2020年10月30日 22時04分

長野県上松町/赤沢森林鉄道(5)北海道から来たディーゼル機関車。

14:30を過ぎ、No.136酒井製の10トン機の撮影。この機関車は自走できないため現役機の牽引、後押しで往年の森林鉄道を再現。

清々しい空気と美しい紅葉の中での撮影会。

モーターカーとの並び。本線に撮影用車両を留められるのは、一般の列車が出発して戻るまでの15分ほどの時間。

それにしてもこれほど可愛い顔をした鉄道車両は滅多にあるものではない。昨日の1枚目の写真のモーターカーとこのモーターカーで日本の「可愛い」グランプリのワンツーフィニッシュだと思っている。

そして2016年にミャンマーで撮影したこの車両と合わせ私の「可愛い」グランプリベスト3とさせて頂きます。

2020年10月29日 22時19分

長野県上松町/赤沢森林鉄道(4) 貴賓車&紅葉。

可愛いモーターカーに牽かれて1台の客車が引き出されました。

貴賓車。1957年(昭和32年)、当時の皇太子殿下(現上皇陛下)が赤沢に行啓された際、上松からこの地までご乗車になられています。

こちらも普段は森林鉄道記念館に展示されており、今回の様な撮影会など、特別な機会がないと外に引き出されることはありません。それにしてもここ赤沢森林鉄道の車両達は、中も外も本当に綺麗に整備されています。出来るようで出来ないことと思っています。

構内での撮影の合間に定期列車の撮影。この列車は13:30にここ森林鉄道記念館を出発し、終点の丸山渡を13:45に折り返し13:50過ぎに戻ってきました。

それにしても素晴らしい紅葉。

今年の紅葉は撮影会が行われた24日、25日の土日が美しさのピークだったと思います。そして今週末で今年の紅葉は見納めとなる気がします。あー、でも少し遅いのかも?

この2枚の写真はホームから撮影していますが、森林鉄道の乗客がホームにいない時のみ立ち入ることがOKとなっており、それに合わせて撮影しています。ただ一般の乗客がこの写真を撮影出来るかというと、乗降がスムースに出来るようホーム上で乗車客と降車客が同時にいないように運営されているため難しいというか無理かと思われます。もっともこの日もですが翌日曜日も、紅葉真っ盛りの森林鉄道撮影に多くの方が足を運ばれていましたが、ちゃんとルールを守りつつそれぞれ思い思いの場所で撮影されていました。

雨が上がり薄日が差し始めた瞬間の1枚。

14:00発の列車を見送る。

列車が通り過ぎた後。雨上がりのもやが出ています。しばし幻想的な光景に見惚れる。

2020年10月28日 23時11分

長野県上松町/赤沢森林鉄道(3)ボールドウィン製1号機関車。

ボールドウィン製1号機関車。

13:20。まずは赤沢森林鉄道の代表選手とも言えるこの機関車の撮影からイベントはスタート。いつもは車庫となっている赤沢森林鉄道記念館から出てくることは滅多に無いとのこと。

観光客を一杯乗せ、30分間隔で走る定期列車の横で撮影中。ところでこの定期列車ですが、今はコロナ禍の最中と言うことで定員の60%乗車で運行しているそうです。また1往復走ると全ての椅子を消毒。スタッフの方は大変そう。でも致し方ないとしか言えません。

※この列車は、往復乗車もしくは終点の丸山渡(まるやまど)までの片道乗車となっており、丸山渡からの乗車は出来ません。そのためこの起点の消毒だけでも大丈夫と言えそうです。

機関車の次位には木材を積んだ貨車を連結。少しでも往事の様子に近づけようというスタッフの熱意が伝わってきます。

貨車の構造を研究してみる。

13:38,ボールドウィン1号は一旦車庫に入ります。

2020年10月27日 18時56分

長野県上松町/赤沢森林鉄道(2)撮影会のスタート。

上松駅10:55着。

電車を見送り、左手を見たらかつての木曽森林鉄道の車両が静態保存されていました。

この駅を利用したのはいつ以来でしょう?昭和50年(1975年)には確実に下車&乗車している。

さて集合時間は12:30。しばしのんびり。

ところで今回の赤沢森林鉄道の撮影は、旅行会社のツアーに参加しています。

理由は特別に用意された車両の並びがあること。また普段は許可されない場所に、ツアーならばと言う事で入ったりもしています。勿論地元の方々の全面的なバックアップあらばこそ実現したのですが、本当に全ての方々に感謝しかありません。心の底からそう思える2日間でした。

そして今回の企画をされ、準備をされてきた写真家の神谷武志さんの様々なアイデアには脱帽です。

さて13:18。ディーゼルエンジンの音が山に響き始めました。

車庫から牽き出されたのは蒸気機関車と木材を積んだ貨車。おおっ!と最初からテンション上がりっ放し。

2020年10月26日 23時33分

長野県上松町/赤沢森林鉄道(1)上松駅へ向かう。

昨日・昨日の土日(10月24日~25日)、長野県上松町の赤沢森林鉄道の撮影に行ってきました。

千種駅を9:06発の特急しなの5号長野行きに中津川駅(9:48着)まで乗車。そこから10時丁度発のこの松本行き普通電車に乗車。211系ですがJR東海らしい雰囲気がありません。それもそのはずJR東日本の車両です。

松本駅でJR東海の313系を見ても違和感はないのですが、何故か“中津川駅”で見る東日本の電車は違和感あり。もっとも私個人の感想です。

こうなっている理由は長野県塩尻市以南の木曽谷の町村を結ぶ中央本線の電車が、長野県の商都/松本市に直通することによるもので、東日本と東海の電車の走行距離調整の産物と言えます。

須原駅は10:38着、10:43発。

しなの6号との行き違い。中央本線には単線区間もあり、こうした交換待ちをすることがあります。ただそれだけの事ですが、それでもそれが旅気分。

中央本線きっての名勝「寝覚ノ床」。少しだけですが、紅葉が始まっていました。

2020年10月25日 22時47分

絵はがきに見る鉄道史(29)広軌化試験。

その昔の話。かつて日本の鉄道の軌間を1067ミリメートルから1435ミリメートルに広げる(変更する)ことが議論されていた時代があります。

1917年(大正6年)には実際の路線を使った改軌実験も行われ、大井工場(今の東京総合車両センター)では、貨車の車軸の取替装置の実験も行われました。

フリーゲージトレインの貨車版といったところでしょうか?

