2021年09月19日 22時11分

月1の鉄道模型講座、自主トレ。

9月14日にアップした鉄道模型講座(9月11日開講分)で、これまでの一連のジオラマ制作は一応終了。これからも鉄道模型講座は続くので、何か困りごとがあれば聞くことは出来るので問題は無いのですが、今私が作っているジオラマは自主トレと言える状況です。

自分のイメージに沿った配置。真ん中に20メートル車では1領分のホームを配置。

手前の青い部分は水田。線路の向こうは畑。今回は紙をベースにした既成品を使用。いざ置いてみると少しイメージとは違っている。それはそうだ。そもそもシートなので、商品としての工夫は感じるものの立体感には限界があることに今頃になって気付く。

鉄道模型をされている方から見れば「えっ?それはそうでしょう」となるところですが、初心者あるあるということで笑って通り過ぎてください。

次に山に木を植えます。今回は爪楊枝(つまようじ)を幹にしています。これは講師の方から教えてもらった手法の一つ。なおアドバイスのポイントに「軸はちゃんと着色すること」があり、はいっ、ちゃんと守りました。

今回のこのブロックはここまでで出来上がり。

畑に働く人を足してみた。

駅周辺にも人に立ってもらいました。

実はというほどのことでも無いのですが、一番上の写真の制作段階で、良しっ!ここでもう一踏ん張りとばかりに色々部材を買ってはきており、、、でもいざ作る段になり気が変わり、これはこれでも良さそうと思い始め、今回はここで終了としました。

とにもかくにも今は初心者として経験を積む段階。それ故というと日本語の使い方としていささか難ありですが、何というかちょっと違うところで使おうと思いついてしまったのです。それがいつになるかは分かりませんが、必ず使うことをここで宣言します。

鉄道模型って面白い!そして奥が深すぎていつ初心者を脱することが出来るか見当がつきません。

2021年09月14日 17時09分

月1の鉄道模型講座、9月11日の進展。新たなブロックの制作開始。

新たなブロックの制作開始。

取りあえず山だけはそのまま連続するとしてまずはスタイロフォームの切り出し。なお土台部分は以前に制作済み。

廃線の線路が少しはみ出していますが、元々はそのままなだらかな勾配で繋げる予定でした。

が、このブロックの最終構想が頭の中で固まってきたので思い切って切断。

切った先っちょは、粘土で作った台の上に置き、そのまま使います。

そして全体に色を塗る。ちょっと濃すぎたかも?

これまでの私の場合は茶色系の塗料に黒と白を混ぜて(自分の思うような)色を調整しているのですが、今回は茶色系の塗料が少し足りなかったので、黒を少し多めに足し込んで辻褄を合わせたのもきっと原因の一つ。で、100円ショップに行ったのですが、最初の店では茶色系のアクリル絵の具が売切れ。結局百円ショップA~百円ショップB~百円ショップAの別の店と3店はしごしてしまいました。

今回の教訓。いつでもあると思うな定番品。まあ100円で買えるので、在庫がある時に買い置きしておきましょう。

2021年09月13日 23時14分

月1の鉄道模型講座、9月11日の進展。さらなる高みへ。

7月24日までに作ったジオラマと今回完成したジオラマを繋ぐ。

キハ22形の2連を走らせてみる。と言っても電源を繋いでいないので手押し。

実は花見をする人を足している。分かるかな?

ネコが遊んでいる。木柵に前足をかけているネコちゃんは、肉眼では良く分かるのですが、写真に撮るとなかなか認識出来ないと悟りました。次回の課題。

街角に人が出ています。(ピントは後ろのキハに合わせてあります)

本格的なジオラマと自分で言うのも何ですが、2つ作ってみての感想。

1)ジオラマのパーツの切り出しはとても難しい。

*金属製の定規をあてがい、紙やスチレンボードをカッターで切り出すのですが、直線で切っているはずなのに結果は何故かよたよたとしている。また切った部分を横から見て、本来は正方形もしくは長方形の綺麗な四角形のはずが何故か台形になっている。つまりちゃんと定規に刃先を当てているつもりでも、そうはなってはいない証(あかし)。講師の方やベテランの方だけでは無く、他の参加者の切り出しはお見事。まあ私が単に不器用なだけなのであろう。

