2017年07月26日 22時28分

名古屋港で遊覧船に乗る(4)ミャンマーに行くはずが…。

名古屋港で遊覧船に乗った理由。それはミャンマーに輸出される予定だったにも関わらず、金城ふ頭に1年以上置きっ放しになっている元JR東海のキハ40系、キハ11形の所在確認。

たまたま1週間前、偶然この航路に乗船した知人から「思ったより間近で見る事ができた」との情報をもらい、早速確認に出かけたのです。

総勢15両。

この場所は遊覧船の終点「金城ふ頭」の比較的近くです。もっとも船は近いところを通るといっても航路なのでそこそこ離れています。撮影には望遠レンズが必須です。

今回はこの撮影がメインの目的とは言え、久しぶりに名古屋港を周遊することが出来て充実した20分間でした。

あおなみ線金城ふ頭駅から見た留め置かれている車両たち。知っていれば「おっ!」と気付きますが、知らなければそのまま通り過ぎそうです。いずれにしても一体いつまでこの状態が続くのでしょうか?

2016年11月25日のミャンマー/ヤンゴンで撮影した1枚。こんな日が訪れるのを願うばかり。

2017年07月25日 22時16分

名古屋港で遊覧船に乗る(3)あおなみ線を船から撮影。

いよいよ本題。ブルーボネットから名古屋港トリトンライン(名古屋港水上バス)に乗船します。

名古屋港で遊覧線に乗るのは少なくとも20年ぶり位だと思う。

11:00に出航。船がただ停泊しているという、港らしいとは思うもののごくありふれた風景に何故か心躍る時間を過ごす。

本来なら無機質な工場だったり道路だったりなのに、港というだけでそれぞれが特別な意味があるように思える。

あおなみ線金城ふ頭駅発11:14の電車。

船に乗っているからこそ見える風景があることを改めて知った。

2017年07月24日 20時02分

名古屋港で遊覧船に乗る(2)潮見橋。

9号地(潮見ふ頭)は埋立地の島です。

潮見橋の下を潜ってみた。

橋の線路の間からつる草が見えるとは思ってもみなかった。

夏の太陽が眩しい。

トボトボと歩く戻り路。港の風景に少し気を取り直す。

(注)冒頭の『潮見ふ頭』の表記について。

名古屋臨海鉄道の公式HPの“沿革”では「9号地(汐見ふ頭)」となっていますが、同じく公式HPの名古屋臨海鉄道路線図には「潮見ふ頭」とあります。また町名が「潮見町」であることからここでは「潮見ふ頭」としました。

2017年07月23日 20時54分

名古屋港で遊覧船に乗る(1)名古屋臨海鉄道の休止線。

昨日(7月22日)は名古屋港の遊覧船・名古屋港トリトンライン(名古屋港水上バス)に乗りに行きました。その心はまた後日ということにしてまず向かったのは「金城ふ頭」行きの起点の「名古屋港」ではなく「ブルーボネット」。市バスでは「ワイルドフラワーガーデン」が最寄りバス停なのですが、因みにここにある施設名は「名古屋港ワイルドフラワーガーデン ブルーボネット」です。

10:25着。「名古屋港」ではなくここにやってきた理由は、名古屋臨海鉄道の汐見町線(現在は休止線)を久しぶりというか数十年ぶりに見ること。

バス停直近の歩道橋から東港駅(笠寺駅)方面を見下ろしてみる。線路は草で覆われ都会の秘境。

橋がそこだけ鉄道を主張している。

西側を見ればヤードが広がっているもののどんどん自然に戻りつつある。ここは本当に名古屋???と思ったりして。寂寞たる都会の別世界。

ほとんど廃線状態。

そう言えばどうして廃止ではなく休止なのだろう?

敢えてこんな写真を撮ったりして。昭和55年ごろにこの汐見町線を仕事で撮影した記憶あり。落差が大き過ぎて感想が出てこない。

2017年04月29日 15時52分

プライベートの南田裕介さん。

今日からゴールデンウィーク。

鉄活に励まれる方も多いと思います。ということで今日は、南田裕介さんとのプチ撮り鉄。

4月23日のイベントの帰途は南田さんと名鉄上小田井駅から名鉄名古屋駅までご一緒。

電車が来れば取りあえず撮る。南田さんに限らずまあ一般的行動。

上小田井駅を17:36の準急中部国際空港行きに乗車。「栄生駅の南端は知られた撮影スポットですよ」と話したところ途中下車して撮影タイムとすることにその場の流れで決定。(笑)

大の大人が並んで撮影中。線路を埋める電車群とはなかなかいかない。

夕刻なので私はJR側で流し撮りの練習。もう少しギラリとなるのを期待していましたがそうそう上手く事は進まない。

沈みゆく太陽を入れ込むのはやはり難しい。もう少しシャッター速度を落とすべきだった。

これ以上絞ると電車が真っ黒になるし…とか悩んでいるうちに終了。

栄生駅の乗車位置の関係で、南田さんと名鉄名古屋駅で別れたあとも先頭車の一番前の座席に陣取る。考えてみれば名鉄名古屋駅を越えてこの席に座ったのはいつ以来なのだろう?

