2017年04月24日 20時23分

今宵も楽しい鉄呑み会。

2人旅のはずがグラスが3つ。今宵も楽しい鉄呑み会。

最初に来たのは茹でたエビ。結局、もう一皿追加。

見たことのない貝。

イカ炒め。

カキも良いですね。

唐揚げ。絶品。

考えてみれば、いや考えなくても高雄は海に面しています。これまでどうして海鮮料理に気づかなかったのだろう?

高雄にまた来ることがあれば、一晩はこの島で楽しみたい。

(余談)

ここのフェリーは、高雄MRTのICカードが使えます。つまり市内の交通ネットワークに組み込まれているという証ですね。

とはいうものの高雄駅前のホテルにはフェリー乗り場からタクシーに乗車。自転車を漕ぎ疲れ、地下鉄に乗って帰る余力なし。

2017年04月23日 20時20分

台湾/高雄の海鮮食堂。

下船したそこはまるで夜市。

台湾らしい廟もあります。

果物を売るお店。

さて本命。お店の前に魚を並べ、その魚を食堂で調理して食べるスタイル。

こうしたお店が軒を連ねており、私にとってこうしたパターンは台湾では初。

この白魚。フライにしてもらいましたが、ビールに合うあう。

2017年04月20日 20時12分

高雄LRT建設中。

高雄LRTの現在の終点/高雄展覧館から西方向に向かっての延伸工事が急ピッチで進められています。それがここMRT西子灣駅/旧・高雄港駅界隈です。

路面電車の工事はこうして進められるのだ!という勉強中。

高雄港駅の側線群を横切るかの如く。

LRTの工事現場を過ぎるとそこは広い公園。

台湾総督府鉄道50形蒸気機関車。

CK58。

さて高雄港駅(打狗鉄道故事館)を起点にこの公園まで来たのには理由があります。それはまた明日。

2017年04月19日 20時09分

高雄港駅(打狗鉄道故事館)。

MRT文化中心駅から西子灣駅に移動。

その駅直近にかつての高雄港駅があります。

そしてその駅舎はそのまま鉄道資料館/打狗鉄道故事館となっています。「打狗」というのはここ高雄港駅の開業時の名前で、その後「高雄」に改称され、更に「高雄港」駅となっており、そもそもの話ですがここが高雄の鉄道の始まりでした。

構内に展示されているDT609。日本の9600形です。

2010年にこの施設がオープンして以来、行こうと思えばいつでも行けると思っていたものの今回、やっと来ることが出来ました。

もっとも今回も南廻線/太麻里に行っていたら、きっと来ることは無かったでしょう。と言いつつそれを高雄にまた来る言い訳にしたかも知れません。

旧高雄港駅の広大なヤード(操車場)。

2017年04月18日 20時58分

高雄の職員輸送列車

2月10日、虎尾糖廠への撮影行から高雄に戻り、今回も台湾鉄道の工場職員の輸送列車(高雄駅~高雄工場、朝夕に1日2往復)を撮影。違いは、先回は朝だったのが、今回は夕方であること。

※16:19~撮影

高雄駅発は時間的に間に合わないかな?と思っていましたが、MRT文化中心駅近くの踏切でギリギリセーフ。

名古屋市の人口が230万人に対し、高雄市の人口は270万人。単純比較はしない方が良いのかもしれませんが、例えて言うなら金山辺りの国道19号線に踏切があり、機関車+青色客車1両の超シンプルな列車がそこを通り過ぎてゆくというイメージ。

※16:46~撮影

昨年の4月18日にUPしたこの列車を撮影した場所と多分、同じ場所。

違いはここで今回の同行者の友人が合流したこと。

海外に進出する鉄道愛好家が確実にいるということです。

2017年04月09日 20時31分

台湾3泊4日の旅、2日目の夕食。

新営駅に戻りここから台湾鉄道に乗車。

16:48発の自強号に乗車。高雄に戻ります。

台湾の列車は普通列車を除き全席指定。これがまたよく混んでいて、最悪「無座」(立ち席券)で乗ることになるのですが、今回も座ることが出来ました。長距離を乗る場合は席が無くても、比較的短い乗車距離であれば取り易い印象があります。

乗る列車は125列車「屏東」行き。経由に「山線」と出ていますが、新営から先に「山線」「海線」があるわけではなく、もっとというかはるか手前に2つのルートがあります。

それゆえここ新営に至ってどうしてこのような経由表示がされているかの理由が知りたいと思う今日この頃です。

かつて山陰を走っていた「急行さんべ」や「急行しんじ」のように、山陰本線、山口線、美祢線をまたにかけていた分割・併合列車がありましたが、それよりは東京と東北間に東北本線経由と常磐線経由で優等列車が雁行していた時代でも、例えば上野発の列車が仙台以北にあっても「東北本線経由」とかアナウンスしていたのでしょうか?

