2020年09月20日 22時31分

絵はがきに見る鉄道史(9)「金城名古屋名所図」。

観光絵はがきの一つの形態とも言える浮世絵タイプの名所図。

絵はがきが1箇所ずつの個別版とすればこちらは一覧表。

名古屋駅は名古屋名所です。今の名古屋駅そのものが名所かと言えば若干の違和感を覚えますが、17日にUPした東京駅のように変わらず名所というところもあります。それはさておき、当時(この「金城名古屋名所図」は1921年/大正10年3月8日印刷です)、大都市の駅は名所だったというのはよくあるパターンだったのかも知れず、それも時代を写しているのでしょう。

商品陳列館。

「Network2010 名古屋100km圏内の情報発信ネットワーク」のホームページに以下の解説がありました。

~愛知県商品陳列館は明治末期に商工業の振興を目的として大須門前町に建てられたルネサンス様式の堂々たる建物。主に愛知県の工業製品が陳列されていた。昭和9年(1934)に取り壊された。~

名古屋城や熱田神宮などは分かるのですが、商品陳列館と言うのは意表を突きます。ただ堂々たる建物であることは間違いなさそうで、明治~大正期の時代の最先端の象徴の一つだったのでしょう。

2020年09月19日 11時33分

絵はがきに見る鉄道史(9)「東京名所絵ハカキ」東京市電の時代。

銀座通。

写っている電車は東京市電。トリミングをしてみたら13??と何となく読める気がしたものの、そこから先が調べ切れない。

日本銀行。

こちらは920とはっきり読めます。東京都電の歴史書を紐解けば一発で出てきそうですが、この辺りも将来への課題とさせて頂きます。

2020年09月18日 11時06分

絵はがきに見る鉄道史(8)「東京名所絵ハカキ」名所巡り。

この絵はがきは大正時代~であることは間違いありません。しかしそれ以降、どの時代までに当てはまるのでしょうか?

上野公園。まあ今回は深くは考えず、当時の「観光名所」をお楽しみください。

浅草。こうして見ていて、私が思い描いていた大正時代よりも歩いている人が多く、観光名所があって絵はがきが存在することに納得しました。

日本橋。後ろの高い建物は日本橋三越本店。

この写真で歴史考証と思ったものの私では出来ませんでした。さてこの絵はがきの発行時期。昭和ではなかろうというのが私の結論。その内にちゃんと検証しようと心に誓う。(多分、誓うだけになりそう)

2020年09月17日 11時04分

絵はがきに見る鉄道史(7)「東京名所絵ハカキ」時代考証。

大正時代の東京の観光絵はがき。何故かタイトルが「絵ハカキ」なのですが理由は不明。「THE VIEW OF TOKYO」とあるので、海外からの旅行者向けとも思われます。

さて絵はがきというのは撮影場所は「絵」で何とか分かったりするのですが、年代(撮影時期)の特定は極めて難しい作業となります。

「日本橋通」とあるこの写真。私にとって東京市電よりも目立つ洋風建築がでんと構えています。入り口に白木屋呉服店とあり、その建物が五階建なので、調べて行くうちにそれが1911年(明治44年)以降であること間違いなさそうです。

鉄道は写っていませんが「東京海上ビルディング」。1918年(大正7年)9月20日に竣工しており、少なくともそれ以降の発行であることは間違いありません。

因みに日本で最初の「ビルディング」であると「東京海上火災保険株式会社六十年史」(1940発刊)に書いてありました。(驚)

やはり無くてはならない東京駅。

 

駅舎の上を飛行機が飛んでいる。時代の最先端の象徴だったんですね。きっと。

2020年09月15日 19時58分

絵はがきに見る鉄道史(6)大正3年「東京駅」。

1914年(大正3年)12月20日に開業した日本の中央駅たる「東京駅」の絵はがき第二弾。

東京駅はもともと鉄道のなかった場所に駅を作っているので、架線柱はあっても建設中は蒸気機関車の天下です。

今の東京駅からは想像できませんが、駅の東側はまるで貨物ヤードです。資料によれば元々は貨物ヤードとしての計画があったようで、その後留置線となったとのこと。

具体的にこうした写真を見るとその説明が納得できます。

ところでここでは消印の日付に注目。開業日の2日前の12月18日となっています。さすがにこの理由は分からない。

2020年09月14日 18時51分

絵はがきに見る鉄道史(5)大正2年「陸軍特別大演習記念」。

時計の針を少し戻しての大正2年=1913年。

11月に行われた「陸軍特別大演習紀念」の絵はがきがもう一つ出てきました。名古屋逓友倶楽部とあるので郵便局関係の発行でしょうか?

