2010年05月10日 18時04分

三重県紀和町紀州鉱山 鉱山鉄道

昭和53年4月27日(木)
名古屋発23:58の急行紀州5号に乗り
翌28日(金)新宮着5:17。
三重交通バスに乗り換え
向かった先は三重県紀和町(現在は熊野市)の
石原産業紀州鉱山(銅鉱山)。

その年の(確か…)5月の閉山が決まっており、
それによって“地元の足”にもなっていた
鉱山鉄道も合わせて廃止されることになり
その取材に向かったのです。

趣味は鉄道でも
仕事で鉄道を取材した例は
あまり多くはありません。
その数少ない一つが
この紀和町の鉱山列車でした。

もともとは「鉱山のマチ」が
『閉山でどう変わる?』という
テーマでリサーチを始めたのですが、
そこに住民も利用する鉱山鉄道があることを知り、
結局『閉山の影響は「産業」にとどまらない』
という企画で取材がGOとなりました。

2010年05月10日 9時04分

飯田線 秘境駅の旅・弁当(昼食)

昼食は、豊橋の駅弁屋・壷屋の
「魅惑の飯田線秘境駅オリジナル弁当」が
配られました。

豊橋駅でも11月30日まで販売されているそうですが
読売新聞の記事によれば
ゴールデンウィーク中は連日完売だったとの事。

地元の食材を生かしており
豊橋が生産量日本一となる
*「ウズラの卵」のフライ
*「大葉」のはんぺん
をはじめ、お約束の「いなりずし」が入るなど
工夫を感じる内容でした。

一つ1000円ですが、楽しめるのではないでしょうか?
惜しむらくは量が少ない。
女性には良いのでしょうが
男性には少し物足りないでしょう。

それにしても、JR東海や飯田線の地元の
『秘境駅』にかける意気込みを感じます。
地元の活性化の一助に
「利用客」の殆どいない駅が役に立つとすれば
これほど皮肉な話しはないというのが
私の感想です。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2010年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!