2020年12月16日 21時01分

絵はがきに見る鉄道史(42)樺太/続 大泊。

樺太・大泊。

本土から樺太への玄関口。

稚内からの連絡船。「樺太大泊名所 樺太の玄関大泊港駅出船間際の連絡船亞庭丸」。大泊港の桟橋に駅があり、それが大泊港駅(で間違いないはず)。

この線路は桟橋の大泊港駅に向かっていた。

樺太大泊市街 銀座街(栄町)。

さて時代の特定。亞庭丸が稚泊(ちはく)航路に就航したのは1927年(昭和2年)。それ故それ以降の撮影で間違いありません。

大泊市街軌道。「樺太要覧 昭和15年(昭和16年 樺太庁発行)」の『第八章 交通通信 第一節 交通 軌道』によれば大正13年(1924年)、大泊船見町~楠渓町間で開通。ただ昭和3年(1928年)には休止。つまりこの写真はその数年の撮影であることは間違いありません。

一方、左上のスタンプ「香川県教育会主催 視察旅行」。流石にこれをヒントに検索しても手掛かりなし。

ところでこれまでUPした大泊の絵はがきとこの絵はがきではキャプションが右書きと左書きとの違いがあり、同時期の発行とまでは言えないでしょう。それでも街並みを見ればそれほど遠い時期ではないかと推察しています。

さて結論。上3枚の写真については昭和3年~昭和10年頃までで中らずと雖も遠からず(あたらずといえどもとおからず)でしょう。

2020年12月15日 14時59分

絵はがきに見る鉄道史(41)樺太/大泊。

樺太の位置関係の整理。1939年(昭和14年)12月号の時刻表(日本旅行協会)の路線図。

右下の大泊は現在の「コルサコフ」。真ん中の如何にも中心地らしい「豊原」が「ユジノサハリンスク」。西海岸(左側)の上の方に真岡(現在のホルムスク)があり、南端が本斗(現在のネヴェリスク)です。

この絵はがきは楠渓町(なんけいちょう)駅。稚内からの連絡船が到着する「大泊」の町の中心駅でした。もともと大泊(おおどまり)という駅名で開業したのですが、1913年(大正2年)に改称しています。

ところが上の路線図にこの楠渓町駅が見当たりません。

時刻表では「大泊」の下に「楠渓町」あり。なぜそうなっているかは不明。

2020年12月14日 14時55分

絵はがきに見る鉄道史(40)続 樺太/真岡。

昨日の「樺太/真岡」の続き。

ところで樺太の真岡町の読み方は「まおか」で、栃木県の真岡市は「もおか」と読みます。漢字は同じで読みは異なります。

「真岡本町二丁目」とある絵はがき。

写真の真ん中に非電化の軌道があります。さてこの軌道が何かがさっぱり分からない。

今回UPしている絵はがきは同一のセットで入手したもの。この写真は「本斗みやけ 築港トック」とあるので港に隣接して船の修理も行う造船所があったのかも知れません。

注目はそこにある手押しトロッコ。多分、その「トック」の資材運搬用で使っていた物でしょう。

で、一枚前の写真にある「真岡本町二丁目」の軌道もそんなトロッコの一つだったのかも知れません。

なぜそう言えるかですが、「樺太要覧 昭和15年(昭和16年 樺太庁発行)」の『第八章 交通通信 第一節 交通 軌道』には、2015年12月2日のこのブログで紹介した「大泊市街軌道」ともう一つ、「三井鉱山株式会社線」の2線しか記載が無いからです。つまり当時の樺太庁が、公式に認めた鉄道ではないと読み取れるためです。

