2021年01月19日 21時04分

散歩鉄。名鉄大江駅南方。

1月18日は散歩鉄。運動がてらのついで鉄。で、日常の光景を記録。

13:38頃の名鉄大江駅南側の陸橋。

左が大江駅発13:37の急行新鵜沼発内海行き。右は大江駅着13:39、発13:48の普通知多半田発金山行き。

常滑線の日中の普通電車は上り下りとも大江駅で9~10分停車し、優等列車に先を譲っていることを初めて知りました。本線の普通電車もそうですが、緩急接続で名鉄名古屋と各駅との速達性は保たれていると思いますが、普通電車しか止まらない駅同士の所要時間は意外とかかる場合もあります。

13:43頃。中部国際空港発名鉄岐阜行き特急。

一応、線路のギラリ、車体のギラリの両狙い。狙っただけで結果は…。

13:46。大江駅発13:47の内海発新鵜沼行き。

これでこの場はギブアップ。撮影はまだまだ修行中なのでこれに懲りず色々挑戦してみようと思っています。

2021年01月11日 20時16分

名鉄資料館閉館。

昨年末、12月25日(金)をもって、名鉄資料館閉館が閉館しました。

私は2度伺っています。

一度はプライベートで、一度は仕事です。

目を惹く展示と言うより、地味ながらも名鉄の歴史を探求できる資料も多く、じっくり時間をかけて「読み解く」必要のある資料館でした。

ところでこの2枚の画像ですが、「名鉄資料館閉館記念」入場券。

閉館記念のパンフレットではありません。

1枚目の画像の右下が入場券となっていました。

記念券らしからぬデザインですが、思わずこれって原価がいくらだろうとか思ってしまいました。紙質も良く、商売っ気のない記念券。2000枚の発行ですから全部売れても34万円。販売にかかる費用を考えると、名鉄からの資料館26年間のご愛顧へのお礼のように思えました。

2021年01月06日 14時22分

西枇杷島駅(5)レンガ造りのトンネル。

今回、西枇杷島駅に出かけたことで、東海道本線をくぐるレンガのトンネルを見つけました。

西枇杷島駅を名鉄岐阜方から撮影しようと思い、駅の西側をぐるっと回って気付きました。

トンネルの高さは多分180センチ(位)。しっかりとした構造なのですが、一体いつからあるのでしょう?

名古屋電気鉄道津島線西枇杷島駅が出来たのは1914年(大正3年)1月なので、、、と書きつつ、それとの立体交差のため東海道本線が高架化されていたと言うことはないですね。

東海道本線がこの辺りで高架っぽくなっているのは、すぐ南側の庄内川を渡るために徐々に高度を上げていたと考えるのが妥当で、ただ線路下を東西に結ぶこの(歩行者用)トンネルがいつからあるかはネットで検索しても分かりませんでした。

このレンガのトンネルの来歴もいつかは調べようと心に誓った次第。

2021年01月05日 11時02分

西枇杷島駅(4)昭和の名残り。

名古屋鉄道名古屋本線西枇杷島駅。

名鉄の駅の中で、もっとも「昭和」を残していると言っても過言ではないでしょう。

改札外の待合室。電車の到着までホームに入れないこの駅故に残った遺物。

木の造り付けの椅子は名鉄ではもうここだけ?

波板ガラスという言い方で良いのかな?昭和の時代には見かけましたが今や、絶滅危惧種。

1949年(昭和24年)8月1日から恐らく何も変わっていない。これも無人駅となりしばらくすれば取り壊される?

令和3年1月15日まであと10日。昭和の息づかいを感じることが出来る日はあと少しです。

2021年01月04日 17時17分

西枇杷島駅(3)謎の階段。

ところで今回の工事をする中で発見もあったようです。

こちらは上り(名鉄名古屋方面)ホーム。仮設で作られたホームの下が何だか階段っぽい。

こちらは下り(名鉄岐阜方面)ホーム。もっと階段っぽい。

この角度の方が分かり易いかも知れない。

西枇杷島駅は元々名古屋電気鉄道津島線の駅として1914年(大正3年)1月23日に開業。戦時中に休止した後、1949年(昭和24年)8月1日に多くの方が知っている今に繋がるデルタ線の駅として営業を再開しました。

※津島線はその後、枇杷島橋駅(今はありません) ~須ヶ口駅間が1941年(昭和16年)8月12日に「名岐線」となり、その「名岐線」は 1948年(昭和23年)5月16日に「名古屋本線」に名称変更しています。

今回この西枇杷島駅の歴史に触れたのはこの階段の歴史を紐解くため。

で、ここからは推察になるのですが、それは「開業時のホームの遺構」が発掘されたのでは…、ということ。開業時の西枇杷島駅は2両編成用のホームがあったとのことで、それを戦後の営業再開時に4両編成が停まれるように工事をしており、その際、階段を埋めてホームを伸ばしたというのが、この階段の存在を私に教えてくれた方の考察です。

