2010年05月21日 18時32分

「RAILWAYS」 樽見鉄道「ナガラ1形」10号

ハイモ295-315の事故の為、
長良川鉄道からレンタルで
樽見鉄道に入ったのが「ナガラ1形」10号。

3月26日に入線し、4月3日から営業運転に入りました。
このレンタルは、「薄墨桜」の見物客輸送で
樽見鉄道が一年で一番忙しい時期(通称:桜ダイヤ)に
6両が最低必要ということから
長良川鉄道に協力をお願いしたそうです。

「鉄」の知り合いから、4月中旬に
『樽見鉄道』に『ナガラ』が
走っているとは聞いていましたが、
実物は当然の事ながら始めて見ました。

それにしても意外と違和感が無いですね。
前面にある「N」のマークや
ボディーの絵柄は確かに違いますが
結構馴染んでいます。

樽見鉄道としては、『ナガラ』が来た理由が理由なので
広報はしていないとの事でしたが
「鉄」の趣味的には興味深い話題となりました。

では、運転する側としてはどうかというと
運転そのものは大丈夫(当たり前ですが)だが、
扉の開閉に神経を使っているとの事。
今、樽見鉄道には折り戸の車両が無く
全車両が引き戸に統一されているのですが、
折り戸は車内の手前に折りたたまれるため
乗客が扉の近くにいないことの確認が
引き戸より必要とのことでした。

「成程!!」と思った次第です。

樽見鉄道を走る『ナガラ1形』は
今朝の話しの裏返しで早ければ9月までです。

2010年05月21日 9時02分

「RAILWAYS」 樽見鉄道ハイモ295-315

樽見鉄道のハイモ295-315の近況です。

この2月24日の踏切事故で運転できなくなり
本巣機関区の中で修理中なのは
ご存知の方もいるかもしれません。

平成11年製の軽快気動車仕様で
ハイモ230-312同様の
故池田満寿夫氏デザイン塗装の
樽見鉄道のエースとも言える存在だけに
この状況はとても残念です。

樽見鉄道としては何とか9月までに、
遅くとも10月までには復帰させたいと
していました。



ADVERTISEMENT

カレンダー

2010年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

プロフィール

稲見部長稲見眞一
<自己紹介>
昭和52年4月、中京テレビ放送入社。「ズームイン!!朝!」を始めとした情報番組や「ドラマ」「ドキュメンタリー」等のディレクター・プロデューサーを務めた。鉄研最終回(2010年1月29日放送)では自ら自慢の鉄道写真「俺の一枚」を持って出演。 鉄道歴は小学校5年からスタートしはや半世紀。昭和55年には当時の国鉄・私鉄(ケーブルカーを除く)を完全乗破。平成18年にはケーブルカーも完全乗破。その後も新線が開業するたびに乗りつぶしている筋金入りの“乗り鉄”。好きな鉄道は路面電車。電車に揺られながら窓外に流れる街並みを眺めているのが至福のとき。さてスジを寝かせてゆったり乗り鉄と行きましょう!