2020年11月16日 23時29分

木曽路の片道急行、パート2。

11月12日(木)に「木曽路の片道急行」をUPしたところ、知人から10月31日(土)、11月7日(土)の2日間運転された急行「▲▲中山道トレイン2020号▲▲」 のことかと思ったと連絡がありました。確かに急行「▲▲中山道トレイン2020号▲▲」 は片道運転であり、このブログで紹介するにはタイミングとしてもドンピシャで、なるほどなあと思った次第。

だからということではありませんが、名古屋エリアの片道急行、但し変形版を紹介します。

先回と同じ昭和42年(1967年)10月発行の時刻表。但し高山本線。ここに2本の急行「しろがね」号がいます。1本は昼行、1本は夜行。この列車の特徴は何れも循環急行であること。名古屋~岐阜~高山~富山~金沢~米原~岐阜~名古屋と高山本線~北陸本線を一周しており、昼行の「しろがね1号」は名古屋発8:14で名古屋着18:49。「しろがね2号」は名古屋発23:50で名古屋着11:09。

高山本線の時刻表の最下段に「金沢」「名古屋」の駅名が見えるのがその証拠。ところで先に「片道急行」と書きましたが、名古屋から米原経由で金沢~富山~高山と走る「しろがね号」はありません。

「しろがね号」と対になるのはこの時刻表のほぼ真ん中にいる「こがね号」。

名古屋を出る時にどこに行くのだろうとの混乱を避ける措置だったのでしょうか?

でも循環急行で、上下で同じ愛称の列車も存在していたことはあるので、何かルールがあったと言うことでは無かったようです。

2020年11月12日 15時17分

木曽路の片道急行。

昭和42年(1967年)10月発行のボロボロの時刻表。国鉄583系(私にとっては「月光形電車」)運転開始と言うエポックメイキングな号なのですが、今回はその話ではなく中央本線の急行列車の話。

当時13歳の中学生にとって時刻表は正に大人への入り口。隅から隅まで読んでいたというのは大袈裟ですが、それでもそんな気分であったのは間違いありません。

その中でまあ地元でもある中央本線に目が行くのは自然の理(ことわり)。注目は急行「きそこま」。多治見始発の長野行きで、4:55という早朝と言うにもあまりにも早い時間の出発。そして停車駅はまあこんなに停まる急行があって良いものかと思うほどですが、後に沿線市町村の代表駅すべてに停車していたことを知ります。

更に長じてこの列車の目的は、長野県木曽地区の町村と県庁所在地長野市を結ぶ足であることを認識することとなります。

では戻りはどうでしょう。そこには急行「きそこま」の名前はありません。

強いてあげれば急行「第4しなの」が上松で普通列車(客車)に接続し、それで各町村に戻る設定がされているように見えます。

時は変わって令和2年。

今はどうなっているかと言えば、塩尻発18:50の普通電車は、上松着19:44。

ここで後続の特急「しなの24号」が19:54に追いつき、接続を取るようになっています。中央本線では木曽福島駅での優等列車退避が出来ないためこうしたダイヤなのでしょうが、もしも木曽福島で緩急接続が出来れば、「しなの」が上松に停まらなかったかもと思ったりしています。

話を急行「きそこま」に戻しますが、片道しか運転されない急行があることを発見し、当時、私は大きなショックを受けました。それが今回、上松での緩急接続を見て、記憶の海の奥深くからいきなりそのことが浮上してきました。

ところでなぜ「きそこま」が片道運転だったかという探求をしなかったのかと言うと、それは自分でも良く分かりません。多分、ずぼらな性格のせいでしょう。きっと。

2020年11月10日 17時08分

長野県上松町/赤沢森林鉄道(14)上松町とボールドウィン。

本線での走行を終えた2台のモーターカー。次走るのはいつになるでしょう。赤沢森林鉄道の今年の運転は11月8日で終わるので、多分早くても来年の春以降かな。

さてここからはボールドウィンタイム。

前日に続いて照明を点けての撮影。17:19、青空がまだ見えています。

この日のボールドウィンのお供は理髪車。

(模擬)点検担当はかつて中央本線を走った蒸気機関車の機関士だった方。本職。

こうして充実の2日間が終了。

撮影を終え上松駅に戻ったところで、参加者の方から「ここ上松のマンホールはボールドウィンだよ」と教えられ、パチリ。ボールドウィンは町の誇り、象徴なんですね。

尻尾まであんこがつまったたい焼きの旅も残すところ名古屋に戻るだけ。

赤沢森林鉄道の撮影ツアー(完)