この日の晩御飯は再び小籠包をスタートに各種。

食べ比べをしたのですが、やはりそれぞれの店にそれぞれの味あり。美味しければ全て良し!ですね。

2017年03月23日 20時19分

高雄の最初の夕食。

2017_02_08 高雄のトロリーとトラム_129

高雄港近くのちょっと雰囲気の良いエリアにお土産のパイナップルケーキを買いに出かけ、それからタクシーで5分ほどの飲茶屋さんへ。

2017_02_08 高雄のトロリーとトラム_130

台湾在住で高雄も詳しい知人のお勧めのお店。

2017_02_08 高雄のトロリーとトラム_133

黒いものが乗っている一見怪しいシュウマイ。「梅」のシュウマイで、珍しいというのもありますが、美味しかったです。

2017_02_08 高雄のトロリーとトラム_134

桜エビの小籠包。この日食べた中で一番の高級品。

2017_02_08 高雄のトロリーとトラム_137

鍋焼きご飯。(辛口ジャージャー飯)

2017_02_08 高雄のトロリーとトラム_138

黒胡麻の蒸し団子。

今回は名古屋から2人旅。一人だと夕食は駅前(ホテル近く)のファストフード店とかで簡単に済ませることもままあるのですが、複数ならどこかに食べに行こうという気になり、そして行った店が美味しければそれだけで幸せ。ビールも飲んで良い気持ち。こうして高雄初日の夜は更けてゆく。

2017年03月22日 20時14分

高雄LRT延伸(2)撮り歩き。

2017_02_08 高雄のトロリーとトラム_98

車内。すっきりとしたデザインで使い勝手は良さそうです。

2017_02_08 高雄のトロリーとトラム_101

高雄の都会の雰囲気を狙ってみました。何がしかの面白みは欠けるかもしれませんが、街の様子を感じ取ることは出来ると思います。

2017_02_08 高雄のトロリーとトラム_105

高雄85ビルは本当によく目立ちます。架線レスなのですっきりと電車が撮影できるのは良いですね。もっとも昔ながらの路面電車好きにとっても一抹の寂しさは隠し切れません。

2017_02_08 高雄のトロリーとトラム_109

ラッピング電車。お好きでない方が多いと思いますが、私は時代を感じさせてくれることも含め、撮影する分には嫌いではありません。

2017_02_08 高雄のトロリーとトラム_112

「夢時代」というショッピングモールの観覧車を入れてみました。今回の延伸区間の乗客の内、かなりの方がここのお客さんと見受けました、この電車が有料化されても引き続き乗車してくれるのを願っています。

2017_02_08 高雄のトロリーとトラム_118

カーブでの離合。日常の風景ですが、私は「好き」です。で、このシーンは狙っていました。この前の電車がやはりここで離合しており、等間隔で運転されている区間なので次の電車も…と思って待ち受けていたらビンゴでした。

日陰だったりなので写真のレベルはともかく1眼レフでの撮影を始めて2年が経ち、少しは用意周到な撮影を学習してきたつもりです。以前なら『粘る』と言う言葉は私の辞書にありませんでした。

2017年03月21日 20時12分

高雄LRT延伸(1)高雄展覧館に向かう。

高雄捷運環状軽軌(高雄ライトレール)は2015年10月に籬仔内駅~凱旋中華駅間で暫定開業し、このブログでは2016年4月8日から7回に渡り紹介しました。

2017_02_08 高雄のトロリーとトラム_69

その後、昨年6月に凱旋中華~高雄展覧館間が延伸され、今回はその区間を確かめに行った次第です。

2017_02_08 高雄のトロリーとトラム_71

運転時間も長くなり、距離も長くはなったものの未だ運賃は無料のまま。

2017_02_08 高雄のトロリーとトラム_72

延びた区間の軌道も緑化されており、清々しい気分。

2017_02_08 高雄のトロリーとトラム_74

芝生への水やりは大切な仕事でしょう。

2017_02_08 高雄のトロリーとトラム_95

ここが終点の高雄展覧館停留所。展覧館というのは分かり易く言えば大規模な展示場で、名古屋ではポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)が知られていますが、この停留所の右側にあり、後ろに写っているのは高雄85ビルという高雄のランドマークで、電停名の『メッセ』ではありません。

2017年03月20日 17時09分

高雄のショッピングモールに出来た本格トロリー。

2017_02_08 高雄のトロリーとトラム_57

2016年5月、台湾の高雄MRT/草衙駅前に巨大なショッピングモール/タロコパーク(大魯閣草衙道)が開業しました。その中に鈴鹿サーキットと提携した遊園地があり、ショッピングモール入り口と遊園地との間をトロリーが繋いでいます。行き掛けの駄賃でちょっと寄り道。

2017_02_08 高雄のトロリーとトラム_16

距離にして約200メートル程度と思われますが、12~15分間隔で乗車料金は50元。

2017_02_08 高雄のトロリーとトラム_26

ここが終点。遊園地だ!

2017_02_08 高雄のトロリーとトラム_36

モール内での撮影スポットはいろいろありそう。これは建物間を結ぶ橋からのショット。ちょっと見のつもりが打って変わって思いのほか長居。

2017_02_08 高雄のトロリーとトラム_43

私にとっては珍しくこの電車に乗っていません。モール内をうろうろしている内にすっかり乗った気分になったが故です。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2017年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!