2010年04月24日 12時08分

井笠鉄道 ナロー終焉の時代

昭和46年3月27日、廃止を目前に控えた
井笠鉄道を訪ねました。
※井笠鉄道(岡山県)
 JR西日本(当時は国鉄)・山陽本線「笠岡」駅と
 井原鉄道(当時は未開業)の「井原」を結んでいた。
 ゲージは762ミリのナローで非電化。

「鉄」ではない友人との
九州2人旅の帰りに
「倉敷にも行こう」ということになり、
であればということで無理をお願いし
大分から乗車した急行「日南3号」を福山で降り、
426Mに乗りつぎ
笠岡に着いたのが朝の6時42分でした。

本当は1区間でも乗りたかったのですが
笠岡駅滞在時間は25分。

非電化ナローでは石川県の「尾小屋鉄道」が
まだ生き残っていました。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2010年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!