2020年04月29日 23時48分

「んだ!いえてつ!」。

JR東日本秋田支社のウェブサイトで、「そうだ!“家”で“鉄道”を楽しもう」「んだ!いえてつ!」を見つけました。

●ぬりえギャラリー

●動画ギャラリー

●ポスターギャラリー

●いえてつ!検定

以上の4コンテンツがあり、それぞれ担当者の工夫が生きていると思います。このブログからのリンクが貼ってtいませんので、詳しくはご自身で検索~アクセスをお願いします。

ということで私も家で、「んだ!いえてつ!」中。

一見古そうな感じですが、

新幹線が開業する4年前の1960年(昭和35年)の発行ですから相当な年代モノ。

何せ私が小学校に入った年の発行です。

その中の記事に、特急「つばめ」「こだま」で電話が使えるようになったという記事を見つけました。

因みに通話料。今の物価と比較すると、さすがに高いですね。

参考までに、100円では40~43キロ、300円では123~127キロ乗ることが出来ます。

今の運賃にしますと、100円=770円、300円=2310円。やはり高い!けどそっちに私が驚いたのではなく、昭和35年に列車内に公衆電話があったこと。もっとも一部の近鉄特急に公衆電話が設置されたのはそれよりも早かったはず。

2019年12月23日 22時55分

相鉄新横浜線(3)西武の新車がドカ停中。

駅舎。JRと相模鉄道の境界駅は相模鉄道の管理。

JR貨物の横浜羽沢駅を越える陸橋。

甲種輸送の西武の新車が停車中。撮影者がそれなりにいる。

新幹線から見える横浜羽沢駅。思ったよりも狭い印象。

ホームに戻り、いよいよ新線区間に突入。12:17発の特急に乗車。

その前に新宿行き各駅停車を撮影。ここ羽沢横浜国大駅からの種別は各駅停車。もっともこの電車がここまで特急で来たか各駅停車で来たかは調べていない。

5分少々遅れて海老名行きの到着。

右側からの線からの到着で、正面のトンネルは建設中の新横浜駅経由で東急東横線への直通用(相鉄・東急直通線)

12:27、相模鉄道の西谷駅到着。相鉄新横浜線完乗達成!!!

 

2019年12月22日 22時21分

相鉄新横浜線(2)硬券の入場券を買いました。

武蔵小杉を出て横須賀線というか品鶴線(貨物線)を鶴見駅まで走り、そこから東海道貨物線をひた走ります。そう書くだけならそれまでですが、車窓は意外と新鮮です。そして11:34、羽沢横浜国大駅到着。

ここからが(納得出来ていないけど)新線区間なので一旦下車し駅舎の撮影に向かいます。それにしてもホームが狭い。

この駅から列車種別が特急に変わります。JRとは特急の意味合いが違うので、毎回この駅で、乗務員交代と行き先案内の種別変更を行っているようです。

先入観を持たないように、事前の調べはいつもしません。(単に不精という説あり。間違いなく当たっている)

で、早朝の下り列車4本が上り線(2番線)から出ることを知る。何故だろうと思ったら何と7:39発の電車が武蔵小杉方面からの最初の電車なのである。つまりその時間までは、東京の都心から直行で羽沢横浜国大で来ることは出来ず、横浜~西谷経由となるのです。

相鉄・JR相互直通運転まであと0日。

相鉄都心直通記念ムービー「100 YEARS TRAIN」を公開中だそうです。

まずは開業記念スタンプ。

そして硬券の入場券を購入。

2019年12月21日 21時47分

相鉄新横浜線(1)武蔵小杉駅で乗換え。

11月30日に開通した相模鉄道の新横浜線。12月14日(土)に乗ってきました。

スタートは品川駅。11:01発の逗子行きに乗車。この写真は、時間とかに意味がある訳ではありません。新旧の案内表示の比較のためです。左側の液晶は圧倒的に見易いですね。時代(技術)の進歩を実感。

列車はほんの少しだけ遅れて到着。でも先行列車との調整ということでこの後は6分遅れで出発。

武蔵小杉駅で横須賀線の電車から下車し、これからいよいよ開業したばかりの羽沢横浜国大駅を各駅停車海老名行きで目指します。

ところで相鉄の新横浜線ですが、整備主体である独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(略称 鉄道・運輸機構)では「相鉄・JR直通線」となっており、まあそれはそれで良いのですが、JR東日本の武蔵小杉~羽沢横浜国大間は東海道貨物線であって新線ということでは無いようです。では乗りつぶしとしては一体どうカウントすれは良いのでしょう。眠れない夜を迎えそうです。

ホーム上の足元に真新しい表示発見!

この日のために時刻表検索サイトであらかじめ品川~羽沢横浜国大間の電車を調べておきました。何せ新横浜線は1時間に数本。どこかの駅で延々待ち続けるのは避けたいところ。-

ということで6分ほど遅れて海老名行き到着。JR車両の行き先表示が「海老名」となっているのは当分、慣れない気がする。

2019年12月15日 19時42分

東京サンタ事情。

サラリーマンの聖地、新橋駅。C11 292がいる。

この時期のクリスマスイルミネーションはもはや恒例行事。

運転しているサンタさんは、どこに行こうとしているのだろう?うちの庭は広いので、トナカイの代わりにC11で来てもらっても構いないのですが…。(そもそも我が家に庭は無い!)

一方こちらは浜松町のサンタさん。

毎月衣装が変わると聞きましたが、元々の姿でいる時はあるのでしょうか?