かなりの確率で合っていそうだと私も思っています、

この地図は1915年(大正4年)1月1日発行の「名古屋附近交通地図」(発行:扶桑新聞)。今日のブログの投稿が、この地図にある「西枇杷島駅」が今に蘇ったという歴史浪漫であることを私は祈っています。

2021年01月03日 11時43分

西枇杷島駅(2)ホームに入れるのは電車到着直前。

遮断機の手前にあるのがホーム(名鉄岐阜方面)に向かうための階段。線路から一番離れた所を歩いたにしても、電車にあまりにも近い。

また向こう側のホーム(名鉄名古屋方面)に渡るための構内踏切の遮断機は電車ギリギリの所に設置されています。

それゆえ停車する電車の到着時以外は、ホームに乗客が行くことは安全確保のため許されていません。ということで左側のホームには誰もいません。

自動改札機はいつでも使えるのですが、そこから先、ホームに向かう手前に遮断機あり。分かり易くするために次の写真をご覧下さい。

この一番手前の遮断機がそれ。

通常の運用としては、電車の到着数分前に、駅員さんから「乗車案内」がなされ、乗客はホームに向かいます。一方、電車到着時は降車客がホームからいなくなったことを毎度、駅員さんは確認しています。

この駅員さんは始発から終電までここで乗客の安全確保をされています。

今回、西枇杷島駅では追い越しが出来る施設を撤去し、ホームを広くする工事をしました。それによりホーム上の安全が一定レベル確保されることとなり、新駅舎を作り、合わせて(名実共の)無人化されることになったのです。

2021年01月02日 23時56分

西枇杷島駅(1)ホームが狭い!

名鉄西枇杷島駅。

この1月16日(土)から新駅舎に変わります。

私の鉄道趣味にとってこれにどんな意味があるかと言えば、これまでの有人駅から無人駅になると言うこと。

いやっ、何というか西枇杷島駅は無人駅なんです。切符を売ったり、改札口で旅客扱いをする駅員さんはいません。

ではここに写っているのは誰だ?

実は運転業務を扱っている駅員さん。んっ?運転業務って何だ?

ホームの狭さを知ってもらおうかと思ったのですが、これでは少し分かりにくいですね。

これは昨年の2月19日に、JRの普通電車から撮影した西枇杷島駅。ホームの狭さは分かって頂けると思います。

先の写真のトリミング。ホームの上端に階段があり、そこから駅舎に向けて線路を渡るのですが、そこの狭さは本当に半端ないです。

(続く)

2020年12月21日 15時10分

名鉄×近鉄「サクラサク入場券」

今日は近畿日本鉄道、名古屋鉄道の受験生応援コラボ企画「サクラサク入場券」を買ってきました。
これまでは「サクラサクきっぷ」だったのですが、今年は入場券。そして両鉄道の「桜井」駅が新たに仲間入り。
で、気付きました。名鉄の「碧海桜井(へきかいさくらい)」って、いつ「桜井」になったんだ。(驚)
2008年(平成20年)の高架化時に変更になっていたなんて、、、。実は西尾線桜井駅近くに年に2~3度出かけており、高架駅も毎回見ていたのに…。
そう言えば今年春の「サクラサクきっぷ」では名鉄名古屋駅の購入者プレゼントが「マスク」で、それには本当に助けられました。
※今年の名鉄購入者プレゼントなどにつきましては、名鉄のHPなどでご確認ください。

2020年12月10日 11時35分

絵はがきに見る鉄道史(38)名鉄常滑駅。

「常滑町全景」と題した絵はがき。昭和8年7月の印があり、恐らくその時点からそれほど前ではない時代の撮影ではないでしょうか?

常滑町とは今の常滑市ですが、イコールではありません。常滑市の誕生は1954年(昭和29年)で、当時の「昭和の大合併」による近隣の町村との合併の結果、「市」となりました。

一方、愛知電気鉄道(後の名古屋鉄道)が、今の常滑まで伸ばしたのは1913年(大正2年)。貨車が多いので、窯業の街、常滑からの出荷を担っていたのでしょう。

それにしても海が駅のすぐ際まであったのは想像が出来ませんでした。

でも私が一番気になったのは、真ん中の下にある資材置き場?らしき場所。線路が敷設されており、何となくトロッコ?気になる!

2020年11月24日 16時04分

昨今、名古屋で話題の五重塔。

昨今、名古屋で話題の五重塔。
正確には塗り替え作業中のNTTコミュニケーションズ名古屋栄ビル鉄塔。
何と鉄友Kさんが五重塔+鉄道という場所を探し出し、そこを教えて頂きました。
既に半分は元の鉄塔に戻り、ちょっと残念な図ではありますが何とか雰囲気だけは…。
ところでこの場所、数年前まで人間ドックで年に1回近くまで来ていたのに、全く気付かず。私は五重塔+鉄道が写るポイントが無いかと地図で探したものの見つけられないでいました。それにしてもここを見つけたKさんには脱帽です。


ADVERTISEMENT

カレンダー

2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!