名古屋城と名古屋郵便局。郵便局の前を市電が走っています。

これは1920年( 大正9年4月1日)発行の「名古屋市街新地図」ですが、栄町(今の栄)交差点の西側に郵便局があり、その前を市電が走っています。

こちらは演習に関する地図ですが、どこで行われたかまでの詳細は分かりません。小牧山古戦場の写真がありますが、それだけで判断ができるものではありません。

そしてこの絵はがきの右上。

複葉機と郵便局のマークが飛行機風に飛んでいますが、大正2年に陸軍が飛行機を持っていたという確実な資料を、私は見つけられませんでした。郵便局のマークは洒落としては面白いと思ったのですが…。

2020年09月13日 23時25分

絵はがきに見る鉄道史(4)大正3年「東京駅」。

1914年(大正3年)12月20日、日本の中央駅たる「東京駅」が開業しました。

とういうことで「東京駅停車場」の絵はがき。長島写真製版所をネットで検索してみましたが見当たらず。

これぞ東京駅という写真。

こちらは現在(2018年10月13日撮影)の東京駅。

ご休憩室前の廊下。休憩室は皇族の方や政府や各国の要人が使われたでしょうから、それで撮影が許されず、廊下を撮影?1枚の絵はがきから様々な推理をするのは楽しい。

こちらは改札口。改札口が絵はがきになるということで、やはりこの駅に対する国民の期待(関心)を感じます。

2020年09月11日 11時53分

絵はがきに見る鉄道史(3)大正2年「陸軍特別大演習記念」。

大正2年=1913年。ここのところ年表記は西暦を優先し、括弧書きで元号を入れていますが、このシリーズは敢えての年号表記です。何故かって言えば私の年代では、その方が『時代』をイメージしやすいからです。

新愛知新聞社発行「陸軍特別大演習記念」の絵はがき。

名古屋駅前に仮設と思われるのですが、巨大な門が作られています。大正天皇をお迎えしての陸軍の演習は、これを作るだけの意味合いがあったということだと思います。流石、名古屋の玄関口ですね。

駅頭に車は見当たらず、大八車がいます。ところで大八車(だいはちぐるま)を知っている人は少数派でしょう。若い人は、大八車を過去帳に追いやったリヤカーすら縁遠い存在かも知れません。

さて消印の日付。2-11-17。大正2年の11月17日となります。

この「陸軍特別大演習」ですが、名古屋市博物館のHPに記載がありました。

http://www.museum.city.nagoya.jp/exhibition/owari_joyubi_news/rikugun/index.html

ご興味を持たれた方は、上記をご参照ください。

2020年09月10日 23時32分

絵はがきに見る鉄道史(2)明治39年「鉄道五千哩祝賀会紀念絵葉書」。

昨日UPした絵はがきと同じ日本の鉄道が開業五千哩(マイル)を越えたことによる「鉄道五千哩祝賀会紀念絵葉書」。

キロポスト。この頃であればマイルポストと言うべきか、それには5000の文字があります。さりげなくちゃんとしているというか、やはりキチンとした仕事は見ていて楽しくなるのはいつの時代も同じと言うことでしょうか。

蒸気機関車の煙の中にも「5000」という数字あり。ところでこの鉄道五千哩の祝賀会は名古屋で開かれています。なぜ名古屋だったのかを調べるつもりでしたがすいません。まだ出来ていません。

絵はがき一杯の社紋(会社のロゴマーク)は、当時の鉄道会社のものであるのは間違いなさそうです。が、この直後、この社紋がかなり消えることになります。

というのも明治39年(1906年)に鉄道国有法が交付され、順次官設鉄道に組み込まれていったのです。

はがきの宛名面。消印が無茶苦茶格好いいではないか。恐れ入ってしまう。

 

 

2020年09月09日 23時15分

絵はがきに見る鉄道史(1)明治39年「汽笛一声 鉄道五千哩祝賀会紀念」。

 

このブログで以前にもUPしたことのある1906(明治39)年発行の「汽笛一声 鉄道五千哩祝賀会紀念」。

五千哩(5000マイル)=8046.72キロの鉄道網が日本に整備された記念の絵はがき。「名古屋」の消印がありますが、その説明はまた次回。

さて絵はがきですが、かつて古い絵はがきは、古書店などを回るなどして本当に探して探して探し尽くしても、思うようなものはなかなか手に入らなかったと聞いています。今はネットのオークションサイトで、例えば「絵はがき 鉄道」と言ったキーワードを登録し、毎日そこに出てくるモノをひたすら見続けていれば、いつかは狙った獲物に出会える可能性大です。そんなこともあって私の手元にやってきた絵はがきの一部を今日から紹介します。

(追記)

この写真の形式は探しきれませんでした。そもそも路線も分からない状態です。富士山が写っていると一発なのですが…。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!