2021年10月06日 16時38分

名鉄パノラマカーのブリキのおもちゃ。

名鉄7000系。

昭和36年(1961年)誕生の、言わずと知れた名鉄の代名詞とも言えるパノラマカー。

そのブリキのおもちゃ。

所有者は元名古屋鉄道に勤務され、このパノラマカーの生みの親とも言える白井昭さん、94歳。

黄金の「PHOENIX」マークが良い感じで輝いています。名鉄パノラマカーと言えば“逆富士”の方向板がトレードマークですが、今回、このフェニックスマークのおもちゃがあるのを初めて知りました。フェニックスマークで走った期間はそれほど長くないはずなので、それだけでもこのおもちゃは超貴重品であると思います。

とろこで今回これを見ることになったきっかけ。

白井さんはNPO法人名古屋レール・アーカイブスの初代理事長でもある方で、今、会では白井さんがこれまで撮りためた名鉄を中心に日本全国にまたがる貴重な写真のデジタル化と、自宅で所蔵するこれまた希少な資料類を整理しています。その作業のためにご自宅に伺ったものです。

参考までに2021年8月24日に発売されたデアゴスティーニ社の『隔週刊鉄道 ザ・プロジェクト第17号 名鉄パノラマカー』を始め、同じく7月27日に発売されたアルファベータブックス『阪急電鉄沿線アルバム (昭和~平成)』などでその写真が掲載されています。

おっと忘れてならないのは8月20日にフォト・パブリッシングから出版された「名古屋鉄道の貨物輸送」。著者曰く、白井さんの写真のデジタル化を進んだことにより、名鉄の貨物史を彩る写真が新たに発掘され、内容がここまで充実したとのことでした。

ちゃんと計るのを忘れていましたが、多分全長50センチほどの大型のもの。

白井さんが「これは私の宝物」と仰ったのがこのブリキのおもちゃ。

このパノラマカーを見ながら白井さんから思いがけない誕生秘話も聞きました。多分、どこにも発表されていません。なぜそう言えるかですが、それは今回の同行者が名鉄電車の本を出版されている方達だったから。私としてはこのブログでなく別の機会に譲りたいと思います。その時はこのブログでお知らせします。

2021年10月02日 22時46分

名鉄尾西線を南下。弥富駅到着。

記憶の海の深淵から名鉄津島駅を呼び起こそうとしても、一向に出てこない。ということは初下車?乗り潰しをしていた時に2度は通っているはずなのですが、どうやらただ通り過ぎただけのようです。勿論取材は何度か来ているのですが、やはり会社の車で来ていたようです。

津島駅からの弥富駅行きは30分に1本。で、津島駅発12:09の佐屋行きで先を急ぐことに。佐屋駅着は12:14。

この先に進むことは出来ません。

12:27発の電車。

かつてあった弥富口駅。2006年(平成18年)に廃止されましたが、勿体ない複線仕様。現役の路線にある駅の廃止はただそれだけでもわびしい物ですが、大都市の郊外にある駅が旅客減で無くなった例はどれほどあるのでしょう?

12:32、弥富駅着。JR関西本線の駅との共同使用駅。

この駅までICカードで乗ってきた場合、JRに乗り換えるにしろ、駅を出るにしろ必ずタッチしなければなりません。

でもこのパターンって他の共同使用駅でもあるのでしょうか?そんな事を考えながらJRの名古屋駅行き12:38発に乗車。

2021年10月01日 10時06分

名鉄尾西線を南下。

水抜門の全容を解明した後、玉野駅ではなく萩原駅まで歩く。歩いた結果は少し後悔。思ったよりも時間がかかった。

まあ秋を満喫したから良しとしましょう。

萩原駅は味も素っ気もない造り。近くに人家のある駅を感じさせるのはポストくらいかな?ここから11:39発の津島駅行きに乗り、更に電車を乗り継いで弥富駅を目指します。

森上駅(もりかみえき)を出てすぐ、単線だった線路が複線となります。パソコンやスマホの画面では分かりにくいですが、遙か先に対向電車が見えています。1974年(昭和49年)に複線化されているのですが、当時はともかく今は単線でも良いのではとか思ったりします。もっとも15分間隔でダイヤが設定されているので、単線の場合に比べて対向電車待ちの時間は短縮されてはいるのでしょう。

かくして複線区間で行き違い。で、、、んっ?

限界までトリミング。何と後続列車あり?何事かと思ったら「訓練」電車。何の訓練をしていたかは不明。

津島駅に到着。尾西線は一旦単線となりそれからホームに入ります。でも、よもや向かって左側の番線に入るとは思いませんでした。それにしてもこの津島駅、ホーム1本で2線しかありません。名鉄名古屋駅と異なり尾西線の一宮方面の電車はここで15分間隔で折り返しており、良くやっているものだというのが率直な感想。