これもある意味、南田効果。

2017年04月10日 19時40分

名鉄桜駅の桜。まだ咲いています。

今朝(4月10日)の名鉄桜駅の桜。

満開をかろうじて維持。

今日は駅の裏側でお花見。

ホーム側より裏側の方が勢いがあります。

ただ電車を絡めての撮影は無理かな?

ところで私が子供の頃、当時はこの駅から歩いて10分くらい、大人になった今なら5分強で歩けるところに住んでいました。当時は電車しか見ておらず、桜の記憶はそもそもその当時からこの桜があったとしても記憶にありません。

何せ桜駅を出て少し歩いた桜本町1丁目界隈には、当時もそして今も桜並木があり、その空を覆わんばかりの春の息吹にいつも圧倒されています。桜駅の桜を撮影するようになったのは多分5年前からで、たまたま桜の開花時期にこの駅から電車に乗り、気付きました。今住んでいるところからはちょっと距離があり、特段の理由がなければこの駅はほとんど利用していなかったからです。

そして自分が撮影するようになったのがきっかけで、私の周りの撮り鉄の方がこの桜を撮影しているのを知り、自分も今は「記録」としてこうして撮影をするようにしています。

2017年04月06日 12時54分

名鉄桜駅の桜。今が盛り。

桜駅の桜の開花に伴い、ここのところ「朝練」というほどではないものの、取り敢えず出勤前に立ち寄っています。

まずは昨日(4月5日)の風景から。

電車をどこまで入れ込むかって難しいですね。通過電車は結構なスピードが出ていますので、思う位置に被写体を置くのは至難の業。

私としてはもう少し、電車が駅名標に近いとイメージ通りなのですが…。

気のせいかも知れませんが、昨年より枝が線路側に出ていない感じ。

ここから今朝(4月6日)。

1000系の斜めの顔を強調してみました。名鉄らしい電車といえば、個人的にはこの1000系ということで待ち構えていました。

通過電車の窓越しで、駅名標と少しの桜を狙ったものの、肝心の桜が今一つ。

そもそもはこんな感じの咲き具合。

桜駅でなくとも撮れそうな1枚。

場所が桜駅なので、出来る限りそれが「分かる」ように駅名標を入れたいのですがままならない。

朝しか桜に日が当たらないので、天気予報を見る限り今年はこれで撮り収めになりそうです。

2017年04月03日 13時38分

恒例!桜駅の1本桜。(4月3日)

毎年、この季節になるとUPしている名鉄桜駅の1本桜。

満開まであと少し。

今日は比較的ノーマルなアングルでかつ携帯電話での撮影。

新入社員の方たちもこの桜を見ながら初出勤でしょうか?

2017年03月28日 12時18分

名鉄桜駅の桜。名古屋は本日、開花宣言!

今日は季節ネタ。

この時期だけUPしている名鉄桜駅の桜。

2017_03_28 桜駅1

一本桜ですが、いつからここにあり、そもそも1本だけだったのか、それとももっとあったかは私には分かりません。でもこの時期になると思わず出かけてしまいます。

2017_03_28 桜駅2

ここ桜駅の開花宣言は明日くらいかな?と思っていたら本日、名古屋の桜の開花宣言が発表されました。

気持ち的にはこのつぼみで一句読みたいところですがいくら頭をひねったところで何も出てこない。トホホ。

2017年03月27日 15時03分

笹島の新しい日常。レゴランド・トレイン。

あおなみ線に登場した「レゴランド・トレイン」。あおなみ線眼下に鉄道風景が広がる中京テレビの本社ですが、春になり新しい風が吹き始めました。

今日は名古屋駅12:45発の電車を偶然撮影。

もっとも趣味的には後ろに写っているキヤ95系の方が珍しいかも?

さて通勤であおなみ線を使っている私(たち)の心配は4月以降のあおなみ線の混雑状況。まあ始まってみないと分からない。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!