2)糊を使いこなすことはジオラマの基本。

*今回も糊の使い方で大苦戦。緑の部分は大分慣れてきたと自画自賛ですが、それ以外はまだまだ。部品が小さいのでどうあがいても指先のみならずピンセットの先にも糊が付き、本来付いて欲しいところに部品を固定出来ない。何せ、指やピンセットに付いたまま離れてくれないのだからどうしようもない。鉄道模型教室の皆さんによれば「そのうちに慣れますよ」だそうです。もっとも慣れと言うよりは努力量の世界というのが私の実感。

3)作る楽しみを走らせる楽しみに進化させる道は遠い。

*今作っているジオラマを、単に一周走ることが出来るようにするにも、まだまだ先が見えてこない。ということでこれから先どれほどの時間が掛るのでしょうか?どうせ作るならば、全ブロックとも曲りなりにもジオラマにしたいとか考えており、それが最大の課題。

それはさておき、軟弱な私は取りあえず1周走らせられる線路を購入し、単に走らせることを楽しんでいます。まあ自作ジオラマの走行という楽しみは取っておきましょうなどとは負け惜しみです。

2021年09月12日 21時38分

月1の鉄道模型講座、9月11日の進展。

丘の上の公園にある一本桜。のイメージ。

ここの改善点。木々の下の緑の層が薄く、一方色が濃いのでそれを改善して明るくしたらどうか。

再構築。違いが分かるでしょうか?明るくなり、散歩したくなるような緑地が誕生しました。

昨日もアップした全体像。ここでどんなイメージのジオラマかを書きます。

2つの線路の内、上は急勾配を駆け上がり峠を越えて行く旧線で、今から四半世紀ほど前に勾配緩和の新線(下の線路)が開通したという想定。旧線は廃線となったものの線路は外されること無く朽ちつつある状態を、如何に表現するかが課題。

一番右の端はこんな感じ。

線路の端の処理はベテラン参加者の方のアイデアと手を借りました。ここはスパッと断ち切り更に…。

ところでここに見える白い物体は粘土。スチレンボードをカットし、それで上り坂の骨組みを作り、そこに粘土を押し込んで安定させています。これは講師の方に手法を教えて頂き、その上で自己流で挑戦したパートです。

廃線跡の部分は、もっと緑に覆われていても良いのでは?とのことで20有余年の月日で自然に返りつつある雰囲気をより強調することにしました。

新線と民有地(想定です)の境目は、私としては何も手を加えるつもりはなかったのですが、よりリアルにするには柵を設置したらとのアドバイス。仮に置いてみたら良い感じ。で、早速組み込んでみました。

2021年09月11日 23時03分

月1の鉄道模型講座、8月8日の進捗状況。

これは7月24日までに作ったジオラマ。その後は、このブロックの左側に繋ぐブロックの制作。

8月8日の開講日には、スタイロフォームの土台と山の部分の切り出しを終え、山裾の勾配区間を上がっていく線路の道床となる部分を作り、それ以降を自宅学習としました。そして昨日までにここまで仕上げました。

思わぬ苦労をしたのは、かつて使用され、今は放置されている線路下部の擁壁(ようへき)。カーブしつつしかも斜め。1枚の紙で貼ろうとしたものの、そんな高度な技を私が持っているはずもなく、数回挑戦したところで断念し、数ブロックに分けて切り貼りすることにしました。これなら私でも出来ると確信。

道路との境にはガードレールを付けてみました。

ここから今日(9月11日)の作業の始まりです。講師の方やベテランの参加者の方に、やってみて感じた難しさを乗り越える方法の相談をし、それについてアドバイスを頂いたり、そもそもこれで良いのだろうか?とかいう素朴な疑問に応えて頂き、再スタートを切ったのです。

2021年09月10日 22時06分

木製組立キット。D51の巻。

最近はまっている組立模型。

2019年の夏休みに出掛けた軽井沢のお土産屋さんで見かけて衝動買い。でも作ったのは先週。どうでもいい話ですが、昨日アップしたレゴブロックを作ったのも先週。(^_^;)

