、何とか入ることが出来、それが今日の表題の「突入!」に繋がっています。突入とは列車の突入ではなく、私の行動のことです。

メークロン市場で売っているものですが、意外と魚が多く驚きました。

ところでつい直前まで溢れんばかりの人がいて、ある意味覚悟をもってこの場に入ったのですが、何と10分も経たずにこの光景。きっとこれが日常の風景。

お肉屋さんもあります。ところでこの市場で働く人たちの反応ですが、観光客が殺到するのはまあ列車の通る時間の前後、せいぜい15分程度のことでもあり、もはや諦めの境地。毎度のことながら一応一眼レフを相手に見せているのですが、反応が薄い(笑顔はまずない)。写され慣れているというのもあると思われます。ただ地元で暮らす方のための市場であり、人が多くてもまず売り上げには繋がらないでしょうから、観光客の存在は間違いなくただ迷惑でしょう。

メークロン駅を列車が出発する時間になると一斉にテントを畳み、走行する列車に引っ掛かりそうな陳列台、商品が片付けられます。空が広くなったというのが率直な感想。

ここから先は昨日の動画をご覧ください。

2019年11月24日 14時37分

メークロン線(8)メークロン市場を動画で録ってみた。

メークロン市場の風景を動画で録ってみました。
1)市場に入っていく。(25秒)

2)もう直ぐ終点。(25秒)

3)列車の通る時間が近づくと。(24秒)

4)市場を通過する列車(36秒)

5)テントを戻す。(17秒)

2019年11月23日 22時26分

メークロン線(7)メークロン市場に突入。

タイの乗車券は、駅で発行されるとこのタイプ。上がウォンウィエンヤイ駅~マハチャイ駅間、下がバンレ-ム駅~メークロン駅間の乗車券。何れも1枚10バーツで、合わせて20バーツ+船が3バーツだったので計23バーツ(両替後換算で約90円)で3時間半の旅。

上の券で左上、下の券で左に2か所ある切れ込みが車内改札の鋏(はさみ)が入った証。

ただ下の券は乗車券を折って折って鋏が入れられておりその理由は不明。

さて定刻で10:10発の列車がバンレ-ム駅を出て直ぐに気が付いたのですが、メークロン線は軌道改良工事がなされており、ほぼロングレール化もされています。たった4往復しか無い路線にも関わらずこの線路状態は驚くべきことで、それもあってメークロン線の列車は快調に飛ばしていきます。

ホームは無くとも駅名標が出ていればそこが駅。(バーンクラジャウ/Bang KrachaoBang Krachao/บางกระเจ้า駅)

改良工事も橋だけは無縁。

バーンガーロン/Ban Ka Long/บ้านกาหลง駅で見かけた自転車のオブジェ。

同じく風車のオブジェ。観光施設?

ほぼ定刻運転の列車は11:07にメークロン市場に突入。

 

何事も無かったように黙々と働く男性。というより働くオジサンと言う言葉の方が似合いそう。

メークロン市場の最後の壁。ここを乗り越えた先にメークロン駅が見えています。

今一度、この場所の解説。

国鉄メークロン線メークロン駅付近は列車が走る線路を覆うようにメークロン市場が形成されており、列車が通るたびにテントが畳まれ、商品が片付けられるその特異な風景が人気を呼んでいるのですが、その光景は想像を絶していました。というかこの観光客の壁、ほぼ全員がカメラを向ける光景はある意味、喜劇です。

駅に進入する直前に、列車が停まってよもやの撮影会。これは列車に乗らないと分からない。
そして世界中からやって来た観光客に写されまくった私。(笑)

(追伸)

実は私の前にもう一人、多分ヨーロッパからの観光客の女性がいます。その方は腰をかがめ、熱心に動画を録っていました。私は彼女の頭の上で写真を撮影しています。また私の左側にはもう一人いて、先頭車のお立ち台を皆さんでシェアしていました。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2021年11月
« 10月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!