2020年11月09日 16時48分

長野県上松町/赤沢森林鉄道(13)秋色の林鉄。

この日はもう1台のモーターカーも本線走行。15:28。まだ定期列車運転時間中なので、沿線に撮影に来ていた撮り鉄さんもきっとびっくりしていたはず。

なおこの写真を撮影している場所は先に紹介した遊歩道から別れ、エリア内に巡らされた散策コースの一つで、誰でも撮影出来る場所です。

秋色の木立から顔を出す定期列車。

戻りのモーターカー。あれっ?転車台の無い赤沢森林鉄道なのに顔が正面?実はこのモーターカーは車体下にジャッキがあり、それで車体を持ち上げてどこでも方向転換が出来るのだそうです。その方向転換の様子を今回は見ることが出来ませんでしたが、チャンスがあれば是非、見てみたい。

後ろ姿を見て、何故かほっこりするのはきっと私だけではないと思い。そう言えば人力車の後ろ姿に似ている気がした。

15:51、この日の最終列車が起点の森林鉄道記念館に向けて走り去ります。

2020年11月08日 16時23分

長野県上松町/赤沢森林鉄道(12)再び呑曇渕(どんどんぶち)。

丸山渡からは歩き鉄。この森林鉄道は、往復乗車するか、丸山渡から歩いて帰るかの2者択一。丸山渡まで歩いて行き、乗って帰ることは出来ません。ただかなりの乗客の方が、帰路の歩きを選んでいます。森林浴を楽しみつつ、ゆっくり20分程度の山歩きは本当に清々しいものです。

右側の木道がその道で、こんな感じで森林鉄道記念館まで続きます。

この日もモーターカーの撮影あり。私は呑曇渕(どんどんぶち)での撮影を選択。15:01に通過。定期列車を先行して走ります。シャッタースピードは1/10秒で、モーターカーは少しぶれています。遅い列車とはいえ、やはりこのシャッタースピードで車体をぶれずに止めることは出来ませんでした。

この場所は前日も撮影は可能でしたが、雨で足下が滑りやすくなっていたため、万が一にもスッテンコロリンしては、ツアーそのものもさることながら折角許可を出してくれた地元の方々に迷惑になるであろうと諦めました。高齢者はちょっとした冒険も絶対にしてはならないと肝に命じています。

15:07に定期列車が通りました。シャッタースピードは1/2秒まで落とし、水の流れを見せつつ列車のスピード感を出してみました。撮り鉄修行中。

水の流れを止めるべく1/500秒での撮影。

ここまでの写真は全て手持ちで撮影していますが、デジタルカメラの進化を本当に肌で感じています。そしてその能力をどう使うかが撮影者に問われる時代とも思っています。

前日も撮った場所。太陽が当る部分と当らない部分の陰影がどこまで出るのだろう?とシャッターを押す。

カメラの操作に少し慣れてきた。かも?まだまだ。

2020年11月07日 15時01分

長野県上松町/赤沢森林鉄道(11)丸山渡のトイレ。

14時発の定期列車に乗ることに。

乗車券の裏側にスタンプを押すのが赤沢流。

爽やかだけど少し冷たい風が頬をなぜている。

※「なぜる」=「撫でる」なのですが、「なぜる」って名古屋風?調べると結構全国で使われている。

丸山渡までは1.1キロ。乗車時間は10分もありません。

そこから側線の様に線路が延びており、その先にはまだ線路がありました。将来は…とか妄想の世界に浸る。

その手前というか、丸山渡のほど近くにトイレがあります。何と列車!トイレットカー。

し尿処理施設がこの辺りにはなく、シーズンが終わるとこのトイレットカー(私が勝手に命名しています)を森林鉄道記念館まで引っ張ってきて、バキュームカーで中身を取り出しているとのこと。結構大変な作業だな。

2020年11月06日 14時22分

長野県上松町/赤沢森林鉄道(10)理髪車のこと。

10月25日の赤沢森林鉄道の撮影。モーターカーから開始。

小さな車輪で、線路事情も決して良くはなかったでしょうから、乗り心地は察するに余りありますが、もし今、私が乗ることが出来ればきっと夢見心地の場所。というのは趣味の立場からの主張です。

シンプルな運転台。エンジンの始動スイッチ、スロット、ブレーキしか無い?

