2021年07月20日 21時12分

名古屋鉄道株式会社の御乗車記念(の絵はがき)。天竜下りの謎が解けた。

岡崎市在住の地方史研究家/Fさんから再度の助け船。

2021年07月17日、18日に更新した記事で書いた「天竜下り」の謎が解けました。

三信鉄道電車の時刻表、の表面の右上。

佐久間駅のスタンプ。そこには天龍下りの図案あり。しかもスタンプのベースには一般的に知られている「天竜峡駅近くからの天龍下り」ともう一つ、「佐久間駅近くからの天龍下り」が描かれています。

私は17日に『もっとも長野県飯田市の「天竜川下り」ではなく、今の「中部天竜」駅の近くでそれがあったのかも知れません。』と書いていたのですが、図らずもそれが正解だったようです。私にとっても驚きでしたがそれ以上に、「自分の中の常識を疑え」という原稿を書く上での原理原則に立ち戻るきっかけにもなりました。

肝心の時刻表。スタンプの日付である昭和9年(1934年)11月11日時点で、ご覧の通り吉田(豊橋)~佐久間間(豊川鉄道~鳳来寺鉄道~三信鉄道を直通運転)が開通しています。吉田~佐久間(現在の中部天竜)間の所要時間は1時間58分で今の飯田線のダイヤとほぼ同じです。

ところでもう一度時刻表の表紙に戻ります。実はこのスタンプの日付は三信三輪駅から佐久間駅まで延伸開業した日。

Fさんは偶然、このスタンプの押された時刻表を手に入れたそうなのですが、日付を調べて驚いたそうです。

『スタンプの日付(9.11.11)は、三信三輪(現・東栄)-佐久間(現・中部天竜)間が開通した日であることが分かった。これは、開業日を記念して三駅を回って押印した当時の鉄道ファン?の手によるものだと思うと、貴重なものである。』とされており、私も確かにそう思います。何せ昭和9年のこと。列車本数もさほど多くない時代であっただけに、簡単に出掛けて手に入れたとは思えない「偉業」だとも言えそうです。ただそうした方のおかげで私の疑問が解けたわけで、Fさんだけではなく、先人にもただただ感謝しています。

2021年07月18日 15時32分

名古屋鉄道株式会社の御乗車記念(の絵はがき)。小倉公園の謎。

昨日の続きです。

7月10日の記事で「小倉公園については、常滑市に小倉の地名を見つけたもののそこから先、不明。絵はがきになる位だからそれなりだっとは思うものの…。」とした小倉公園の謎が解けました。

1961年頃発行の名鉄電車沿線案内。

その中の美濃町線沿線をトリミング。そしてそこに小倉公園と長良峡があります。

「こくらこうえん」ではなく「おぐらこうえん」。場所は岐阜県美濃市。

絵はがきでは知多半島の名所の中にこの小倉公園があったので、知多半島を探していたのですが、よもやの岐阜県でした。そして写真の遠景の水辺は伊勢湾ではなく長良川。常滑市の「小倉」には高台を発見できなかったのですが、美濃市の小倉は航空写真で高台であることを確認。

また苦戦していたもう一つの「長良川下り」も見つけることが出来ました。

そしてもう一点、名古屋鉄道の絵はがきにもあった天竜下り。飯田線の全通を見込んだ紹介だと思っていましたが、名古屋~飯田間を結ぶ急行バスが1938年(昭和13年)に開業しており、その布石もあったのかも知れないと今、思い始めています。

但し、証拠となる資料が見つけられずあくまでも私見です。

Fさんに多謝。

2021年07月17日 14時35分

名古屋鉄道株式会社の御乗車記念(の絵はがき)。番外編。

この7月8日~10日で紹介した名古屋鉄道御乗車記念(の絵はがき)。

この件で昨日紹介させて頂いた岡崎市在住の地方史研究家/Fさんからアドバイスを頂きました。

名古屋鉄道の前身の一つである愛知電鉄の「御乗車記念絵葉書」。

絵はがきにあるのは聚楽園大仏、三河三弘法、熱田神宮、豊川稲荷、時志観音、鳳来寺、南知多、鳴海球場、新舞子海岸、岡崎公園、新箱根ドライブウェー、天竜下り。

愛知電鉄が名古屋鉄道となったのは1935年(昭和10年)。よってこの絵葉書はそれ以前の発行。ただ、豊橋駅は1943年(昭和18年)まで吉田駅を名乗っており、この絵はがきでは正式な駅名より一般市民の分かり易さを優先させたものと思われます。