もっとも鉄道が写っていたから入手した絵はがき。推理小説を読んでいる気分です。

2020年12月13日 21時23分

絵はがきに見る鉄道史(40)樺太/真岡。

今日は鉄道関連の絵はがきではありません。サハリン(樺太)に行ってから時々買っている日本領時代の絵はがき。

今回は「真岡」の町。で、この写真の撮影時期。

中央上部にある「樺太真岡町行啓記念」の文字。

1925年(大正14年)8月9日~13日、皇太子裕仁親王(後の昭和天皇)が樺太を訪問されており、その時の記念で発行された絵はがきと思われます。

*参考「皇太子殿下樺太行啓記」(発行:樺太庁 昭和5年)【国立国会図書館】

とすればこの写真が撮影されたのは大正14年で間違いないでしょう。

ただ消印は1928年(昭和3年)11月10日。もっともこの消印で撮影時期がずれるものではありません。

「樺太真岡町不凍港の全景」。極寒の地にあって、一年中使える貴重な存在だったのでしょう。

さて撮影された時代の特定。

両サイドは恐らく1923年(大正12年)。真ん中は昭和元年(1926年)。としたかったのですが、昭和元年は12月25日から。

とすれば「9.10.1」って何でしょう?

もう一点、両サイドの「23」を私が西暦とした理由。それは「樺太庁始政第14、15年紀念」とあること。樺太庁が出来たのは1907年(明治40年)なので、時期としてはあっています。

※スタンプの日付は押印の日でしょうが、タイトル部分は恐らく定番のモノだったのでしょう。

この絵はがきのタイトルは「樺太庁始政第17年紀念」。1907+17=1924。計算が合いません。さてどうしよう?

2020年12月12日 21時56分

絵はがきに見る鉄道史(39)熱田神宮御遷座記念絵葉書。

遷宮…式年遷宮の「式年」とは定められ年を、「遷宮」とは宮を遷すことを意味します。式年遷宮は20年に一度、東と西に並ぶ宮地(みやどころ)改めて、古例のままにご社殿や御装束神宝(おんしょくぞくしんぽう)をはじめ全てを新しくして、大御神にお遷りいただくお祭りです。

※伊勢神宮ウェブサイト内の「遷宮について」から転載。

遷宮は神宮(伊勢神宮)のことで、それ以外の神宮については「遷座(せんざ)」という記述もみられますが、熱田神宮のウェブサイトの「熱田神宮の歴史」では「1935年 昭和10年 遷宮」とあるので、何某かのきまりはあるのでしょうが、私の探求はここまで。

ということで熱田神宮御遷座記念絵葉書(発行:名古屋市電気局)。

まずは熱田神宮鎮皇(ちんこう)門。第二次世界大戦で焼失したとの記述を見つけました。

本殿。真新しい。

きっと名古屋の街を走ったであろう花電車の造形美。ここは敢えて美術品と言いたい。

私の知る昭和30年代、40年代の花電車とは全く異なる印象。

バスだって負けていない。何か大きな節目があればこうした花電車、花バスが走っても良いと思う。

2020年12月10日 11時35分

絵はがきに見る鉄道史(38)名鉄常滑駅。

「常滑町全景」と題した絵はがき。昭和8年7月の印があり、恐らくその時点からそれほど前ではない時代の撮影ではないでしょうか?

常滑町とは今の常滑市ですが、イコールではありません。常滑市の誕生は1954年(昭和29年)で、当時の「昭和の大合併」による近隣の町村との合併の結果、「市」となりました。

一方、愛知電気鉄道(後の名古屋鉄道)が、今の常滑まで伸ばしたのは1913年(大正2年)。貨車が多いので、窯業の街、常滑からの出荷を担っていたのでしょう。

それにしても海が駅のすぐ際まであったのは想像が出来ませんでした。

でも私が一番気になったのは、真ん中の下にある資材置き場?らしき場所。線路が敷設されており、何となくトロッコ?気になる!