大きさはこんな感じ。Nゲージと比べるとかなりの差があります。その分、一つ一つの部品が大きく、老眼には優しい組立キット。

なかなかのサイドビュー。

作ったのはD51×1、客車×1、貨車×2、そしてレール。因みにそれぞれが別売りで、D51のテンダも別売り。

これまで作った物との違いは“はめ込み”ではなく、“糊付け”であること。油断すると部品がずれていたりして糊付けのやり直しも度々。

まあ大雑把と言えばその通りなのですが、それを越える精悍な面構え。やはり大きさもそう感じる理由の一つでしょう。

それと木工玩具ならでは温かみが何とも良い味を出しています。

2021年09月09日 22時46分

鉄道模型/レゴブロック。

鉄道物なら何にでも手を出します。レゴブロックもそうですが、これはレゴランドで購入した入門用。なおこれを起点にレゴビルダーと呼ばれるスペシャリストの世界を目指すといったような無謀な邪心はありません。

これは2019年6月9日に神戸で行われたレゴイベントでの“鉄道”作品。一般的に販売されているレゴのブロックを組み合わせ、ゼロからここまで組み上げるのは並大抵で出来る物ではありません。

組立はブロック別に箱に出し、一つずつの部品を確認してからの作業です。

210ピースを約1時間で組み上げました。ところで左に立っているおじさん。何を持っているかと言えばカメラ。妙に親近感あり。

さてレゴブロックの大きさ比較。Nゲージの3~4倍の大きさでした。

2021年09月08日 10時35分

100円ショップの組立鉄道模型。E5系とE6系。

E5系とE6系。そもそもですが、JR東日本の新幹線車両(に、限らず在来線も含めてですが)の中でも、この2つの形式の色は秀逸だと思っています。

特にこの2つの形式の連結運転は、何とも言い難いものがあります。

盛岡駅での連結は2度見ていますが、見物客が並ぶのも宜なるかな(むべなるかな)。2016年6月12日撮影。

実は、連結の逆の解結は見たことがありません。東京発のはやぶさに乗車したときはこまちの連結が無く、仙台からはやぶさ+こまちに乗車したときは、車内で爆睡していました。

2014年5月31日に仙台駅から乗車した列車の入線です。

先頭車のブロックには、連結器のパーツも入っており、そのおかげでこうした芸当が出来ます。

実際の解結は見たことがないので、模型で疑似体験。

2021年09月07日 21時59分

100円ショップの組立鉄道模型。ドクターイエロー。

組み上がったブロックの大きさですが、NゲージのD51と比較。Nゲージより一回り大きいですね。

細かいことですが、中間車はご覧のパンタグラフあり風ではなく、パンタグラフなし風にも出来ます。

ドクターイエロー。中間車のパンタグラフはともかく左側の先頭車と右側の先頭車では窓配置が異なります。これはこれで同じパターンの組立では無いので、時間がかかる原因になったりしました。

今回作ったのはN700系、ドクターイエロー、E5系、E6系そして車掌さん。我ながらよく頑張りました。と、自画自賛。

2021年09月06日 18時25分

100円ショップの組立鉄道模型。N700系。

7月4日に「100円ショップのおもちゃ。新幹線シリーズ。」をUPしましたが、タイトルを「組立鉄道模型」と題して、完成品の紹介。

まずは袋を開けて部品を出します。

一番小さい部品。4mm。

まずはN700系の先頭車を作る。説明書を読みながら何と1時間半以上も掛ってしまった。

2つ目は反省し、まずは部品を分類。

なおかつ説明書の一工程ごとに部品を並べ、それを順番に組んで行く。

なおかつ説明書の文字が小さいので拡大コピーし、それを見てみる。さすれば各ブロックの組み合わせ、同じ色のブロックが多いので苦戦していたのですが、それも1個1個はっきり分かり、それからの組立時間はスピードアップに成功。老眼鏡+ルーペで挑戦していたのですが、なぜそんなことをしていたのだろうと反省。

まあ100円ショップの「おもちゃ」だから簡単に組立られるだろうと高をくくっていたのがその原因。

因みに尾灯は赤色に設定出来るようになっていました。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2021年9月
« 8月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!