河和線(当時は知多鉄道)の成岩~河和口間が開業したのは1932年(昭和7年)なので、この絵葉書はそれ以降の発行。

ただ要注意は、愛知電鉄が名古屋鉄道となったのは先に書いたとおりで昭和10年ですが、知多鉄道が名古屋鉄道に吸収されたのは1943年(昭和18年)の事です。

それはともかくここでの考察は、

1)一枚の絵はがきにいくつもの観光地が紹介されていること。

これは7月10日に紹介した絵はがきの再掲ですが、これまで私が見てきた絵はがきは1枚1箇所が一般的で、複数箇所の紹介があっても精々2~3箇所です。ということから名古屋鉄道の絵はがきは愛知電鉄の絵はがきのスタイルを踏襲したものと推察されます。

2)絵はがきに選ばれた場所は必ずしも同一エリアではない。

この写真は天竜下りですが、当時まだ飯田線は全通していません。大嵐駅 – 小和田駅間 (3.1 km) が延伸開業して現在の飯田線が全通したのは1937年(昭和12年)のことで、この絵はがきが発行されたと思われる昭和9年頃ではまだつぎはぎ状態で、豊橋からの観光には適していません。もっとも長野県飯田市の「天竜川下り」ではなく、今の「中部天竜」駅の近くでそれがあったのかも知れません。

また合わせて愛電沿線図に、「佐久間」の先に「中部」があることについても今は調べ切れていませんのでここまでとします。ところで何が言いたいかなのですが、どうやら愛電でも名鉄でも、1枚の絵はがきに紹介されているのが同一エリアで無い可能性があると言うことです。

2021年07月10日 11時15分

名古屋鉄道株式会社の御乗車記念(の絵はがき)(3)昭和12年頃?

名古屋鉄道の御乗車記念。「御乗車記念」ですから、乗った方に配布していたのでしょうか?それとも乗客に売っていたのでしょうか?

誰にでも配布とは考えにくいので、例えば特急の乗客だけとか?考えるのはこれ位にして次に進めましょう。

聚楽園大仏、豊川稲荷、新箱根ドライブ、天竜峡、岡崎公園、鳳来寺。

聚楽園大仏は1927年(昭和2年)に開眼供養。(参照;東海市観光HP)

新箱根ドライブを走るバス、レオ号は1934年(昭和9年)から運行開始。(参照;名古屋鉄道社史/1961年)

但し、いつまで走っていたかまでは不明。

南知多、新舞子海水浴場、内海海水浴場、長浦海水浴場、小倉公園、新舞子帝国大学水族館。

長浦海水浴場のタコ(鉄筋コンクリート製の「タコのターちゃん」)のオブジェは、1927年に作られた物。(参照;知多デジタルミュージアム デジタル写真館 ~知多の記憶~)

小倉公園については、常滑市に小倉の地名を見つけたもののそこから先、不明。絵はがきになる位だからそれなりだっとは思うものの…。

最後の砦は新舞子帝国大学水族館。東京大学の施設で、昭和11年8月、新舞子駅の西側に東洋一の水族館として開館したものだというところまでは分かりました。(参照;東大農学部の歴史HP)

ということで結局のところ1937年(昭和12年)以降であることは分かったような、そしてその先は分からないような頼りない歴史検証。

最後に私の結論は、昭和12年に名古屋で開催された名古屋汎太平洋平和博覧会(1937年(昭和12年)3月15日~5月31日)の輸送を、名古屋鉄道も担ったとのことでしたので、それと3400系の登場を合わせて発行、配布された物であろうと言うこと。

さてここから進むことは出来るのだろうか?

などなど堅い話はさておき、私自身は古い絵はがきを見て往時を偲ぶのがただただ好きなだけで、今回も楽しい時間を過ごすことが出来ました。

2021年07月09日 9時31分

名古屋鉄道株式会社の御乗車記念(の絵はがき)(2)検証ならず。

昨日の続き。

もう一度タトウを見てみましょう。

まず見開きの表側となる部分には銀の縁取りがあります。そのことから何かのタイミングで、力をいれて作った物では無いかと思われます。ただ名古屋鉄道の発足記念でないことだけは3400系の図案で断定できます。

1枚目の絵はがき。名古屋信貴山、渥美半島、天竜下り、河和口海水浴場、源義朝公御廟(愛知県美浜町)がありますが、当時はともかく今はメジャーではない所もあって時代は分からず。

鬼岩公園、日本ライン、入鹿遊園地、蘇水峡、犬山公園、蒲郡。ライン下りで何かないかと思いつつ、撮影時期を特定する物は見当たらず。

谷汲山、長良川鵜飼、金華山、中山七里、下呂温泉、長良川下り。

帆掛け船の長良川下りって「いつどこの話しよ?」。ネットで検索しても、それらしきものを発見できず。

下呂温泉の写真に写る鉄橋は間違いなく高山本線。区間としては下呂~禅昌寺間で、その区間は1931年(昭和6年)5月9日開業ですから、年代特定ならず。(続く)