以上、東京のサンタ事情でした。

2019年12月01日 19時55分

東京高楼巡り(1)北とぴあの展望ホール。

東京都北区のシンボル、北とぴあ。その最上階17階には展望ロビーがあり、東京の鉄道愛好家の間では俯瞰撮影の名所として知られた存在です。京浜東北線王子駅下車徒歩数分と言う立地と入場無料ということもあって鉄道写真に限らず風景写真などを撮影する方も多いと聞いています。

11月29日(金)朝8:59。まずは2列車の行き違い。

空を入れてみました。この日は快晴!北とぴあから北方向を望めばこんな感じの風景が広がっています。

一方こちらは南側。逆光ということもあって絵は沈んだ感じで写っています。列車の運転台のガラスにあたった陽の光がかすかにカメラに届いており、それがあってここに列車がいることが分かります。

新幹線、在来線とに本数が多いので次から次へと撮影できます。

ところでここでは都電の俯瞰ショットも撮影できます。ただ思うような感じではなかなか撮影できず、失敗例も含め今回ここで紹介できそうな写真は撮れませんでした。

東京に出かけたら一度は訪れることをお勧めします。

2019年11月03日 22時38分

ローザンベリー多和田の ローザン鉄道/ミルキーウェイ

観光施設には観光鉄道を走らせているところが結構あります。

ということでここローザンベリー多和田にも「ローザン鉄道/ミルキーウェイ」が走っています。

全長約1キロなので、決して歩けない距離ではありません。でも撮影スポットは結構あります。

遊具の鉄道ですが、どうですかこのロケーション。

目の前を走る列車をチョコチョコ撮っただけの写真で、実はパートナーと園内を散歩しつつ、時々カメラを向けていました。(ということにさせて下さい)

「ひつじのショーン」の世界があるから羊がいる。のかな?

「同好」の、いや訂正して「同行」のパートナーからは「イングリッシュガーデンに誘われるとは珍しいことがあるものだと思ったが、やはりそんなことは無かった」とご納得いただいた休日の昼下がり。

2019年11月01日 16時55分

浜川崎駅の保線用車両。

スイッチャーと思っていたら、実は保線用だった車両のいた場所は、既に自然に帰りつつあります。地方の廃バスではたまに見かける光景ですが、都会と言っても良い場所で、これほどの状態を見た記憶がありません。何故こんなことになっているかの事情が分からないので軽々に語ることは出来ませんが、かなり珍しいとは思います。

「保線区」の文字がはっきり読み取れます。ただ「保線区」の前が読めない。

アンコールワットが発見された時も緑に覆われていたそうですが、この場所がそうなるのも時間の問題かもしれません。ただ放置されていたとして、それはそのままいつかはこの場所の風景になっていくのでしょう。

11:33、EF66114が牽くコンテナ列車が通過。架線柱の影が車体にかかり、シャッターのタイミングが少し遅かった感あり。

どこまで行くのかな?この写真の私の狙いはごちゃごちゃに絡まりあっているような架線模様が面白いと思ったから。結果は、、、。

浜川崎駅11:37発の尻手駅行き。最初の停車駅小田栄(おださかえ)駅は住宅街の真っ只中。乗客も多い。東海道線以南を走る鶴見線、南武線はどうも工業地帯を走るイメージが私には強く、先入観がいかにあてにならないかを実感。

昭和ノスタルジーを卒業し、令和の鉄道乗りつぶしに挑戦しようかな?

2019年10月31日 16時39分

南武線浜川崎駅。

鶴見線浜川崎駅を降りたのちは、南武線浜川崎駅から尻手まで出て、そこから川崎経由で品川駅へ。で、新幹線で帰名という段取り。

南武線浜川崎駅もなかなか味のあるホーム。近代的なホームはそれはそれで良いのですが、こうして何となく昭和の香りがする場所に立つと、ホッとするのはきっと私の年齢のせいでしょう。

南武線の電車には音符のイラストあり。

座席も音符があって楽し気。調べたら南武線の走る川崎市は「音楽のまち・かわさき」なのだそうです。面白い取り組みですね。知りませんでした。

ここ浜川崎駅は貨物列車の撮り鉄さんのお立ち台のようで、数人の方がホームで絶賛待機中。ネットで調べたら直ぐに通過列車あり。11:24にEF210‐11が牽くコンテナ列車登場。

タイミングよく撮影できました。

駅構内に錆が目立つ入替機関車/スイッチャーがあり、ここは心象風景としてそれも入れてみた。ところでこの写真を撮った時、私はてっきり小型のスイッチャーだと思ってしまったのですが、実は違いました。

2019年10月30日 23時47分

JR鶴見線散歩(3)浜川崎駅界隈。

浜川崎駅に到着した電車はお客を降ろした後、直ぐに扉を閉め、先を急ぎます。

浜川崎駅ホームの鶴見駅側には折り返し用の渡線が無く、電車は扇町駅側の線路に進み、そこから戻って浜川崎駅ホームに入ります。

今回は時間の関係で支線と本線の最後の区間には乗っていません。何だかもう一度、支線も含めてちゃんと乗りたくなっていました。

 

本当は日常の光景なのでしょうが、旅人の私には、季節感もある特別な休日の昼下がりに見える。

廃線跡ウォーキングをしている訳ではありません。平日には多くの人が行き交う鶴見線浜川崎駅の日常です。

さてここからは南武線に乗換えです。浜川崎~尻手~川崎~品川~東海道新幹線で名古屋に戻ります。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!