2010年05月18日 18時02分

三重県紀和町紀州鉱山 鉱山鉄道復活

この写真は、昭和62年(1987年)4月。

紀和町の方から「バッテリーロコを使って
鉱山鉄道を復活させる」と連絡を受け、
早速出向きました。

復活区間は、「小口谷」~「湯の口温泉」。
正に、今のトロッコと同じ区間です。
*写真は、「湯の口温泉」駅。
*「小口谷」は、現在の「瀞流荘」。
 昭和62年当時はまだ「小口谷」だった。

人車の色こそ塗り直されてきれいになっていましたが
バッテリーロコは“現役”当時のままで
「これでよく走るなあ」という気がしました。
また、人車には相変わらず灯りが無かったと
記憶しています。

架線のないスッキリした風景で、
それはそれで一抹の寂しさを感じたものの
やはり鉱山鉄道(産業遺産)が形はどうであれ
残っていくことに喜びを感じるとともに
本格的な運転が始まることを祈りました。
(今は達成されています。)

*写真右上の以前の線路上に
 露天風呂もある温泉施設と
 宿泊施設が作られていた。
(今月15日にUPした線路とポイントのあったところ)
 右下が小口谷方面。
 人車はこれからトンネルに入るところ。

紀州鉱山 完。



ADVERTISEMENT

電子書籍「稲見駅長の鉄道だよ人生は!!」
稲見駅長の鉄道だよ人生は!! ―各駅停写の旅―

カレンダー

2010年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!