2021年07月08日 23時19分

名古屋鉄道株式会社の御乗車記念(の絵はがき)。

今回、NPO法人名古屋レール・アーカイブスに寄贈を受けた絵はがきの紹介。

現在の名古屋鉄道が誕生(名岐鉄道と愛知電気鉄道が合併)したのは1935年(昭和10年)8月1日。この絵はがきは当然ですがそれ以降の発行。

さてここから私の仕事として時代考証が始まります。

絵はがきのタトウ(包紙と言った方が分かり易いかな?正確には包紙とは違うようなのですが…)の右上の電車。

名鉄3400系電車。「いもむし」の愛称で親しまれた電車で、1937年(昭和12年)の登場。と言うことはそれ以降の発行となります。言葉が軽いですが、この絵はカッコいいですよね。

ここから更に絞っていくのですが、実は私も全く知らないというか、これまで手に入れた絵はがきには無かった施設が出てきました。ここから先はまた明日。

 

2021年05月08日 22時38分

絵はがきに見る鉄道史(48)二七八清征記念碑。

自宅での絵はがきスキャンからの紹介。

「名古屋名所 二七八清征記念碑」。2020年12月05日にUPした「絵はがきに見る鉄道史(37)名古屋市電が右側通行だった時代。」でも同じ場所の写真を使っています。

「熱田神宮参拝記念」の押印がありますので、観光客がこの絵はがきを購入したのは間違いないでしょう。

※電車の番号は179。

タイトルは前の写真と同じ「名古屋名所 二七八清征記念碑」。

※電車の番号は181。

電車の番号から類推すると何れも大正時代前半(1915年頃)では無いかと推察しています。

※二七八清征記念碑は1920年(大正9年)にこの場所から移転している。

ただ電柱の有無の違いがあり、下の写真の方が、若干時代が古いような気がします。

ところで両方の絵はがきに「名古屋名所」とありますが、この場所が当時の観光名所であったことは間違いなさそうです。何故かと言えば、同じ場所(碑+電車)の絵はがきはオークションサイトでかなり多く見ることが出来、実は珍しいものではありません。ではどの写真に入札するかですが、上の写真で言えば、写真に占める電車の大きさ。下の写真で言えば、まるで写真館で撮影した写真が如くの枠がついていることにあります。

2021年03月18日 12時02分

切手と消印(25)さよなら越美南線。

さよなら越美南線。越美南線沿線郵便局の共同発行。

発行日付の61.12.10は昭和61年(1986年)12月10日。

廃止に至るまでの国鉄越美南線の苦境は如何ともし難い状況で、やはり県都である岐阜市と直結していなかったことがその要因の一つであったと思います。

こう言ってしまうのは心苦しいのですが、当時公共の交通機関で関市、美濃市に取材などで出掛ける際は、名鉄美濃町線を使っており、そこから先の現在の郡上市(八幡町や白鳥町)へは新岐阜駅前から岐阜バスに乗っていました。運行本数でも相当の差があった記憶です。

そしてこの国鉄越美南線廃止の翌日、第三セクター長良川鉄道越美南線が開業します。

2021年03月06日 22時57分

切手と消印(24)新幹線博多開通記念切手展。

1975年(昭和50年)3月10日、山陽新幹線の岡山~博多間が開通しました。

博多郵便局らしく、「愛のたよりを博多から」なんて、なかなか泣かせるフレーズです。

ところでこの消印にある「新幹線博多開通記念切手展」ってどんな展示だったのでしょう。興味津々。

さてこの時の博多開通。私は何と初日に小倉まで乗っていました。春休みとはいえ、新規路線の開業日に乗る事への興味は全く無かった頃で、それもあってなぜ九州に行く気になったのかさっぱり思い出せません。

何れにしろ特に乗り鉄を意識することもなく、また写真を撮ることもなく、ただふらふらと旅をしていた時代です。

2021年03月05日 15時49分

切手と消印(23)呉線電化完成記念。

呉線電化完成記念。

「呉郵趣研究会」「呉鉄道同好会」の共同発行。消印の日付は45.10.1(1970年10月1日)。

非電化時代の呉線を代表した列車「急行あき」。その最後の勇姿の撮影に私が出かけたほどですから、それはなかなかの存在でした。

ところで呉線が電化されてからこの線には一度も行っていません。こうして書いているのも何かの縁。コロナが収まったら出かけてみようと思っています。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2021年7月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!