2020年10月24日 22時19分

絵はがきに見る鉄道史(28)昭和天皇ご成婚。

昭和天皇・香淳皇后がご結婚されたのは1924年(大正13年)のこと。

この写真は伊勢神宮の玄関口、参宮線「山田駅」の駅頭。2月23日の日付があり、きっとこの日に両陛下が伊勢神宮ご結婚のご報告をなされたのではないかと推察しています。

ただこの日に両陛下が確かに参拝されたかどうかをネットで探したのですが、残念ながら拾えませんでした。

2月24日の花電車。日付から、よほど特別な事情がない限り三重合同電気神都線(後の三重交通神都線)の電車だとは思うものの、やはり資料を発掘できず。

いつかは当時の新聞を探してみようと思案中。

2020年10月23日 22時18分

絵はがきに見る鉄道史(27)尾西鉄道デボ200形電車。

尾西鉄道デボ200形電車。

そもそもの尾西鉄道ですが名鉄尾西線の前身で、1898年(明治31年)4月3日、弥富駅 ~津島駅間が開業。その後森上、萩原、一宮と延伸し、最終的に1918年(大正7年)、木曽川港駅(貨物駅)まで開通し、全通しました。

電化は1922年(大正11年)から始まり、翌1923年(大正12年)に全線で完成しています。なお名古屋鉄道に買収されたのは1925年(大正14年)の事ですが、当時の名古屋鉄道は今の名古屋鉄道ではなく、その後名岐鉄道となり、1935年(昭和10年)に今の名古屋鉄道となっています。

ということで、このデボ200形電車は尾西鉄道の電化が本格化するに従い増備されたものであると言って間違いないでしょう。

3つのドアがあるので、各駅でそれなりの乗降があったと言うことでしょうか?それとも当時の標準?もっとも単行電車なので、それほど乗客が多かったとも思えません。さて真実は如何に?

2020年10月22日 11時22分

絵はがきに見る鉄道史(26)鉄道開通50年。

「鉄道開通五十年祝賀記念」(報知社代理部発行)。大正10年ですから1921年10月14日発行。参考までにこの翌年に「鉄道記念日」が制定されています。

絵はがきは3枚組でまずは東京駅。これは書いてなくとも多分、分かるのですが左下は?「鉄道省」とあるのでその庁舎であることは間違いなさそうです。写真には都電(当時は東京市電)の架線と線路らしきものも見え、当時、鉄道省があった場所との位置関係もあっているのですが、検索してもズバリの写真が見つけられず、99.9%の自信はあるものの残り0.1%の確信が得られない。何の話かっていうと、これが大正10年の発行日の直近で撮影されたかどうか。あまり拘るところではなさそうではありますが。

時刻表と運賃表(賃金表)。この「賃金」という言い方はいつまで続き、いつから「運賃」と言うようになったのでしょう?そのうち調べてみましょうか?

旧式機関車と最新式特急列車。

最新式の方は18900形(後のC51形)。私が鉄道に目覚める前に引退しましたが鉄道博物館、京都鉄道博物館などで今もその姿を見ることができます。

さて悩ましいのは旧型。5490形(イギリスのベイヤー・ピーコック社 )が一番近いと思うのですが…。これが正解ならば1882年(明治15年)製造。はあっ、、、とため息。

2020年10月21日 18時37分

鉄道ファン12月号。

鉄道ファン12月号の特集は形式記号「二」。荷物を運ぶ車両のことで、形式記号は「荷物」の「ニ」。だから「二」の特集。

若い方にはピンと来ないでしょうが、還暦を越えている私には「二」に馴染みがあります。

 

例えばこの写真は1973年7月の松浦線平戸口駅。駅頭には鉄道で運ばれた(運ばれる???多分、運ばれたであっているはずですが、、、)荷物が山積み。これが昭和の日常でした。実際に、私も駅留の鉄道荷物を送ったことがあります。記憶では長万部から熱田。一体何を送ったんだろう?それにしても宅配便が登場するはるか以前。郵便で送れない重量のものを個人が比較的安価に送る唯一の手段が鉄道荷物でした。

ところで今回の特集では、私の撮影した写真を使って頂いています。何々?

私鉄の「荷物車」の紹介ページで、近鉄西信貴鋼索線のコニ7形の写真。ケーブルカーでは唯一の「車籍」のある荷物を運ぶ「二」の付く形式の車両です。

私が国内の全ケーブルカーを乗っていることを知っている方から問い合わせがあり提供したものですが、光線の関係で荷物が見にくいのが残念です。と、それはともかく、意外と皆さんこの「コニ」は撮影していないのだそうです。

こちらは立山ケーブルカーの荷物運搬車。

2両とも荷物運搬車が付いているのですが、公式ウェブサイトでは「荷台」となっており、今回の特集である「二」とはならないようです。

皆さん、「二」に注目。そう言えば今発売中の鉄道ダイヤ情報は名鉄特集。その中に「新聞輸送」の記事がありました。でも「二」の付く形式の電車では運ばれません。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!