2021年09月30日 9時49分

尾西線玉野駅近くの明治時代の遺構。

名鉄尾西線玉野駅界隈の爺散歩は普通は行かないよね、という場所。目的は尾西線の前身、尾西鉄道が1899年(明治32年)7月18日に森上駅 ~ 萩原駅間を開業させた時からの遺構。
この写真は日光川を渡るために築堤を上っていく電車(萩原→玉野)。そしてその左隅にある小さな鉄橋がそれ。
水抜門と言うのだそうです。川を渡るためではなく、鉄道堤で水が田に貯まらないようにするもので、伊勢湾台風の時には役だったそうです。
(一宮市のウェブサイト「萩原再発見 近代~現代編 Vol.007」参照)
実はこの鉄橋、グーグルマップで新幹線の撮影地がどこかに無いかと探していた時に偶然見つけてしまいました。
コンクリートで補強されていますが、煉瓦積みであることが分かります。
19世紀が今も現役。それにしても世の中には知らないことがまだまだあるものですね。

2021年09月29日 14時42分

爺散歩。尾西線玉野駅。

爺散歩、昨日の続き。
名鉄一宮駅10:28発の尾西線津島駅行きに乗車。尾西線に乗るのは1978年(昭和53年)11月12日以来。一体何年ぶりよ。
新一宮駅時代の1993年(平成5年)に名古屋本線が高架化され、その後尾西線も高架化されているのですが、いずれにしても高架化された名鉄一宮駅に乗換とは言え降り立つのは初めて。尾西線の電車から見る本線電車の様子はなかなか面白いですね。
名鉄一宮駅を出て2駅目の苅安賀駅で交換。昭和のローカル私鉄の雰囲気あり。何だか懐かしい気分。
萩原駅でも交換。日中はほぼ15分ヘッドの運転なので、交換可能駅では行き違いがあるのかも知れませんね。それにしても久しぶりのスプリングポイント体験。最近、出掛けていませんからそんな事を考えてしまった。
散歩がてらで出掛けた目的はこの風景。丁度画面真ん中辺りに小さな橋があります。そこまで地図で調べた限りでは玉野駅から徒歩約15分。
さてこの橋が何なのかはまた明日。

2021年09月28日 15時02分

爺散歩。国府宮駅界隈。

9月16日以来の国府宮駅界隈。別の目的地があって出掛けたのですがその前にここに立寄りました。

今回の目的は名鉄岐阜発では平日4本のみのミュースカイの撮影。黄金色の中を行く電車はここでなくとも撮影出来るのですが、ここの景色が気に入ったのと併せ、特急停車駅から徒歩15分という利便性ゆえの選択。

後ろ打ち。平凡な風景ですが、雲の形が気に入ったので最初から撮影するつもりでした。

シャッター速度は1/20秒。黄金色の絨毯に乗る電車。とまではいきませんでした。流し撮りは何度やってもなかなか満足する出来に行き着きません。

30分ほどの滞在時間。本数が多いので色々歩き回っています。次来るのは来年の水鏡かな?

2021年09月25日 22時44分

名鉄金山駅にて。

名鉄金山駅の名鉄名古屋駅方面ホーム。この写真自体はパっと見、ごく普通の風景。

注目は「発車ご案内」にある2番線の「回送」と「当駅止り」の表示。

ラッシュ時が終わり、2本続けて名古屋駅方面の“乗車できる”電車が出ないんだと単純に思っていました、最初は。

それで前の写真ですが、写っている電車は山王駅方にある留置線から入線したのです。それに驚いて思わずシャッターを押しました。まさか留置線の電車がこのホームに入ってくるとは思っていませんでした。考えてみればそれ自体は不思議でも何でもないのですが、案内表示のからくりは、回送電車と当駅止りが連結されて出発して行ったこと。

多分、知っている人はいるのでしょうが私にはとても新鮮な出来事でした。

2021年09月24日 22時14分

彼岸花の季節。名鉄半田口駅に向かう。

今日の午後、名鉄河和線半田口駅近く。彼岸花の名所で知られる半田市矢勝川の堤防に出掛けました。

時季としては少し遅かった!という感じ。

散歩するには暑かったですが、運動不足解消にはまずまずでした。

帰り道では山口百恵の曼珠沙華(マンジュシャカ)を口ずさみながらでしたが、この歌を知っている人はあまりいなさそう。私の記憶の限りですがシングルではB面への収録で、LPでヒットしたはず。

2021年09月21日 21時35分

日常を撮る。名鉄神宮前駅。

9月16日、国府宮駅界隈に出掛けた帰り道。神宮前駅で久しぶりに日常を撮影。

豊橋駅方面ホームから見た金山駅方面。

超高層マンションを背景に撮影。後ろ打ちですが、角度的にはこれが良さそうに思えました。

思い切った正面顔のアップ。たまにはね。

編成写真を撮影するならやはり神宮前駅と堀田駅が定番ですね。とか言いながら堀田駅での撮影経験は無いので、近々行ってみようと思っています。

2021年09月18日 22時14分

爺散歩。国府宮駅界隈。

5月31日以来の名鉄国府宮駅界隈。

稲の生育具合を見に行きました。

今年の5月31日。この場所に初訪問。

そして、秋。

実るほど頭を垂れる稲穂かな。

出掛けた9月16日の天気予報は晴れでしたが、残念ながら雲多し。しかも電車が来ると太陽は雲に隠れるという「あるある」話し。

どんな感じで撮影出来るかを探ってみる。

あと半月後かな?また来よう。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!