2020年12月09日 23時45分

絵はがきに見る鉄道史(17)「市営十周年記念 大名古屋祭花電車」着色版。

9月30日~10月2日にUPした「市営十周年記念 大名古屋祭花電車」のカラー版、「市営拾周年記念絵葉書(甲)」(名古屋市電気局発行)が手元にきました。

解説はいれませんので、今日は絵はがきをご覧頂き、1933年(昭和8年)の名古屋を走った電車とバスをお楽しみ下さい。

恐らく前回UPした絵はがきが元々の写真であり、今回のはそれに色を付けたものでしょう。それにしても完成度が高く、カラー写真の絵はがきと言いたくなります。

※世界最初のカラーフィルム「コダクローム」(映画用)が発売されたのは1935年(昭和10年)。また写真用カラーフィルムの発売は1936年です。

*ウエブサイト「キヤノンサイエンスラボ・キッズ カメラの歴史をみてみよう」(キヤノン グローバル)参照。

2020年12月06日 18時52分

絵はがきに見る鉄道史(37)征清記念碑/日清戦役第一軍戦死者記念碑。

地下鉄覚王山駅を降り、日泰寺を目指して歩く。そして日泰寺を越え、姫池通(ひめいけどおり)を渡ったところに征清記念碑/日清戦役第一軍戦死者記念碑があります。

昨日UPした写真の中心にある征清記念碑/日清戦役第一軍戦死者記念碑は、1920年(大正9年)にこの地に移されました。

明治の時代にあって大通りの中心にこれだけの記念碑を作る意味合いが日清戦争にあったという証なのですが、ここ覚王山の地にこの碑が残されていることを知る人があまりに少ないのは残念です。とか書きつつ、私自身もこの存在を知ったのは、多少なりとも名古屋市電の歴史に興味を持ったことに端を発しています。

この碑の鋳造が完成したのは明治33年(1900年)。それは間違いありません。ただそれが「塔」そのものの完成とはなっていないようです。

では名古屋の街の真ん中にこの塔が完成したのはいつでしょう?資料によれば1903年(明治36年)に竣工式が行われたとのことです。そうするとこの塔の工事と市電の延伸工事はほぼ同時期に行われていたことになります。躍動する明治の息吹を感じると言ったら大袈裟でしょうか?

※参考:

*西尾林太郎「碑・玩具・版画に表現され、記録された日清戦争 ―新たな教材と資料を求めて― (PDF) 」 『現代社会研究科研究報告』第1巻、愛知淑徳大学、2006年3月、 71頁-88頁、2014年5月12日閲覧

*沢井鈴一の「名古屋広小路ものがたり」第2講 覚王山の広小路遺跡 第3回「逝く者は終に還らず」 作成日:2008年12月19日

2020年12月05日 23時02分

絵はがきに見る鉄道史(37)名古屋市電が右側通行だった時代。

名古屋市電が右側通行?
名古屋市電(名古屋電気鉄道~名古屋市電気局~名古屋市交通局)は開業時、何と日本の常識左側通行ではなく右側通行でした。
今の名古屋/栄交差点東(中区役所近く)にあった「日清戦役第一軍戦死者記念碑」。 1900年(明治33年)に建立され、その後1903年(明治36年)に県庁前=久屋町から西裏まで開業した市電はその南側をぐるっと回って敷設されました。
※「日清戦役第一軍戦死者記念碑」の建立年は諸説あります。
この写真は普通の左側通行ですが、この姿になったのは1906年(明治39年)以降のはずです。
で、ほんの短い時代の右側通行時代の写真。
細かい歴史の話はここでは省きますが、その証拠となるこうした右側通行の写真はNPO法人名古屋レール・アーカイブスでも1枚しか所蔵していません。
オークションサイトで最近落札したものですが、長年捜していた一枚です。

2020年11月29日 20時00分

絵はがきに見る鉄道史(36)御大典奉祝名古屋博覧会。

御大典奉祝名古屋博覧会(ごたいてんほうしゅくなごやはくらんかい)。

1928年(昭和3年)9月15日から11月30日の間、名古屋市の鶴舞公園において開催された昭和天皇の即位を記念する博覧会です。

今年の9月29日にUPした「絵はがきに見る鉄道史(16)御大典奉祝名古屋博覧会」の続きと言えば続きですが、その際に書いた14枚の絵はがきとは別モノです。

この絵はがきのタイトルは「子供の汽車」。いわゆる遊覧鉄道のはしりでしょうか?

架線が無いので電車もしくは電気機関車の牽引ではなさそうです。ただガソリンカーでも無さそう。可能性としては出始めの蓄電池(バッテリー)駆動ではないかと?ただどれほどの性能があったのでしょう?気になります。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!