13時10分過ぎ、理髪車の撮影。

列車の最後尾に繋がれた現役時代の理髪車。上松停車場に停車中。この後、山に向かったはず。

中はこんな感じ。山で長期間、作業を続けてきた職員の方が下山する際、この理髪車で髪を整えたそうです。

上松の町に降り立つときはビシッと決めていたとのことで、それが男意気だったのでしょう。その気持ち分かります。

ボールドウィンにヘッドマークを付ける。

昭和50年の廃止記念列車の再現です。普段このヘッドマークは森林鉄道記念館で大事に保管されており、これまで「撮影会」であっても出たことが無かったそうです。この日は晴天に恵まれたこともあり、きっと外に出しても大丈夫であろうという判断がなされたものと思います。運が良かった。

ところで長野県上松町観光の公式ウェブサイトに今回の撮影会の話題がアップされており、

Front Page

の新着ページをご参照頂きたいのですが、その中に

「こういった撮影会の利点は、車両の整備も行き届くこと。機械だけに、走らせてあげないと傷みや老朽化が一気に進みます。今回も撮影に備えて塗装を吹き直し、部品を磨いてイベントに備えました。」とした一文があり、この撮影会が地元の方にも喜んで頂けていたようで、参加して本当に良かったと改めて感じ入っています。

2020年11月05日 10時58分

長野県上松町/赤沢森林鉄道(9)木曽森林鉄道のこと。

1974年(昭和49年)9月26日~27日の一泊2日で、運行の終焉間近の木曽森林鉄道を訪ねました。

当時は写真の撮影メモを作っておらず、他の方の撮影記録から察するにここは恐らく滝越停車場。

これは滝越停車場から撮影した本線。これは間違いなし。私はこの日、滝越の民宿に泊まっており、それまで乗ってきた列車を撮影出来ました。

関西電力の専用線。森林鉄道車内からの1枚。今となってはこれもきっと貴重な1枚だと思います。

大鹿停車場。木曽森林鉄道有数のヤードがあったと記憶あり。

鯎(ウグイ)川線に入る小型のディーゼル機関車と客車(当時の状況から、間違いないと思うのですが…)。

流石にこの列車への添乗は不可。

車が入れない場所では森林鉄道が唯一の荷物の運搬手段。

日常の風景。

木曽は山の中。中央本線に乗っているだけでもそれは十分に実感できますが、更に山中に分け入ればその言葉はより強く迫ってきます。

今日UPした写真は、今回訪問している赤沢ではなくその北側のエリアです。しかしその日常は恐らく同様であったことでしょう。赤沢森林鉄道は私にとってはある意味懐かしく、若い年代の方には新鮮に映っていると思います。今こうして懐古出来ること自体が奇跡としか言いようがありません。何故って赤沢森林鉄道が正に生きているからです。

2020年11月04日 10時23分

長野県上松町/紅葉の中央本線「寝覚めの床」倉本~上松間。

次に向かったのは中央本線(中央西線)で屈指の名所である寝覚の床。名前の由来などは割愛しますが、ここにある「ねざめ亭」というレストランのテラスからの撮影。なおここで昼食を頂き、お土産を買っています。念のための報告。

写真の赤枠が「寝覚の床」。走る列車と「寝覚の床」を一緒に写せる場所は限られており、このテラスが一番の撮影地であろうと思っています。

(10:54頃。829M中津川発松本行き、JR東日本の211系電車)

同じ電車の後追い。後追いでもこの方がまとまっているかな?

11:21。1007M特急「しなの7号」長野行き。この日は8両編成での運転。

11:37。1008M特急「しなの8号」名古屋行き。

参考までにこのテラスには電車の通過見込み時間が目立つ場所に掲示されており、ダイヤ乱れが無ければ概ねここに書いてある時間に電車は通ります。車を降りて歩いて1分の撮影スポット。なかなか得がたい場所ですね。

2020年11月03日 9時57分

長野県木祖村/紅葉の中央本線 薮原~奈良井間。

10月25日(日)、宿泊した長野県木曽郡木曽町の天候は晴れ。但し気温はネットで調べたら何と2度。寒い!

ところでこの木曽町と言う名前、平成の大合併で当時の木曽福島町を中心に木曽福島町・日義村・開田村・三岳村が合併し木曽町となってものですが、私のなかではやはり木曽福島で時計が止まっています。

この日の朝一番は中央本線の撮影からスタート。場所は分水嶺(太平洋側…木曽川、日本海側…奈良井川→犀川→千曲川→信濃川)にほど近い薮原~奈良井間。

時刻は9:05。1004M特急「しなの4号」名古屋行き。

9:15、今度は1827M中津川発松本行き。で、この画像の真ん中やや左寄りに電車あり。米粒は見つけられるか?見つけられなかったらごめんなさい。

日の当る場所とそうではない場所とのコントラストの違い。これを上手く表現する力がまだ私にはないと実感。

9:37。1003M特急「しなの3号」長野行き。紅葉にはほんの少し早かった感あり。自然現象を相手にするのは誠に難しい。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2021年8月
« 7月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!